管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

チューリップ

20060430171904.png


こちらの方ではチューリップが見ごろとなっています。地元では「となみチューリップフェア」が開催されています。現在は全国でもかなり知られているようですが、私が生まれて間もない頃は規模は小さかったです。赤ちゃんの頃家族とチューリップフェアに行ったのですが、かなりの人だかりで父は「もう2度と行くものか」と思ったそうです。当時はチューリップの種類も数えるほどしかなかったのですが、現在は色、花びらの形などさまざまな種類のチューリップが見られます。

漫画はそれに便乗して、チューリップを見るウェットティッシュたちです。この前描いた「花子(仮)」を登場させています。誰かが花のことを褒めただけなのですが、彼女は癪に障ったようです(汗)こちらにはオーソドックスなチューリップだけ描いてありますが、バラの花びらと見間違うようなチューリップもあります。でも私は昔ながらのチューリップが一番好きです。
スポンサーサイト

2006.04.30 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

蜂蜜

20060429200556.png


子供時代の神様を描くのは初めてです。神様は木の上に出来ている蜂の巣を眺めています。巣から直接蜂蜜を採ろうとして、神様はひどい顔になってしまいました(汗)今週の「たべごろマンマ」(日本テレビ系列・土曜夜6時半から)で蜂蜜の特集をしていたので、描きたくなりました。私は神様のような無謀なことはしていませんが、ずっと前以前の会社に勤めていた頃、洗濯した作業ズボンの中に蜂が潜んでいるのに気づかず、太ももをさされてしまいました。最初、脚に痛みがあったので思わずズボンを触ったら蜂が中に入っており、びっくりしました。

蜂に刺されて亡くなる人は毎年のように出ています。これは蜂に刺されることでアレルギー反応を起こす人がいるからです。とくに1度刺されたことがある人は要注意です。アナフラキーショックといった激しい症状が現れることがあります。これは食べ物などでも起こりうるようです。特定の食べ物を食べると蕁麻疹などができるなどの症状が現れます。

それと蜂に刺された時の対処法で「おしっこをかける」というのがありますが、これは効果がないそうです(汗)TVで初めて知って驚いた記憶があります。(何でも知恵袋「ハチにさされたら、どうしたらいいの?」より)水で洗い流し、速やかに病院にいくことが一番確実です。
他に黒い服は蜂が寄ってきやすいので白い服を身につけるほうが良いそうです。また、漫画で蜂の軍団を見て全速力で逃げる描写がありましたが、蜂が余計興奮し、逆効果だそうです…しかし、逃げずにじっとしていられるかどうか、自信がないですね。

2006.04.29 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

花紙をイメージした子(案)

20060428200656.png


よく催し物の飾りつけの花などに使われる花紙をイメージした少女の案。まだ決定案でないので線画のみである。この子を描いたとあるサイトの管理人さんに昨日も取り上げた「ドロロンえん魔くん」に登場するバーバラというキャラに似ているといわれた。バーバラは名前のとおり、頭にバラをのせているキャラクターなのだが、この絵のバラはまるでケーキのデコレーションに使うクリームのバラのようだ。それよりもっと歪かもしれない(汗)ちなみにこの髪型はかなりの時間をかけてセットしている。

ウェットティッシュをめぐるお千代ちゃんのライバルとして考えたのだが、お千代ちゃんは彼女が対抗意識を燃やしているのにはまったく気づかず、ウェットティッシュは彼女にまったく無関心である。性格は高飛車で自意識過剰なところがある。派手な容姿に対して名前を「花子」とか「バラ子」にしようかと考えたが、彼女が激怒しそうなのでまだ名前は決まっていない。

2006.04.28 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(キャラクター設定)

