管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

ありがとうございました。

20051231201135.jpg


母の実家から餅をもらいました。今日はごんだもちをひとつ食べましたが、かなり腹が膨れてしまいました。子供のころは2~3個食べても平気でしたが、最近はあまり食べられなくなりました。最近は正月から営業している店やコンビニが普及するようになりましたが、正月のために買出しをするのは今も変わりません。

コンビニといえば今日、「ガイアの夜明け」(テレビ東京 本放送は12月27日の「ニッポン式 世界に挑む」)を見ました。中国に進出したセブンイレブンなどが取り上げられていました。セブンイレブンの中国進出は「真相報道バンキシャ!」(日本テレビ)でも以前に取り上げていましたが、勤め先に中国人研修生がいることもあり、興味を持ってみてました。日本でのコンビニのやり方を踏襲するだけでなく中国の人に受け入れられるように工夫もありました。地元の人に良く食べられている豚足を取り入れたのがそうです。

今年の秋にブログを立ち上げて3ヶ月が経過しましたが、最初はオリジナルキャラの設定をメインにする予定が気がつけば漫画が多めになっていました(汗)来年ももちろんオリジナルに力を入れたいと思っています。設定も漫画ももっと充実させたいです。本館のサイトから来た方、検索で偶然こちらのブログにたどり着いたすべての方にお礼を申し上げます。ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

スポンサーサイト

2005.12.31 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

酒は飲んでも飲まれるな

20051230213518.png


負け惜しみ」に続き、他のサイトの管理人さんとのオリジナルとの共演です。赤いバンダナをしているのはカオスさんのところのチバリ君です。チバリ君はうちの透明猫・レスが好きらしいので描かせて頂きました。レスにりんご酒を持ってきたチバリ君ですが、レスは酔いつぶれてしまいました…(汗)チバリ君に気を使ったのか、それとも何も考えずに飲んだか定かではありません。年寄りくさいレスですが、こう見えても未成年ですから。

猫型宇宙人の世界では人間と同じく未成年の飲酒は法律で禁止されています。しかし、種族のなかでの村や町の集まりがしょっちゅうあるので、実際は20歳に満たなくてもしょっちゅう飲んでいることが多いです。その代わり、お酒を飲むルールは仲間の間ではきっちりと決まっています。

以前、新聞のある記事を見たのですが、今の若者は会社の上司より友達と酒を飲むことが多いと書いてありました。記事の中で付き合いで酒を飲むことでお酒を飲むルールを知っていくのだと書いてありました。確かにそれも大事なことです。しかし、お酒を飲むのが好きな方ばかりだとは限らないのです。私自身、就職してから何度も酒を飲む機会がありましたが、お酒はあまり好きな方ではありません。私の知っている人でお酒が好きな女性はあまりいないのもありますが、お酒を飲むのはほとんどが男性だと思います。

もちろん、お酒を他の人についで回るなどの配慮をおざなりにしてはいけないと思います。それによって会社の人間関係を円滑にするのも事実です。断ってばかりでは付き合いが悪い人だと思われるかもしれません。でも、飲めない人に無理にすすめたり、飲めない人が人間関係から孤立してしまうようなことが起こらないようにすることも必要だと思います。

2005.12.30 / Comments(0) / Trackback(0) / 漫画(他の方のオリジナルキャラと)

バームクーヘン(神様Ver)

20051229212428.png


前回の「バームクーヘン」の別案です。これはずっと前の「クリスマスの苦い思い出」を少しいじった感じです。子供のころの神様が父親にバームクーヘンが食べたいとねだります…前回も切り株ネタを使いましたが、こっちの方が分かりやすい気がします。それにしても父親はこう見えても子供に甘いのか、本当にバームクーヘンを知らないか…非常になぞです。左の赤い箱のティッシュの人は神様の母親です。かなりのダイナマイトバディであります。

2005.12.29 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

肉を切らせて骨を?

