管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

初期三人組

ガモウひろし「とっても!ラッキーマン」初期三人組。
ガモウひろしとっても!ラッキーマン」初期の三人組。それぞれの変身アイテムを持っている。視線がそれぞればらばらなのはわざとである。目立たがるスーパースターマン)は1巻から登場している。初期の頃は物知りな面を見せているので意外と頭がいいと思うのだが、スーパースターマンに変身できるようになってからはヘタレな面が前に出てしまった感が否めない。私自身決して目立が嫌いな訳ではないが、自分のサイトで掲載している二次創作小説ではとても影が薄くなっているし、扱いもかなり酷い(汗)

私としては、目立は師弟コンビを客観的に見ている感じだと思っている。作品で明記はされていないが、師弟コンビの正体を知ってるのではないかと思ったりする。
スポンサーサイト

2010.02.20 / Comments(0) / Trackback(0) / ファンイラスト

束の間の休息-受験生の皆さんへ-

大雪の地域の大学を受ける方はどうかお気をつけてください。
新型インフルエンザで…センター試験は「感染予防」態勢 長野放送
新型インフルエンザ流行で追試験受験者激増? エキサイトニュース
センター試験Q&A 赤本ウェブサイト

今日と明日の2日間、大学のセンター試験が行われる。今年は新型インフルエンザの流行に伴い、大学ではインフルエンザ対策に力を入れている。それにくわえて今週は各地で大雪となり、雪が多い地域の大学を受ける人にとっては心配の要素となっている。病気や怪我などやむを得ない事情の場合、追試が可能である。受験中のトラブルでも追試になることがある。英語のリスニングでの機械の不具合がそれに当てはまる。この機械が導入されるようになってから、毎年のようにリスニングテストのトラブルが報告されている。

センター試験リスニング再試験425人 旅するデジカメ・札幌発<見る・残す・伝える>より。
2009年の大学入試センター英語リスニングで使用されたソニー製ICプレーヤーをフォトレビュー Gigazineより。
試験用のICプレーヤーの実物は見たことないのだが、GIGAZINEで実物の写真が掲載されていた。大学センターホームページ内にはICプレーヤーの操作ガイドがある。画面の指示に従ってフラッシュを動かしてみた。見た目は簡単なウォークマンという感じだが、センター入試で配られるものだから、値段もそんなに高いものではないだろう。毎年のようにプレーヤーの不具合が報告されるのは無理からぬことかもしれないが、焦って他のテストで支障をきたすことになったら、大変だと思う。

2010.01.16 / Comments(0) / Trackback(0) / ファンイラスト

Little Women

タイトルはオルコット原作「若草物語」の原題「Little Women」より拝借。

青い花 2巻 (Fx COMICS)青い花 2巻 (Fx COMICS)
(2006/12/14)
志村 貴子

商品詳細を見る


青い花(漫画) 杉本四姉妹より。
志村貴子青い花」より。杉本四姉妹。左から次女・和佐(かずさ)、三女・久理(くり)、四女・恭己(やすこ)、長女・姿子(しなこ)。恭己さんはお姉さんに挟まれて肩身が狭い感じにした。絵のタイトルはルイザ・メイ・オルコット原作の「若草物語」の原題「Little Women」より拝借した。子供の頃は若草物語も好きだったし、オルコットの伝記も読んだことがあった。なお、「青い花」の作中では、藤が丘女学院の演劇祭の中等部の劇が「若草物語」であった。

若草物語 ウィキペディアより。
↑四姉妹で一番好きだったのは次女のジョーである。前線で病気になった父を看病に行く母の旅費を工面しようと、彼女の自慢の髪の毛を切ってしまうあたりは、潔さを感じた。

2009.08.26 / Comments(0) / Trackback(0) / ファンイラスト

「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」エンヴィー

荒川弘「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」エンヴィー。

荒川弘「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMISTエンヴィー。彼独特の髪の毛は一束ずつ、ベジエ線で描いた。某所の企画用に描き下ろしたもの。資料は前作のアニメのものと、原作(漫画)をそれぞれ持っているが、今のアニメに近づけるため、原作を基に描いた。

エンヴィーを初めて見たとき、性別はどっちなのか分からなかった。現在のアニメでは高山みなみさんが担当しているが、前作のアニメのエンヴィーに比べると、原作のえげつない性格が顕著に出ている。

2009.07.22 / Comments(0) / Trackback(0) / ファンイラスト

青い花

志村貴子「青い花」奥平あきら(左)と万城目ふみ(右)