鯉を揚げる

20060427202731.png


永井豪ドロロンえん魔くん」に登場する主人公・えん魔くんたちです。これはえん魔くんのファンの管理人さんたちが共同でえん魔くんの誕生日を祝う「えん魔くん誕生祭」を企画されているのでその中で描いたものです。えん魔くんの誕生日が5月5日なのでそれにちなんで端午の節句つながりです…先日に続いて鯉のぼりネタとなってしまいました(汗)ちなみに鯉を揚げたものは実際にありますし滋養強壮に効くので、えん魔くんは何らかの形で鯉を食していたのかもしれません。

アニメ「ドロロンえん魔くん」は私の生まれる前に放映されたので残念ながら未見です。再放送ですら見た記憶がないので、地元では放映されていないのかもしれません。一方、同じ永井先生の作品で「デビルマン」は再放送で見ました。ファンの方は既にご存知だと思いますが、大人になったえん魔くんたちが登場する「閻魔地獄」が「鬼公子炎魔」というタイトルで今夏OVA化されます。原作の絵とかなりかけ離れているのでファンの方の間では賛否両論あるのかもしれません。

私はこの作品には詳しくないので、作品に関する批評は避けますが、原作とアニメのギャップはいつの時代も変わらないと思います。原作をそのまま生かそうにもTVで放映するとなると表現が制限されてしまう可能性がありますし、違ってくるのは無理はありません。それに原作の量が限られているとアニメのオリジナルの話がどうしても必要になります。私は出来ることなら原作を重視してほしい派ですが、アニメはアニメで割り切って見るほうです。ただ、今のアニメにはまったくついていけない状況です。現在はCGをたくさん使うようになりリアルな表現もできるようになりましたが、昔のアニメのほうが好きな気がします。


2006.04.27 / Comments(4) / Trackback(0) / 漫画・二次創作(その他)

こいのぼり

20060426194945.png


鯉のぼりを見つめる王ドラ。鯉のぼりにちょっと手を加えて鯉の活き作りのぼりにしてみました。刺身部分がフリルのようで面白いと思いました。「鯉の活き作りはあるか」と検索で探してみたらかろうじて見つかったので、その一枚を基にして描きました。たまたま参考にした活き作りは刺身を真ん中に両端に鯉の皮がおいてありました。前勤めていた会社の出向先で忘年会がありました。そこで海産物がたくさん出てきましたが、活き作りもありました。かすかに顔がぴくぴくと動くのをみて、うっとなりました。私は刺身は好きですが、動く魚の顔を目の前にして食べるのはとても切なかったです。

最近はいろんな鯉のぼりが出ています。大きなものはもちろん、玄関に飾る小さなものもあります。私が子供の頃は保育園で作った紙の鯉のぼり(色は自分でクレヨンを塗ったものか?)がありましたが、きちんとしたものはありませんでした。家には鯉のぼりを上げるスペースすらなかったのですが、鯉のぼりがある家をうらやましく思っていました。作ってくれといった記憶はないのですが、母が風呂敷で鯉のぼりを作ってくれました。赤と青それぞれ2匹ずつありました。口は針金を入れ模様はマジックで描いたのですが、とてもうれしかったです。

鯉のぼりは最低でも3匹(黒・赤・青)いますが、私は黒はお父さん、赤はお母さん、青(もしくはそれ以外の色)は子供と思っていました。しかし、だいぶ経ってからTVだったと思いますが、お母さん鯉は存在しないことがわかりました。鯉のぼりの歌はあまりにも有名ですが、出てくるのは真鯉=お父さんと緋鯉=子供たちです。つまり、赤い鯉は子供だったのです。これを聞いた時はすごく驚きました。


2006.04.26 / Comments(0) / Trackback(0) / 王ドラ カンフーへの道!(漫画・二次創作)