20051228195207.png


正しくは「肉を切らせて骨を断つ」です。「キン肉マンⅡ世」の中でブロッケンJr.がジェイドとの出会いを回想しているシーンでも、この言葉が出てきました。ジェイドがベルリンの赤い雨の特訓の最中にブロッケンが「ベルリンの赤い雨の極意」を説いている中で出ています。 「肉を切らせて骨を断つ。骨を切らせて髄を断つ(中略)ベルリンの赤い雨の極意だ」…改めて文章を見て見ますと、骨の髄までしっかり切れそうな技だと思います…。「肉を切らせて骨を立田揚げ」だとベルリンの赤い雨を繰り出すたびに立田揚げが散乱する様子が目に浮かびます(汗)

立田揚げは語呂が良かったので使ってみました。王ドラが持っているのは鳥肉です。「たった」の表記ですが、私は「竜田」の方で覚えていました、立田と竜田の両方で検索したらどちらもかなりヒットしたので、おそらくどちらもよく使われているのでしょう。


2005.12.28 / Comments(0) / Trackback(0) / 王ドラ カンフーへの道!(漫画・二次創作)

方言って難しい

20051227204200.png


本日は漫画にタイトルがあります。いつもは250×350(ピクセル)サイズで描いていますが、たまたま訪れたサイトのお絵かき掲示板のサイズが選択式で350というのがなかったため250×400にしてタイトルをつけました。

分かりづらいネタになってしまいましたが、「だいてやる」は私の住んでいる場所の方言で「出してやる」という意味です。私も「出した?」を「だいた?」という言い方をすることがあります。ラーメンマンに他意はありません…(汗)

方言ネタで思い出すのは、私と同郷である漫画家・藤子・F・不二雄先生(本名・藤本弘)の代表作「ドラえもん」の漫画の中でこういうのがありました。はっきりした内容は覚えていませんが、のび太のママがのび太に怖い話をしてほしいとねだられたらしく、ある話をするのですがその中で「7日前のご飯だからこわくてこわくて」という部分がありました。「こわい」というのはこちらの言葉で「固い」という意味です。他の地域でも別の意味で「こわい」を使っているところもあると思います。これは藤本先生が他界された後に放映された番組で知りました。

もうひとつ方言ネタです。ずっと昔、NHKの朝の連続テレビ小説(朝の連続ドラマ)で「凛々と」いうのがありました。富山が舞台でしたが、出演者が使う方言に違和感を覚えていました。同じ県内でも方言の違いがありますが、いくら演技力がずば抜けている俳優さんたちでも地元にン十年も過ごしている人々には敵いません。「こんな言い方はしない」と感じるのは無理がないのかもしれません。私はローカルのCMの中の方言ですら「何か変」と感じることが多いのですが、皆さんは如何でしょうか。



2005.12.27 / Comments(0) / Trackback(0) / 王ドラ カンフーへの道!(漫画・二次創作)

プロレス界に殴り込みだ!

20051226200511.png


タレントのレイザーラモンHG(本名・住谷正樹)と狂言師、俳優の和泉元彌がプロレスデビューをしたのは最近話題になりました。HGさんは学生時代プロレス経験もあり体つきも見てのとおりたくましいのでそれほど違和感がなかったのですが、和泉さんに関してはやりすぎではないのかという懸念がありました(汗)「元彌チョップ」かなり退きました(汗)

漫画は「ポンキッキーズ」のガチャピンがプロレスデビューをした記事を読み、憤慨しているブロッケンです。ガチャピンは「ひらけ!ポンキッキ」の時からいろんなスポーツに挑戦していることで有名です。スポーツをするときは普段の人とは違い、専門の人が着ぐるみの中に入っているらしいですが、その状態でスポーツをこなすこと自体大変なのに、まさにプロだと思いました。

さまざまなスポーツをこなしているガチャピンですから、プロレスもあってもおかしくないと思います。そうすると誰が中に入るのかは非常に気になりますが、もし、戦うとしたら、個人的には大晦日にK-1に出場するタレント・ボビー・オロゴンと戦ってほしいですね。

2005.12.26 / Comments(0) / Trackback(0) / 王ドラ カンフーへの道!(漫画・二次創作)

最後の一葉

20051225153606.png


O・ヘンリー最後の一葉」より。病に伏せる女の子がもうすぐ落ちそうな葉っぱを見ています。最後には絵描きの老人が女の子のために「落ちない葉っぱ」を描いて逝ったことが分かり、胸が詰まりました。もうひとつ、O・ヘンリーの有名な短編で「賢者の贈り物」がありますが、大事は人にプレゼントを買うために自分の宝物を売ってしまうところはなんとも胸を打たれます。