青い花 1巻 (F×COMICS) (コミック) アマゾンより。
青い花 (漫画) ウィキペディアより。
志村貴子「青い花」の万城目ふみ(右)と奥平あきら(左)。明日から深夜枠「NOISE」でアニメが放映される。公式アニメサイトでトレーラー(予告)を観た。女の子同士の恋愛を中心に描かれた話だが、こちらでは放映されないので、ちょっと残念だと思った。

ガールズラブ ウィキペディアより。
↑同性同士の友情を扱った版権作品の同人誌が百合や薔薇ものになるイメージが強い。仮にもともとの作品に男女間の恋愛が描かれていたとしても、公式のストーリーにカップルがいたとしても、その設定がどこかいってしまうケースも少なくない。私自身は性的な描写を露骨に扱う作品はあまり好きでないが、心理描写を上手く描かれた作品は決して嫌いではない。

尾崎南 ウィキペディア
ケモノ ウィキペディアより。
↑私が初めて読んだ同性愛を扱った作品は尾崎南絶愛-1989-」である。高校時代美術部で、美術室にこの本がたまたまあり、読んだのがきっかけだった。短大では漫画同好会に入り、その手の同人誌を見る機会があった。今は、もっと早くから同人誌に関わっている若い子も多いだろう。私より若い人と思われるサイトで、露骨な性描写が描かれていると「正直、ここまで描けない」と思ってしまう。それ以前に、基礎がなっていないので、裸が描けないからでもある。たまに巨乳や極端に太った人のイラストもあるが、それが違和感を感じることもある。

最近ではケモノを扱ったイラストも見かけるようになった。私自身、オリジナルでもケモノキャラを描くが、このジャンルで性描写を扱うイラストを見て、ドン引きしたこともある。

2009.06.30 / Comments(0) / Trackback(0) / ファンイラスト

小さな決心

ケンカしてもイエスはブッダに頭に上がらない。

小さな決心 [Single]  アマゾンより。
↑タイトルは中山忍「小さな決心」より拝借。むつ利之名門!第三野球部」第1期ED。中山忍は女優、中山美穂の妹であることが知られているが、あまりにていないような気がするし、それぞれ別々に女優活動をしている。

絵は中村光「聖☆おにいさん」のブッダとイエス。何か些細なことでケンカし、ブッダが家を飛び出したと思われる。泣きながらブッダを探すイエスを見ながら、困ったような顔をしている。手に持っているのは映画の前売り券だが、地元の剱岳を扱った映画「剱岳 点の記」をこっそり宣伝させていただいた(汗)漫画を見ていても、イエスがブッダに折れる形が多いが、この2人の関係が好きである。

新聞で「聖☆おにいさん」を掲載している「モーニング・ツー」の一冊丸ごと3ヶ月の無料Web公開について、新聞で紹介されていた。早速、「モーニング・ツー」の公式サイトで見てみた。ずいぶん太っ腹なことをするとは思っていたが、雑誌を買った人にはWebにはない特典もついていることで、読者層を広げる事もしっかり忘れないでいる。

2009.06.19 / Comments(0) / Trackback(0) / ファンイラスト

カンダタ≒田楽マン

パーツを足せば、そっくり?!

聖☆おにいさん 3 (モーニングKC) (コミック) アマゾンより。
↑中村光「聖☆おにいさん」のブッダと澤井啓夫「ボボボーボ・ボーボボ」の田楽マン。1巻の秋葉原の話でブッダがクレーンゲームで獲った人形「カンダタ」を見て、どうしても田楽マンにしか見えなかった。頭の触覚らしきものを足せばそっくりそのままになってしまう。造形がシンプルなので、たまたま似てしまったのか、中村先生がその作品を知っていたかどうかは不明である。

ボボボーボ・ボーボボ 各種特典指人形
↑ボーボボのゲームなどを購入した人用の特典の指人形。ボーボボ関連のゲームは弟が以前購入していたので、弟の居ない間にこっそりやっていたのを覚えている。「ボーボボ」は以前、かなり嵌っていたが、私はところ天の助が好きだった。徹底的ないじられキャラで、散々酷い扱いを受けながらも蘇る彼に感情移入していた。

2009.06.13 / Comments(0) / Trackback(0) / ファンイラスト

-救世主 メシア-(聖☆おにいさんバージョン)

中村光「聖☆おにいさん」のイエス(右上)とブッダ(左下)。厳密にはメシアはイエスのことを言っている。

中村光「聖☆おにいさん」のイエス(右上)とブッダ(左下)。厳密にはメシアはイエスのことを言っている。

メシア ウィキペディアより。

タイトルはJanne Da Arc「-救世主 メシア-」より。厳密にはメシアはイエス・キリストのことをさしている。昨日、絵板で同じものを描こうとしたらエラーで絵がパーになってしまい、再挑戦となった。イエスが思いのほか、イキイキしているように見える。