荒らし撃退君

20060425202747.png


荒らしなどネットマナーの悪い人があとを立たない世の中、神様がネットマナー向上のためのソフト「荒らし撃退君」を開発し、業者に売り込んでいる。そのソフトをパソコンに入れ、ネットの掲示板で書き込みをすると手持ちのパソコンが爆発を起こすという悪評高いものである…。漫画の中でパソコンが爆発するネタはえんどコイチついでにとんちんかん」の中でもある。漫画では抜作先生がパソコンのキーを押した途端に爆発してパソコンがぶっ壊れてしまった。もし、このようなソフトが開発されれば、誰もが掲示板に書き込みをしなくなり、パソコン離れが急速に進むであろう(汗)

岐阜の女子中学生がパソコンの空き店舗で遺体で見つかり、被害者の女子と交際があった少年が逮捕された。女子中学生がネット内で自分のブログを書いていたことが分かったが、そこには彼女が加害者の少年とは別の少年を好きになったという書き込みがあったらしい。まだはっきりとしたことが分からないが、ブログの内容をめぐるトラブルの可能性があるのではないか。

ネットで自分の個人情報を気安く公開する小中学生を見かけると、ネットに対する危険意識が低いのではないかと危惧する。個人情報とは自分の本名・住所・学校名など詳細な場所が特定できるものである。そこまで細かいことは出していないもの、平気で自分の年齢をいう若い子を見かけると困惑する。また、自分のブログ内で自分の家のことや学校のことを書いている子も見かける。中には「こんなに詳しく書いていいのか」と心配したくなる内容もある。知人、友人の悪口や陰口をブログ内の中で書いていた人もいた。もし、自分の知っている人が自分のブログを見たらどうなるか考えたことはないのだろうか、あまりにも配慮が足らないのではないか。

よくオフラインの友人は入室禁止という注意書きがあるサイトを見かけるが、これははっきりいって無意味だと思う。その友人のプロバイダが分からないとアクセス制限はかけられないし、オフ友であることをばらさなければ分からないことが多いだろう。オフ友は駄目といっておきながら、サイトにオフ関係の話題を出すのは無謀極まりない。出来ることならオフラインの話題はネット内では出さないようにするしかない。直接でないがネットがトラブルの引き金になった事件は過去にもある。長崎の女子小学生殺人事件が典型的例である。

顔の知っているもの同士がネットをやると遠慮がなくなり、ますます泥沼にはまってしまう恐れがある。オフとオンの線引きをきっちりする心構えが必要であると私は思う。



2006.04.25 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

人見知り

20060424200003.png


すんさんのブログ内の掲示板で描いたものです。すんさんとのキャラクターのコラボレーションはこれで5度目でしょうか。ミナさんの親父さんのラーメン屋で相席となったウェットティッシュたち。羽鳥さん(1コマ目右)はポケットティッシュに近づこうとしましたが、坊に威嚇されてしまいました。1歳だからまだ歯は生えそろっていないのではないかというつっこみもあると思いますが、坊はおしゃぶりで自分の力を制御しています。前の漫画でもおしゃぶりを外して巨大化したり口からティッシュを出したりしていますが、力を解放した坊がどうなるかは家族も予測できません。おそらく坊の口の中は四次元空間のようになっているらしく、ティッシュを吐き出すことが出来るのではないかと思います。作者もよく分かりませんが。

よく子供に対して「人見知り」という言葉が使われます。同じ職場の人が話されていたのを思い出しました。その人がお孫さん(女の子)が親戚のめがねをかけた男性を見ると泣き出すと話されていたのを聞いたことがあります。一方の私は逆に女性よりも男性になつく方でした。決して男好きとかそういうわけではございません。私は生まれつき声が低いので、声が低い男性のほうが落着くのではないかと母が言っていました。確かに甲高い声の人のそばにいると落着かなくなります。声がでかい人もなんとなく苦手意識があります。圧迫感を感じ、萎縮してしまいます。私が思うに子供が落着く声や話し方があるのではないかと思います。これは大人になってもいえることではないのでしょうか。


2006.04.24 / Comments(2) / Trackback(0) / 漫画(他の方のオリジナルキャラと)