漫画では神様が「かしの木おじさん」のような木を描き、女の子が悲鳴を上げてしまうおちになっています(汗)えんどコイチ原作「ついでにとんちんかん」では「最後の一葉」のネタの話がありました。病気の女の子を元気にしようと抜作先生が葉っぱが落ちないようにしますが、木は倒れてしまいます。最後の手段として木を絵に描くのですが、できたのは化け物のような木で女の子が変になってしまうおちでした。


2005.12.25 / Comments(2) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

大掃除

20051224113345.png


今年も残り1週間となりました。そろそろ大掃除の準備をしなければならないですね。毎日少しずつやれば暮れにあわててやらずにすむのですが、忙しいのにかまけて掃除も怠りがちです(汗)

漫画のように掃除をしていると必ずと言っていいほど埃まみれの物が出てきます。高校では給食がないので、これは小学生か中学生のころのものなのでしょうがかなり汚いです(汗)埃でもうひとつ嫌なのは、ここは雪のため結露がひどく窓がビシャビシャにぬれてしまい埃がこびりついて取れにくくなることです。カーテンは汚れますので見た目もよくありません。結露を抑えるガラスクリーナーを試してみたりもしました。一定期間は結露はましになりますが、丁寧に塗らないと効果が薄れるので注意が必要です。


2005.12.24 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

このまま時が止まってしまえばいいのに

20051223203641.png


こんばんは。日直で教室に2人きりのウェットティッシュと幼馴染のお千代ちゃんです。この2人のネタをぜひ描きたいと思っていたのですがようやく描けました。ウェットティッシュは保育園のころからお千代ちゃん一筋ですが、お千代ちゃんにはまだ気持ちを伝えていません。彼女はウェットティッシュの気持ちを知ってか知らずか、時計を指差して「時計止まっているよ」です…。余談ですが、最近は電波時計というものが出回っているらしいですね。目覚まし時計のタイプは家にあったのですが、この前腕時計のタイプのを父が買ってきました。ちゃんとしたものなら電池がなくても時間を修正することができるらしいですが、安物は電池が必要なようです。非常に便利になりましたね。

窓の外に神様がいますが、学校に清掃に仕事にきているだけです。わざわざ覗こうとしていた訳ではありません。以前に息子の後をつけてこっそりとウェットティッシュの様子をのぞいている神様を描きましたが、仕事をほったらかしにこういうことをしているのではないのです。

2005.12.23 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

因果応報

20051222200624.png


北陸は再び大雪となりました。あさってまで大雪に注意が必要だそうです(汗)今日は道路が圧雪のためにがたがたになり、通勤時は必死に運転していました。大雪が降っている地域の皆さん、車の事故等にはご注意ください。

漫画ですが、1コマ目のロマンスグレーの男性はこの前に登場した金子さんのご主人です。奥さんが派手で我が侭なのに対しご主人は温厚で常識的な方ですが、たびたび奥さんのことで近所の人にお詫びの品を持ってくることが多いです。お詫びの品を買うなら奥さんをしっかり叱ってほしい気もしますが、多分、注意しても奥さんが聞かないのかもしれません…。

「マンホール注意」と書かれていますが、私の家の前には除雪の際に雪を捨てるためマンホールのふたを開けます。開けている間は赤い旗を立てて知らせるのですが、神様は赤い旗を立てるのを怠ってしまい、金子さんがマンホールにはまってしまいました(汗)普通なら下の川に落ちて流されてもおかしくないのですが、金子さんは幸いにも落ちずにすんだようです…肥えているのか着膨れしているのか定かではありません。雪の時期になりますとマンホールの上に駐車する車がおり、大変迷惑することがあります。ただでさえ道が狭いのに雪が降るとますます不自由を強いられます。こういう時期こそお互い思いやりを持つことが必要だと痛感します。