聖★おにいさんの肋骨ダンスとは? 教えて!gooより。
Mach mal Pause?より。聖☆おにいさん
聖☆おにいさん 元ネタ集より。
↑「肋骨ダンス」は1巻のその7の「ブッダとイエスのできるかな」の話で、ブッダが弟子のアナンダを主人公にした漫画、「悟れ!アナンダ」の中で登場したネタだが、当初、何か元ネタがあるのかと思っていた。「肋骨」の漫画は一部しか見えていないので内容は不明だが、下界向きのギャグでないことは確かである。イエスはこのネタに大うけし、2巻のクリスマスの話まで皿をパンに変えてしまう始末である。

簡単!炊飯器パンプディング クックパッドより。
↑イエスがパンを皿に変えようとするのを止めたブッダが言っていたパンプディングの作り方。いろいろ検索してみていたらバリエーションも豊富で、おいしそうだ。

アナンダ ウィキペディアより。
↑ブッダの弟子のアナンダとは別人。

2009.05.17 / Comments(0) / Trackback(0) / ファンイラスト

「ムーミン」スノーク

旧作「ムーミン」のスノーク。広川太一郎が演じた。


声優・広川太一郎さん死去 スポニチSponichi Annex速報より。
広川太一郎 ウィキペディア
↑日曜日の新聞で声優の広川太一郎さんの訃報を知った。絵は広川さんが演じていたアニメ「ムーミン」のスノークである。新作のアニメのスノークとはだいぶデザインが違っているが、私はキザで癖のある広川さんのスノークが好きだった。それ以外は私はナレーターの印象が強い。もう少し上の年代の人は洋画の吹き替えのほうをよく知っているかもしれない。

映画道~広川太一郎風フィルタ「変換しちゃったりして」

上のページは文章が広川節になるフィルタである。上の文章をフィルタにかけたら、このようになった…。近年、藤子・F・不二雄『パーマン』の劇場版で、敵役を広川さんが演じていたのだが、そのときの台詞の言い回しがとても印象に残っていた。

(以下、フィルタにかけた文章です。管理人が決してふざけて書いたものではありません。)
『日曜日の新聞で声優の広川太一郎さんの訃報をば知った、なんてさ! 絵は広川さんが演じていたアニメ「ムーミン」のスノークであるもんである阿呆の一生は芥川、あくたいつくなよ、このトンマ! 新作のアニメのスノークとはだいぶデザインが違っているが、私はキザで癖のある広川さんのスノークが好きだった、とか言っちゃってみたりもするんだなぁ! それ以外は私はナレーターの印象が強い、なんてさ! もう少し上の年代の人は洋画の吹き替えのほうをよく知っているかもしれない、なんてさ! 、なんて、コノコノコノォ』
フィルタにかけた文章を見て、あまりにも軽妙な言い回しになんだか切ないものを感じた。広川さんのご冥福を心から祈りたい。

2008.03.10 / Comments(0) / Trackback(0) / ファンイラスト

みどりのマキバオー

つの丸原作「みどりのマキバオー」のたれ蔵とチュウ兵衛。


Amazon.co.jpより。たいようのマキバオー 1 (1) (プレイボーイコミックス) (コミック)
たいようのマキバオー ウィキペディアより。

つの丸
原作「みどりのマキバオー」よりミドリマキバオーことうんこたれ蔵とチュウ兵衛。現在、プレイボーイでたれ蔵の甥の文太(ヒノデマキバオー)が主人公の「たいようのマキバオー」が連載中である。前作と比べると主人公の文太は不遇な環境で、力を発揮する機会には恵まれていなかった。地方競馬場の経営難の問題、それによるヤラズの横行など重いテーマも含まれており、前作と違ったストーリーのも面白さがある。文太自身も無理に走らされたことにより怪我に苦しんだりと苦境に立たされる。

前作は原作、アニメともかなり面白かった。連載当時は競馬の知識はほとんどなかったが、それでも根性もののストーリーで泣かせる話も結構良かった。なお、「マキバオー大本命BOOK」でつの丸先生によると競馬に関しては冷静なファンらしい。私自身も馬券を買ったことはまったく無い。お金をかけることはあまり好きでないので、興味はあれどどうしても一歩引いてみてしまう。

2008.02.23 / Comments(0) / Trackback(0) / ファンイラスト