寝言

20060423113829.png


一緒に酒を飲む神様と佐藤君。酔いつぶれてしまった2人は寝言で会話をしています。それほど二人の絆が強いということをあらわしています。よく寝言を言っている途中で話しかけると良くないと聞きます。寝言を言うほど眠りが浅くなるので、話しかけると目が覚めてしまうことがあり余計疲れるらしいです。(参考「自分のものなのに知らない人体の雑学の部屋」より「寝言を言うその理由」の項。)こちらのページで昼寝をしている時によくなる「金縛り」は寝ぼけて夢と同じ事をしないようにするためだと知り、感心して読んでいました。

弟はよく寝言を言います。私と弟の部屋はアコーディオンカーテンで仕切りをしているだけなので、丸聞こえです。何を言ってるのかまでは聞き取れないのですが、声の抑揚で笑っているのか怒っているのかなんとなくわかります。おそらく私も何か言っているのでしょうが、へんなことを言っているのでないかと思うと、気が気でありません。


2006.04.23 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

方向音痴

20060422192726.png


神様に宅配の仕事を頼まれるゆり子さん。雲に乗って届けてほしいと頼まれたのですが、ゆり子さんはかなり迷ってしまったようです。自由の女神はアメリカだけでなく日本にもいくつか存在するのでどこの自由の女神かはあえて書きませんでした。私自身、ゆり子さんに負けず劣らずの方向音痴です。初めていく場所に向かう時は必ずといっていいほど、道に迷います。方向を間違えたり、目的地を通り過ぎたり、同じ道を何度回ったりともう着けないのではないかと何度もなきそうになったことがあります(汗)

先日、また道に迷ってしまいました。先月出産した友人に出産祝いを持っていくためにいったん付近のコンビニに車を止め、友人に家までの道を聞くことにしました。コンビニの駐車所のすぐ近くに石碑が建っていたのですが、駐車所の看板の陰に隠れていたため、見つけるのに時間がかかってしまいました…。

友人の家の付近は新しい住宅が何軒も並んでおり、そういう場所が何箇所かあるのです。しかも、似たような家ばかりなのでまた探すのに苦労しました。最初は通り過ぎたところで右折し、他の住宅地に迷い込みました。そのあと、友人から場所を知らせるメールが来たのですが、目印の石碑と方角の関係が把握できず、石碑からわずか5m先に右折する道路があることに気づくのにまた、時間がかかりました。そして、ようやく友人の家の付近まできたのですが、今度は友人の家の位置が分からず、付近の住民の人に聞く始末です。心配した友人が自宅から出たのを見た時、ようやくホッとしました。3時間おきに授乳しなければいけない友人は家から出られなかったので頼むわけにも行かず、何とか冷静さを保ち自力でたどり着くことが出来ましたが、その日はとても寒く体が冷え切ってしまっていました…。

ずっと昔に放映された「特命リサーチ200XⅡ」で方向音痴の特集をやっていたのを思い出しました。なお、この過去ログはF.E.R.C Research Report - File No.013方向音痴はどうやって起きるのか? に書いてあります。このレポートを見ると男性と女性の脳の働きの違いもあり、女性のほうが方向音痴になりやすいようです。頭で地図を描いて目的地を認識するのは男性のほうが得意らしいです。方向音痴でまた思い出したのですが、高橋留美子らんま1/2」に登場する主人公・早乙女乱馬のライバル、響良牙は極度の方向音痴でした。

2006.04.22 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

神様の祖父

神様の祖父


本名・紙田庄太郎。享年70歳。いつも家族の(心霊)写真に現れる、非常にお茶目なお祖父ちゃん。顔には「爺」の文字が書かれている。神様が4才の頃に他界したので神様自身はあまり覚えていないが、「人を驚かすのが好きで照れ屋」らしい。


2006.04.22 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(キャラクター設定)