2005.12.22 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

バームクーヘン

20051221203920.png


先日の「あんまき」にひき続き、某新聞の方に出すものです。バームクーヘンと言えばドイツ生まれなのでブロッケンを出しました。2コマ目のブロッケンが持っている鋸ですが、小さすぎます(汗)…背後では何本か大きめの木が倒れていますが、斧で倒すならまだしもこれだと鋸が折れてしまいそうです…。ブロッケン一族はもともとは人間ですが、超人になるべく鍛えている人たちですから木を何本も倒すなど朝飯前でしょう。

バームクーヘンは引き出物など人からもらうことがあります。なんかもくもくしていて水分がないと食べづらい気がします。もちろん、おいしいバームクーヘンもあるでしょう。以前TVでバームクーヘンを打っている店が紹介されていましたが、長い棒のようなものに生地を塗っていき焼いていく方法でした。もちろん家庭でも作ることができるらしいです。生地を徐々に重ねていく必要があるので、かなり根気が要りそうです。


2005.12.21 / Comments(0) / Trackback(0) / 王ドラ カンフーへの道!(漫画・二次創作)

できればハッピーズーミンお願いします。

20051220204315.png


キン肉マン」文庫版第7巻の黄金のマスク編、ブロッケンJr.VSザ・ニンジャ戦より。原作に沿ったパロディはこれが初めてです。元ネタはニンジャの「順逆自在の術」に嵌ってしまったブロッケンなのですが、思い切りはずしております(汗)あまりのさぶいギャグにウォーズマンの背骨を上っていたキン肉マンも滑り落ちています…。

ブロッケンが顔まねをしているのは日本テレビの「ズームイン!!SUPER」などでおなじみの羽鳥慎一アナウンサーです。「ズームイン」のマスコット「ズーミン」を持っていなければ誰だかわかりません。

羽鳥さんはTVのほかにもアニメの声優、映画にも出演しております。最近では「ALWAYS 三丁目の夕日」にエキストラとして出演してます。

羽鳥さんが「踊るさんま御殿」に以前、ゲストに参加していた時のことですが、羽鳥さんはかなりデリケートな方だということを知りました。TBS安住紳一郎アナウンサーと比べられ「安住さんのほうがいい」と言われ落ち込んだらしいと聞き、やはり意識しているのかと思いました。うちの母も言ってますが、確かに、安住さんは面白い方ですね。本日の「ぴったんこカンカン」を見ているとさりげなく笑いを取ることを言えるひとだと思います。

ズームインを見ていると羽鳥さんが安住さんを意識していると感じることがあります。面白いことをいおうと意識しているのがありありと分かります。私としては笑いを取るのは安住さんの方が上手かと思います。羽鳥さんももちろん面白いんですが、笑いを取るタイプが違うのかもしれません。

2005.12.20 / Comments(0) / Trackback(0) / 漫画・二次創作(その他)

間違えた

20051219200300.png


こちらでははじめてのブロッケン親子ネタです。私が描くと区別がつかないので、親父のほうは青い服でひげを生やしております。ボケーッとしながら歯を磨いてるブロッケンJr.は見たことない『歯磨き粉』を見かけます。何の疑問も思わずに磨いたら、親父の水虫の薬でした…(涙)

元ネタは劇場版「ビーン」からです。ローワン・アトキンソン演ずるビーンが騒動を起こすコメディーです。その中でビーンが世話になっている男性の家で歯を磨いていたら、水虫の薬と歯磨き粉を間違えるシーンがありました。
しかし、ビーンは動ずることなく「うーん、いいお味」とそのまま使っていました…(汗)ビーンはビデオを2本のみと劇場版を録画したのを見ただけですが、腹を抱えて笑った記憶があります。ビーンはほとんどしゃべらず動きで笑いをとります。ローワン・アトキンソンのびっくりしたような表情に加え、パントマイムのような動きがおかしさをかもし出しています。

ただ、ひとつ気になったのですが、劇場版が放映された当時、ビーンの吹き替えを滝口順平さんが担当されていましたが、アトキンソンさんの本人の声がかなり低かったため、甲高い滝口さんの声に違和感を覚えてました。


2005.12.19 / Comments(0) / Trackback(0) / 王ドラ カンフーへの道!(漫画・二次創作)

ジングルベル?

