管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

【二次創作】木下先生の過去【石田とあさくら】

内容が複雑なものなので、3コマ目の文章に悩んだ。
半陰陽 ウィキペディアより。
マサオさんの「石田とあさくら」シリーズで、木下先生の過去を描かれていたので、それを許に描いた物。元ネタとなった原作は木下先生の過去と現在を比較したものだった。木下先生は話の流れから恐らく半陰陽だと思われる。10歳の時の木下先生は普通の少年だったが、15歳で急激にぐれたらしい。そして、現在の木下先生とオチがついている。

ぐれた理由を考えてみたら、相当ショックなことがあったのだろうと想像してみた。年齢からするとおそらく体のことだと思った。よく成人向けでいわゆる「ふたなり」のイラストを描く人がいるが、実際に自分自身がそうだと知ったら、かなりショックを受けるだろう。現在の木下先生はそれを特に気にしている様子もないが、思春期の頃は相当葛藤があったのではと思った。
スポンサーサイト

2010.04.27 / Comments(0) / Trackback(0) / パロディ(二次創作)

【二次創作】いち富山県民が便乗してみた【石田とあさくら】

原作によると、石田は富山県出身らしい…お花にこだわるのはきっとチューリップの咲く某市だと解釈する。
おわら風の盆 旅するブログより。 やつお×マサオ
pixivで人気のマサオさんが越中八尾銘菓の「玉衣」のパッケージを描かれたらしく、pixivでもそのことに触れて、富山県ネタを描かれていたので、それに便乗したもの。元ネタはマサオさんの「石田とあさくら」および藤子不二雄A「怪物くん」のアニメの第1話「怪物くん登場」より拝借した。小学館のぴっかぴかコミックスの「怪物くん」も一部まじっている。

たまたまアニメ「怪物くん」1話を観る機会があった。漫画の第1話目もそうだったが、怪物くんとヒロシが初めて出会う話である。何故かヒロシを気に入った怪物くんは、三人組が止めるのも聞かず、「ヒロシと友達になる」と言いだす。おっかなびっくりのヒロシに対して、半ば強引に友達になる。短気でわがままな怪物くんがどちらかというと正反対の性格のヒロシを見てそう思ったのは、子どもの勘なのだろうか。

2010.04.21 / Comments(0) / Trackback(0) / パロディ(二次創作)

【二次創作】レイン【石田とあさくら】

タイトルはシド「レイン」(荒川弘原作「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」第5期OP)より拝借。
レイン(初回限定盤A)(DVD付)レイン(初回限定盤A)(DVD付)
(2010/06/02)
シド

商品詳細を見る

↑タイトルはシド「レイン」(荒川弘原作「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」第5期OP)より拝借。EDはしょこたんこと中川翔子の「RAY OF LIGHT」。シドは第1期EDの「嘘」に続いて2度目の採用である。何となくマサオさんの石田とあさくらで絵を描いてみたかった。

降り止まない雨とエド達とホムンクルス達の戦いをオーバラップさせたOPと、光に包まれた地球が見えるEDとは対照的に見えるが、EDはOPのような戦いの末の「結末」であって欲しいと願いがこもっている気がする。

2010.04.05 / Comments(0) / Trackback(0) / パロディ(二次創作)

【二次創作】俺のアイアンクローを喰らえ【石田とあさくら】

マサオさんの原作「石田とあさくら」より…弱虫の石田少年が強くなった訳は。
アイアンクロー ウィキペディアより。
アイアンクロー プロレス技辞典より。
元ネタはマサオさんの原作「石田とあさくら」より拝借。かつて泣き虫だった石田少年はとある空手の師範に教えを請うのが元ネタ。たまたま元ネタで師範の先生が人形の頭をかかと落としで割り手で掴んでいた。そういう流れで、アイアンクローとなった。画像を検索していたらプロレスシーンで技によってレスラーが流血しているのがあったが、流血描写は苦手なので、なしになった。

1コマ目の山田少年はあさくらと本屋さんを経営するのが夢であさくらに話を持ちかけるが、石田のアイアンクローによって堕ちてしまう…。2コマ目のあさくらが持っていたのはおそらくゲーム機(詳細は不明)。原作でそれらしきをもっているあさくら少年がいたので描いてみたが、何のゲームをしているのかまでは分からない。あさくらのために強くなった石田だが、あさくらがそれに気づいているかどうかは不明である…。

2010.03.29 / Comments(0) / Trackback(0) / パロディ(二次創作)

【二次創作】仏の顔も三度【石田とあさくら】

滅多に怒らない人ほど、本気で怒ったら怖いんだ…な
仏の顔も三度 仏事Q&A 石のことならおまかせ!京都の石屋です!より。
マサオさんの「石田とあさくら」シリーズの二次創作8枚目あたり。あさくらが愛読する雑誌の袋とじ記事を破って捨てた石田。あさくらは「無言の圧力」+怒りで仏の姿となる。マサオさんの原作ではあさくらは他のキャラに比べると台詞も少なく冷静沈着である。今のところ感情を露わにしたシーンはないが、本気で怒ったらどうなるか想像したら、こんなのになってしまった。滅多に怒らない人が本気で怒ったら、非常に怖いと思う。