僕の曾おじいちゃん

僕のおじいちゃん


以前の「心霊写真」で神様のおじいちゃんをだしましたが、もう一枚アップします。ウェットティッシュは神様のおじいちゃん、自分の曾おじいちゃんのことを聞きます。神様一家の背後にはちゃっかりとおじいちゃんが写っておりました。あくまでもこれは写真に写ったおじいちゃんなので、実際にウェットティッシュがこのおじいちゃんの気配を感じているのかは不明です。ただ、困った顔をしているところを見るとおじいちゃんの存在には気づいているのかもしれません。

2006.04.20 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

バックアップ

バックアップ


仕事中の神様とゆり子さんです。ゆり子さんに仕事のデーターのバックアップを頼もうとしたら、「バックドロップ」といってしまいました。それを聞いていた息子二人がこっそりとドア越しに覗いています。どうやら素で間違えたようです。

新しいパソコンになっておよそ1ヶ月が経とうとしています。容量も以前と比べたら10倍はあるので、動作もかなり速くなっています。そして何よりもCD-R(RW)などに書き込めるのが大きな利点です。以前はCD-ROMしか使えなかったため、ファイルの保存はフロッピーディスクでしていました。そのためかなりの枚数のフロッピーがスペースを占領していました。

私がはじめてパソコンを使ったのは小学校低学年の頃でした。ウィンドウズが出るずっと前のことで、フロッピーディスクも真ん中に穴の開いた大きいのを使っていました。パソコンもFDを入れるところが2つあったと思います。パソコンでも絵を描く機会がありましたが、ペンタブもなかった頃です。ペンタブを使うようになったのはここ数年のことです。

ペンタブをはじめて使ったのは富山県大島町(現在の射水市)「おおしま絵本館」の(現在は射水市大島絵本館)のCGワークショップででした。Macのパソコンで下敷きの絵を描きました。初めて持ったペンタブは力加減がつかめず、2時間ぐらいパソコンに向かって描いていたと思います。現在の絵と比べるととてつもなく稚拙ですが、出来上がったときはとてもうれしかったです。



2006.04.19 / Comments(2) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

黄砂

20060418201012.png


日曜日の地元の祭りは肌寒い日で、冷たい風が吹く中で年男(25、42、60歳)の人たちは神輿をかついでおりました。私の向かいの家の男性が今年神輿をかついだのですが、そこのおばあちゃん(男性の母親)が外に出ておりました。普段はめったに顔を合わせることもなくどうしているのだろうと思っていましたが、私たちが思っている以上に元気そうでした。風がピューピュー吹いているそばで家族の人と一緒に写真を撮ってもらっていました。今年の祭りはあまり良い天気に恵まれず、せっかく咲いた桜も雨にぬれて色あせてしまいました。

漫画に入ります。黄砂で黄色くかすんだ太陽を見つめる王ドラとブロッケン。その時、ラーメンマンが中国から帰ってきましたが全身砂まみれでした。先ほどTVで中国での黄砂について取り上げていましたが、車はこちら以上に白くなり、昼でも薄暗くなっています。よく天気予報で「初めての黄砂が観測されました…」と言いますが、実際はそれよりも早く黄砂が来ているのではないのかと思います。


2006.04.18 / Comments(0) / Trackback(0) / 王ドラ カンフーへの道!(漫画・二次創作)

この星の夕焼け

20060417200545.jpg


すんさんのブログ「珍客万来」のお絵かき掲示板で描いたものです。1コマ目は藤子・F・不二雄パーマン」のすんさんの2次創作キャラの羽鳥さん(=バードマン)です。地球での夕焼けを感傷に浸って眺めておりましたが、海で坊が大暴れし、ムードぶち壊しとなりました(汗)