20051218200100.png


こんばんは。クリスマスまで1週間をきりました。町の中もクリスマス一色です。漫画は看護士の桜(1コマ目・左)がクリスマスソングを聴いているうちに兄・十文字(2コマ目・左から2番目)へのプレゼントがジングルベル」→「甚平となりました…。歌詞を引用するのは著作権に触れるので、台詞で書いています。

甚平は初めて描きました。最初、服の形から夏に着るものだと思っていたのですが、冬用もあることを知りました。検索して画像を基に描いたのですが、着物とはまた形が異なるので難しかったです。私のオリジナルは服を着ていないキャラクターが多いので服はあまり描かないのですが、たまにこういう形で着させるとなると四苦八苦します。


2005.12.18 / Comments(0) / Trackback(0) / Fivecats'Soldiers(漫画)

空っ風吹きすさぶ

20051217205105.jpg


私の住む北陸では、明日はさらに寒くなりこの前よりさらに雪が降る恐れがあるそうです。天気予報を聞いていてうんざりしておりますが、雪の降らない関東地方では「空っ風」に悩まされている方も多いと思います。雪国に住んでいる私でも唇や肌がかさつくことがありますが、そちらではもっと酷いのかもしれません。

漫画は寒風吹き荒れる中を買い物に行く紙子とウェットティッシュです。そこで近所に住む金子さんと言う女性とばったり会いますが、金子さんの顔は壁のように剥がれ落ちています…金子さんは以前に神様にヘビのジュリーちゃんを探してほしいと頼んだ人と同一人物です。なんとなく印象に残っていたので、再び登場させてみたくなりました。

金子さんは神様の近所に住む裕福な家の奥さんですが、我が侭な性格が災いし近所の人に敬遠されています。しかし、彼女はそれも気にせずいろんなことで近所の人を振り回しております…。金子さんは塩沢ときに似ているので、神様は陰で「塩ばあ」と呼んでいます。年齢は40代後半から50代前半ぐらいです。


2005.12.17 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

雪だるま

20051216205524.jpg


大雪のおかげで連続の雪ネタとなりました。雪だるまを作るピーターたちです。ペング(右)が体を作ったのですが、頭はどうしたかというと、パインが顔になるはずだった雪だるまと一緒に坂を転げ落ちております(汗)ちなみにピーターは体を一生懸命転がしています。

漫画で「雪玉と一緒に人間が転がる」描写がありますが、実際にこうなることはほとんどないと思います。あっても人間が無事で済むはずがありません…柳田理科雄著「空想科学読本」シリーズで取り上げると面白いと思いました…でも、柳田さんの著書すべて持っているわけでないので、すでにどこかで取り上げていたらすみません(汗)


2005.12.16 / Comments(0) / Trackback(0) / 漫画・未分類

除雪を手伝う神様

20051215203443.jpg


連日の大雪に辟易している管理人です。いくら雪国だからとはいえ、12月にこれだけ降ったのは40年ぶりらしいです。今朝は晴れましたが、放射冷却の影響で通勤時間中は濃霧となりました(汗)3m先から霧が襲い掛かってくるようで、周りの白さに恐怖を感じました。

漫画に入ります。神様は仕事で一人暮らしのお年寄りを訪ね、除雪を手伝っております。老人を気遣っていた神様ですが、無邪気にかまくらを作っている姿を見た途端、ムッとなっています(汗)おじいさん、かまくら作る元気があるなら手伝ってくださいよ…(by神様)一昨日の「除雪」と似たような感じになってしまいました。

私の家の周辺は家が密集しており前の道も狭いため、除雪車も入れない場所でした。昨年ようやく融雪装置が設置され、除雪もかなり楽になりました。それでも雪が多い日には除雪は欠かせません。まめに除雪するうちとそうでないうちの差が歴然とでますね。私の向かいの家はまったく除雪をしないので、新聞配達の人は雪を掻き分けなければいけないそうです…(汗)





2005.12.15 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

あんまき

20051214202703.png


某新聞の地方版の投書欄に出すために描いたものです。あんまきをネタにして描こうと思ったら、唐突にカルーセル麻紀が思い浮かびました。水野真紀マイク真木でもなく、カルーセル麻紀…。自分でも唐突だと思いました(汗)

