管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

ケッテイ

ケッテイ


中学生ごろに考えた。人間の年齢で5歳くらい。初期設定は悪魔の設定だった。尻尾は悪魔のように矢印のようであるが容貌がどう見ても悪魔に見えないため、だいぶ経ってから雷神の子の設定に変更した。白くて下膨れの容姿は小学生ごろに考えたタマオなどから踏襲されている。当時、藤子不二雄の作品の影響が大きく、キャラは人間の少年と友達の設定が多かった。

(初期の設定)
魔界に住む悪魔の子・ケッテイは人間界に通ずる洞窟を見つける。そこに足を踏み入れてしまった彼は人間界に迷い込んでしまう。そこで愛川吾一という少年と出会い仲良くなる。吾一の家に居候することになったケッテイはいろんな騒動を巻き起こす…。

アイテムに魔法のほうきらしいものを持っていた。ほかにいろんなものに変化するステッキらしきものもあった。

(現在の設定)
ケッテイは雷神の息子。ある日、父に内緒で雷を起こす装置にいたずらをしてしまい、その影響で人間界に転送されてしまう。そこで少年、愛川吾一と出会う…。

アイテムは小型のデンデン太鼓。傍目はおもちゃの太鼓にしか見えないが、操作を誤ると人を一瞬のうちに黒焦げにしてしまうほどの電気を放電する。
スポンサーサイト

2006.07.19 / Comments(0) / Trackback(0) / キャラクター設定(小・中学頃~)

ペング

ペング


小学校低学年~中学年頃に考えた。B型。10歳ぐらい。名前は英語のPenguinから。モチーフとなったペンギンのキャラクターは昔サントリーのCMで登場したペンギン(キャラクターデザインはカールおじさんでおなじみのひこねのりお氏)、株式会社サンリオのペンギンのキャラクター、タキシードサム室山まゆみ原作「Mr.ペンペン」の主人公・ペンペンなどである。

当時考えたストーリーは不明である。南極生まれ。生まれ故郷から日本にたどり着き、ある少年の家で暮らすことになる。腹に『P』のマークのワッペンがついている。ワッペンを外すと魔法のステッキとなる。最近では前出のピーターとパインと絡むことが多いが、小学生当時に考えた時、ピーターとペングはまったく別のストーリーを持っておりつながりはなかった。

2006.06.16 / Comments(0) / Trackback(0) / キャラクター設定(小・中学頃~)

パイン

パイン


小学校中学年ごろに考えた。本名・パイン・アップル。名前の由来は頭がパイナップルのようなとさかであるから。年齢は不明だがピーターより若干年上のようである。AB型。最初に考えた頃はピーターの友人の設定であったが、現在は従兄に変更。ピーターとは正反対で背が高くスマートだが、彼に負けず劣らず食い意地が張っている。

モチーフはおそらくインコだと思われる。当時の絵柄はだいぶ違っている。弟がだいぶ後に擬人化した鳥が主人公の漫画を考えたのだが、その中に登場したインコのキャラクターに影響されたのかそれに近い顔になった。


2006.05.16 / Comments(0) / Trackback(0) / キャラクター設定(小・中学頃~)

ピーター

20051102192645.png


小学校中学年ごろに考えた。本名はピーター・ナッツ。10歳ぐらい。B型。
モチーフは当時放映されていた「テレビおばけてれもんじゃ」の主人公。とさかの辺りに影響を受けている。

小学生当時は恐らくニワトリの設定だったと思われる。脇役も鳥のキャラがいた。細野不二彦原作のアニメ。「Gu-Guガンモ」に影響されたと思われる。現在は火の鳥の末裔と変更している。太り気味なのが悩みでいつもダイエットに励む。だが、生来の食い意地が災いしてダイエットはことごとく失敗する。他には従兄(小学生当時は友達の設定)のパインがいる。ピーターとパインは食べ物のことでいつもけんかとなるが、本当は仲が良い。


2005.11.02 / Comments(0) / Trackback(0) / キャラクター設定(小・中学頃~)

ラーメンくん

20051030185225.png


小学校中学年頃。前出のタマオ、UFOくんとはほぼ同じ時期だが、当時は彼等の顔をまったく描き分けていなかった(汗)。3人がしもぶくれなのは共通しているが、ラーメンくんは熱血少年風である。ラーメンくんは通称で、本名は別にある。

宇宙を旅行していた宇宙人だが、不時着して地球にたどり着く。空腹で動けなくなったところをラーメン屋の主人に助けられ、そこでラーメンを食べる。ラーメンの味に感動した彼は、主人に恩返しするためにそこで働くことになる。目下の夢は故郷にラーメン屋を開くことである。なお、設定のみで具体的な話は書いていない。ちなみにラーメン屋の主人は豊臣という名前だった。

どんぶり型の帽子はドラえもんの四次元ポケットのように何でも収納できる。帽子を外したらどうなっているのか分からないが、UFOくんとは遠い親戚関係なのかもしれない。

2005.10.30 / Comments(1) / Trackback(0) / キャラクター設定(小・中学頃~)

UFOくん

20051028205632.png


小学校中学年ごろに考えた。前出のタマオとは同じ頃である。詳しい設定はほとんど考えていないが、顔がUFOに似ているのでそのままUFOくんとなった。好物はハンバーガ。

当時、地元のダイエーの中にあった「ドムドム」のハンバーガが好きだった。特にチキンバーガが好きでダイエーに行くたびに頼んでいた。チキンバーガは途中でメニューから消えてしまった。その後、短大生になり電車を待っている間にダイエーにより、ドムドムで昼食を度々取る事があった。だが、そこのダイエーもつぶれてしまい、地元のドムドムの店が無くなってしまった。(現在、地元にはドムドムの店はない)


2005.10.28 / Comments(0) / Trackback(0) / キャラクター設定(小・中学頃~)

タマオ

20051016111249.jpg


魔法使い。人間の年齢で6歳ぐらい。小学校低学年~中学年の頃に考えたキャラ。小学校当時は「マジックマン」という通称だった。タマオが出てきた頃は似たようなキャラが他にもいた。

魔法使いが住む惑星・タネタネ星に住む。そこの星では6歳になった子供は惑星を出て、魔法の修行をするという決まりがあった。タマオは偉大な魔法使い、グレード・ウィザード(GreatWizard)であった祖父の形見の魔法の杖を持って、地球にやってきた。
地球にやってきたとき、杖の精であるタマピー(左)が現れる。杖は魔力がとてつもなく強く、タマオを翻弄する。タマオが祖父の杖を使いこなすための修行が始まった…。




2005.10.16 / Comments(0) / Trackback(0) / キャラクター設定(小・中学頃~)