私自身、怒るのが苦手である。一方で、理不尽なことなどにどう対応していいのか分からず、おろおろしてしまうことがほとんどだ。八つ当たりに近いものは一番苦手で、訳もわからず怒られると非常に動揺する。仕事でミスしたなど理由がはっきりしているものなら何とか受け容れられるが、どう考えても思い浮かばないものほど苦しい思いをする。かといって、愚痴をこぼすのも苦手で、溜めに溜めたあげく、身体や精神に来てしまう。


2010.03.14 / Comments(0) / Trackback(0) / パロディ(二次創作)

【二次創作】風邪を引いたら早く寝ろ【石田とあさくら】

元ネタは石田が風邪を引いた漫画だったが…。狙ってやった訳でないです。
マサオさんの「石田とあさくら」シリーズの二次創作7枚目。元ネタは原作の13枚目で石田が裸エプロンでチョコを作っていた話の次になる。風邪でフラフラの石田はあさくらから薬をもらうのだが、それでも学校に行こうとする。熱を測ってやると言われた石田は淡い期待を抱くが、それも打ち砕かれてしまった(汗)

体温計の測り方 しんじょう薬局より
熱の測り方について OKWaveより。
熱の測り方は脇の下、口の中などが一般的である。よく子供の頃、親が額を当てて熱があるかどうか見ていた。最近TVで体温計の正しい使い方を説明していた。正しいやり方は下から突っ込む形で脇に体温計を挟む。確かに服の上からだとどうしてもはさみ方が甘くなってしまう。

2010.03.06 / Comments(0) / Trackback(0) / パロディ(二次創作)

【二次創作】俺の将来にあさくらが絶えない【石田とあさくら】

マサオさんの「石田とあさくら」シリーズ5枚目、原作に準じてモノクロにしてみましたが…
マサオさんの「石田とあさくら」シリーズ5枚目。原作に準じてモノクロにしたもの。石田の気持ちに気づいているのか否か、のほほんとしてるあさくら。

空気公団「青い花」(志村貴子「青い花」OP)を聞いたら描きたくなったん…だな。
↑少年時代のあさくらたちのイラストが載っていたので、それを元に描いたもの。何故石田が花屋を目指しているのかと、勝手に想像して描いてみた……。空気公団「青い花」(志村貴子青い花」OP)を聞きながら描いていた。

2010.03.01 / Comments(0) / Trackback(0) / パロディ(二次創作)

【二次創作】山口先生のチャックの秘密【石田とあさくら】

理由は…特にないと思う。
マサオさんの「石田あさくら」の二次創作4枚目。この漫画に登場する山口先生は一見爽やかそうだが、何故か「社会の窓」がいつも全開である。いつも開いていることは何か訳があるのだろうかと思って描いたもの。先生もあさくらをめぐってのライバルなので、石田が、3コマ目では殺意丸出しでチャックを閉めている(汗)

鉄人ガンマ オシリーナの受胎告知編 (プラチナコミックス)鉄人ガンマ オシリーナの受胎告知編 (プラチナコミックス)
(2006/12)
山本 康人

商品詳細を見る


山本康人鉄人ガンマ」の中学生のガンマの恥ずかしいエピソードがあった。通学に利用するバスがなかなか来なくてイライラするガンマ。一方でとなりの美少女が気になる。仕方がないのでもう少し先のバス停に行こうとしたら、「バスが来ましたよ」と少女に呼び止められる。振り向いた瞬間、少女が顔を背ける。その時、彼の「社会の窓」がばっちり開いていた…。慌ててチャックをあげようとしたら、大事なところをはさんでバスを逃してしまった…。

「ズボンのチャック=社会の窓」の由来 Yahoo!知恵袋より。
ファスナー・ジッパー・チャックの疑問 広島ホームテレビ|暮らしの疑問
↑何故、ズボンのチャックが開いているのを社会の窓と呼ぶのか、それについては歴史は古く、由来はNHKで放送されていたラジオ番組「社会の窓」から来ている。そうならば大事なところを堂々と曝け出す山口先生は一体なんだろうか……理由は分からない。

2010.02.27 / Comments(0) / Trackback(0) / パロディ(二次創作)

【二次創作】あさくらの尊敬する人【石田とあさくら】

何となく喋り方が似ているので、描きたくなったん……だな。
マサオさんの「石田とあさくら」シリーズの二次創作3枚目。尊敬する人は誰かと聞かれるあさくら。最初の「山」の文字を聞いた途端、表情を豹変させる石田。だが、ライバルの山田でも山口先生でもなく、彼が尊敬するのは「裸の大将放浪記」で有名な山下清だった…。あさくらの訥々とした喋り方が何となく山下清を想像させたのと、私自身が山下清を尊敬しているので、多少願望が入っている。3コマ目の石田の表情がどおくまんの漫画のキャラのようになってしまった。

2010.02.25 / Comments(0) / Trackback(0) / パロディ(二次創作)

【二次創作】危険な抱擁【石田とあさくら】

マサオさんの「石田とあさくら」シリーズの第2弾。元ネタから勝手に考えさせてもらいました(汗)
以前描いたマサオさんの「石田とあさくら」シリーズ第2弾。元ネタはマサオさん御本人が描かれた漫画20枚目から拝借しました。
元ネタの漫画はあさくらにハグを求める石田。それを断るあさくらという内容だったのですが、あさくらが断る理由を勝手に考えてしまいました(汗)3コマ目の中央であさくらにベアハグされているのは、同じ「石田とあさくら」に登場する山田です。あくまでイメージですが、こっちの都合で犠牲になってもらいました(汗)

2010.02.23 / Comments(0) / Trackback(0) / パロディ(二次創作)