子供のころにカルーセル麻紀さんをTVで見たときは、男性であることを知りませんでした。カルーセルさんは性転換をしてかなりたった昨年、戸籍を女性に変更しました。彼女のドキュメントをあるTV番組でやっていたのですが、想像を絶する苦労を物語っていました。私は幸い、自分の性別を受け入れることができます。性同一性障害の人はそれをできずに苦しんでいます。私はその人たちの苦労を完全には知ることができません。ただ、自分の性別や成長期に訪れる体の変化を受け入れることができないことは、とても筆舌に尽くしがたいです。

カルーセルさんがゲイボーイになろうとしたとき、家族の猛反対にあいましたが、彼女のお母様だけがカルーセルさんの味方になってくれました。お母様は今年の5月にお亡くなりになりましたが、ドキュメントが放映されたときはご健在でした。戸籍を変えたことを報告するカルーセルさんとお母さんのやり取りが映っていたのですが、そのときのお母様の言葉が印象的でした。

「息子でも娘でも、私の子供に変わりない」…こう親に言われた子供は世界一幸せだと思いました。

2005.12.14 / Comments(0) / Trackback(0) / 王ドラ カンフーへの道!(漫画・二次創作)

除雪

20051213201822.png


今日は全国的に雪が降る天気となりました。私の地元でもご多分に漏れずしっかり降ってくれました(汗)雪国で生活している以上除雪は避けられないのは分かっているのですが、通勤に支障をきたすのでかなりきついです(涙)雪が降って怖いのは、スリップなどの自動車事故ですね。通勤の行き帰り幾度もほかの車の事故に遭遇していますし、私自身も肝を冷やす思いを何度もしております。

漫画のほうですが、これはアナログで以前描いたネタを思い出しながら描きました。ブロッケンが「(除雪)大変だろうなあ…」と思っているそばでラーメンマンが雪だるまを作っており、激怒しています(汗)しかもでかいです。子供のころはまだ雪を楽しむ余裕があったのですが、今はさすがに「もういやだ、勘弁してくれ~」と思うことがあります。しかし、水に困らないのは雪が降るおかげです。他にも雪による恩恵を受けています。こんなに恵まれているのになんてわがままなんだろうと思いながら、天気予報を見てため息をついています。


2005.12.13 / Comments(0) / Trackback(0) / 王ドラ カンフーへの道!(漫画・二次創作)

あわてんぼうのサンタクロース

20051212194200.jpg


サンタシリーズ(?)第2弾です。あるお宅を訪ねたサンタさんですが煙突がありません。そのサンタさんがとった手段とは…。おそらく庭から穴でも掘って自宅に侵入したのだと思われますが、思い切り不法侵入です(汗)穴を掘るとは、とても気が長い方なのでしょう。

穴掘りと言えば、どこで起こったのか忘れたのですが、海外で刑務所から2人の男が穴を掘り、地下へと脱走をした事件がありました。その男たちは穴を掘ったのはいいのですが、穴の中はとても暑かったらしく、全裸だったそうです。当然、つかまったときもその姿でした…。いくら暑くても全裸はまずいと思いますよ。


2005.12.12 / Comments(0) / Trackback(0) / 漫画・未分類

五十歩百歩

20051211112417.png


こんにちは。これは年賀状案として描いた物ですが、あまりにも年賀状らしくないので没になってしまったものです。犬にほえられて驚いているラーメンマンをからかうブロッケンJr.ですが、肝心の彼は手の甲をかまれていました…(汗)

漫画の描写ではよく犬がらみのシーンを見かけます。犬に追いかけられるというのは典型的な例ですが、犬を振り切って逃げるのは非常に難しいような気がします。「日本と世界の犬のカタログ」(成美堂出版)によると、犬は近視で、静止しているものは200m離れてるとぼやけてしまいますが、動くものには敏感で1000m離れていてもわかるらしいです。

家では以前犬を飼っていました。散歩の途中で犬を放すと弾丸のごとく向こうへ消えていきますが、わざとその場を離れるとすぐに戻ってきました。よほどのスタミナや瞬発力がない限り、犬から逃れることはできないかもしれません…。話を戻しますが、この漫画を描くとき、尻をかまれたブロッケンにしようと思いましたが、絵が思い浮かびませんでした(汗)犬に尻をかまれるというのは絵的には間抜けですが、非常に痛いと思います…(汗)

2005.12.11 / Comments(0) / Trackback(0) / 王ドラ カンフーへの道!(漫画・二次創作)

紙子さん、小顔になる。

20051210210332.png


こんばんは。本日の「大バク天」(バク天スペシャル)の中での「太田光の一度はやってみたかった!」のコーナーで友近が雑誌の表紙を飾る企画を見て思い浮かんだものです。友近がある雑誌の表紙を飾るために、エステなどに通って大変身するのですが、その中で骨格矯正による小顔がありました。顔の骨格のゆがみを治すことで顔のラインがすっきりしてくるのですが、10分で1万を軽く超えるのは正直つらいです(涙)そのほかの高価なシャンパン風呂をつかった31万を超えるエステにもびびりました。

漫画のほうにいきます。紙子さんはあるエステのチラシにつられて小顔にチャレンジをするのですが、家族には大不評でした(汗)実際に2コマ目のような小さいティッシュ箱のものがありますが、やはり違和感があります。紙子さんのきれいになりたいという女心は理解されなかったのですが、家族にこういわれても無理がないような気がします…紙子さんのあの横長の顔に神様は惚れたので、妻一筋の彼には酷なのでしょう。それにしてもこれだけ顕著に効果が出るとは、エステの従業員も非常に驚いたでしょう(汗)


2005.12.10 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

サンタ来るかな?

20051209195245.png


こんばんは。神様の家のクリスマスです。まだ幼い頃のウェットティッシュがサンタについて聞いているところです。紙子さんが余計なことを言った(?)ために、ウェットティッシュは寝ないでサンタを待っています(汗)神様はプレゼントを置けないのでとても困っております。

私が子どもの頃、最初の頃は親から直接プレゼントを手渡しでもらっていました。そのためかサンタは最初から親だと思っていたようです。枕元にプレゼントを置くようになってからも、「親が自分たちを喜ばせてくれるためにやっている」と妙にさめた目で見ておりました。一方、弟は小学校6年までサンタを信じていたらしいです。本当にそう思っていたのか親を気遣ってそういっているのだけなのか、真実は定かではありません。


2005.12.09 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

紙子、神様を見直す。

20051208201144.png


神様の青春時代の話です。前に描いたものです。「神様は『紙』だから水や火に弱いのでは?」という突っ込みを時々もらうので、このようなネタを時々描いていました。神様が川で溺れている猫を助けようと飛び込んだのですが…。
あの人はそのまま流されてしまいました。あの人はやっぱり『紙』でした…(by紙子)←これは当時、この絵を掲示板に投稿した際に記入したコメントです。

20051208201226.jpg


流されてしまった神様は奇跡の復活を遂げます…芯の姿になって。神様の顔はおなじみのトイレットペーパーの顔とそれを装着する前の顔とこの芯のパターンの顔の3種類があります。芯の顔はここで初めて描きました。



2005.12.08 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

サンタだって頑張っているんだよ

20051207191430.png


クリスマスまで3週間をきりました。サンタクロースも大忙しの時期ですね。漫画はそんなサンタクロースの様子を描いてみました。

サンタクロースの第一印象といえば、大柄な体とたくさんのおひげですが、そんな体格のよいサンタさんばかりとは限らないのではないかと思います。絵のサンタさんは痩せているので肉じゅばんを着て、仕事をしています。貧弱な体をカバーするためなのか冷え性なので厚着するためなのか分かりませんが、世界中のサンタさんは寝る間も惜しんで子供達へのプレゼントの準備をしているのかもしれません。頑張れ、不眠不休のサンタクロース。


2005.12.07 / Comments(0) / Trackback(0) / 漫画・未分類

おこげ

20051206192828.png


こんばんは。体調を崩した神様におかゆを作ろうとするウェットティッシュですが…思い切り焦げています。私もいつだったか忘れましたが、母が寝込んだ時におかゆを作った記憶があります。その時の母はとてもうれしそうでした。ちなみに家では、おかゆには梅干や卵などを入れます。

タイトルですが、ご飯と言えばおこげですね。今の電器ジャーだとおこげはめったに出ませんが、適度に入っているとおいしいですね。おこげで検索したら、おこげを使った料理がたくさん紹介されていました。和風、中華その他などかなりバリエーションがあるので、一度試してみてもいいですね。



2005.12.06 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

目にゴミが…

20051205190903.jpg


このような言い間違いはよくしますが、自分が気づいていないことが良くあります。こういうのは人に指摘されて気がつくものです(汗)これとは別にポリバケツに眼球が入ったパターンがありますが、こっちの方が気に入っています。近くのゴミ捨て場に以前、ゴミの日を守らずに捨てられていたゴミがありました。指定ゴミ袋を使わず、通った際に捨てた感じでした。ゴミを捨てた人に対して憤りのようなものを感じていたので、見張ってくれるゴミ袋があったら面白いと思いました。


2005.12.05 / Comments(0) / Trackback(0) / 漫画・未分類

デジカメ

20051204091255.png


おはようございます。近所の男性が神様にデジカメの使い方を聞きに来たところです。神様はこう見えてもパソコンやデジカメは得意分野なのですが、苦手な犬の前にびびっております(汗)

私の父と弟はデジカメを使う機械が多く、特に父はCD-Rにデジカメの写真をプリントして画像を整理しています。一方の私はカメラは苦手です。もともとカメラそのものにあまり興味がないのもありますが、デジカメは未だに使いこなせません。何度か触ったのですが、「どこ押すの?」と素人丸出しの質問を何度も繰り返すばかりで父が呆れます。オートフォーカスやフジカラー「写ルンです」のようなインスタントカメラのように押せばすぐに写るカメラが出てきたころも、シャッターを押す時、力を入れすぎてぶれてしまいました(汗)

最近では携帯にもカメラがついてますが、所構わず携帯のカメラで芸能人などを写す人々の姿をTVで見かけるようになり「なんだかなぁ」と感じます。確かにカメラも便利になっていますが、時と場所によってはこのような行為は失礼にあたることがあります。きちんとマナーも守って写真を撮りたいものです。




続きを読む
2005.12.04 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

負け惜しみ

20051203205926.jpg


こんばんは。絵は管理人がお世話になっている「カオスのページ」の管理人さんカオスさんのオリジナルキャラクター、オウムのコン・ピュー太とうちのピーターとの共演です。この絵の掲載を快諾してくださり、ありがとうございます。カオスさんのサイトはこちらから飛べます。コン・ピュー太他、カオスさんのオリジナルキャラのストーリーが拝見できます。

屋根の修理の最中ピーターが屋根を踏み抜いてしまい、コン・ピュー太にからかわれているところです。ピーターは不機嫌そうに負け惜しみを言っています…彼はダイエットをもっと真剣にやった方がよさそうです。

オリジナルメインでサイトを活動している関係上、よく他の方のオリジナルを描かせていただきます。自分のキャラクターは思い切りいじりまくっておりますが、人のキャラクターはあまり無茶できないですね。無論、オリジナルで活動している方は皆、ご自分のオリジナルを大事にされているのがよく分かるのでそれを尊重したいと思っています。逆に自分のキャラクターを他の方が描いてくださったこともあります。この時、オリジナルをやってよかったと思います。


2005.12.03 / Comments(0) / Trackback(0) / 漫画(他の方のオリジナルキャラと)

寝癖

20051202195847.png


こんばんは。起きたばかりのピーターですが、何か様子がおかしいです…とさかの部分がものすごい寝癖になっています(汗)これを描いた当日の朝、たまたますごい寝癖が出来ていたので、寝癖ネタとなりました。いっそのことこのまま、イメチェンしたほうがいいような気がします。

私は仕事の間、ずっと帽子をかぶっています。休憩時間に帽子を外すと、漫画のようにつむじの部分や前髪が1本はねてたりすることがあります。寝癖ネタといえば、森下裕美作「少年アシベ」に登場するあずみちゃんというOLがいます。ある朝、いつもと違った髪型で出勤してきたあずみちゃんですが、「髪形変えたの?」と聞かれるのですが、お湯を浸したタオルで髪型を元に戻してしまいます。そして「これ寝癖」と言ってました。

私は風呂に入った後、しっかり髪を乾かさないので寝癖がつきやすいです(汗)


2005.12.02 / Comments(0) / Trackback(0) / 漫画・未分類