この元ネタは「SUNTORY BOSS」のCMが元ネタです。ハリウッド俳優のトミー・リー・ジョーンズが地球を調査するために地球人に変装した宇宙人の設定で登場します。牛丼屋で人間たちの会話を聞くジョーンズ。「この惑星の住人はどこか抜けている。ただ、この惑星の夜明けは美しい」と最後に夜明けを見ながらコーヒーを飲んで締めくくります。宇宙人と言えばUFOですが、ずっと昔、TVの特番でUFOの目撃証言や、宇宙人に捕らえられたなどの証言が紹介されていたのを記憶していますが、この広い宇宙のことですから地球以外に生物のいる惑星はたぶん存在するのでしょう。見たことはないのかもしれませんが、私たちの中にまぎれて観察しているのかもしれません。

2006.04.17 / Comments(0) / Trackback(0) / 漫画(他の方のオリジナルキャラと)

白と黒2

20060416114249.png


昨日に引き続き、ブラック神様の登場です。「リサとガスパール」の絵本が好きな坊。2コマ目では神様とブラック神様が漫才コンビを組んでTVに出ていました(汗)「ブリザA」というのはブリザエースガスター10はそのまま使用しました。「リサとガスパール」に絡めたコンビ名のつもりだったのですが、もはや原形をとどめておりません。ウェットティッシュにも悪態をつかれています。


2006.04.16 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

白と黒

20060415201224.png


こんばんは。ようやく漫画にブラック神様を出すことが出来ました。かなり前から設定は考えていたのですが、どのようにして神様と絡めるか思いつきませんでした。仕事で外出する神様とゆり子さん。ゆり子さんは「世界には自分とそっくりな人が3人いる」と話をします。笑いながら聞いていた神様ですが、ブラック神様とばったりと出くわし「私の心に潜む悪魔め!」と蹴りを入れています。どうやら神様の頭の中は「黒=悪人」というイメージがあったらしく、ブラック神様は飛んだとばっちりを受けました。

「白と黒」と言えば正反対のもの同士のイメージが強いです。ずっと昔どこかの化粧品のメーカーの広告で「白子さんと黒子さん」と言うのがありました。あと絵本でおなじみの「リサとガスパール」も白黒コンビですね。フジパンのCMでパンの点数シールを集めるとリサとガスパールのランチグッズ(?)が当たるのをやっていたと思います。陰陽のマークも白黒でしたね。



2006.04.15 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

みんな元気!

20060414202155.png


二プロCMソング「みんな元気!」CD化希望
↑「たのみこむ」のサイトに参加者登録をしました。こちらに二プロのCMソング「みんな元気!」のCD化希望の案を出しました。二プロは医療品を扱っている会社ですが、そこに流れているCMソングがとてもいいなと思いました。二プロのサイトにCM特集のページがあります。そこでCMソングを聴くことが出来ます。→こちらで聴くことが出来ます。意外にもこの歌のCD化はされていないと言うことで、先に同じ案がないか確認したうえで発案いたしました。この曲をご存知の方や少しでも興味をもたれた方は紹介されたサイトのほうをのぞいてみてください。

漫画は坊が生まれた日の話です。神様は寝ないで一生懸命坊の名前を考えたのですが決まらず、あみだで紙子さんに選んでもらおうとしています。神様夫婦や脇役たちの名前はどんどん決まるのに、神様の息子2人の名前はまだ決まっていません。私としては神様の本名・信一(しんいち)と似た名前を考えていますが、名前が決まるのはまだ先のことになりそうです。


2006.04.14 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

感性

20060413200917.png


とある美術館である絵画を見る神様。その絵はどうも理解できない。しかし、わが子の落描きには頬が緩みっぱなしである。久々の金子さんは目を吊り上げて神様に注意した。どうやら金子さんの家の塀のようである。

ネットのお絵かき掲示板で絵を描くようになっていろんな人に出会いさまざまな絵を見ることが出来るようになった。お絵かき掲示板によって遠くの人と絵を描くことでコミュニケーションがとれることが最大の魅力である。しかし一方で、マナーの悪い人に出くわすことがあり、どう対応するか悩むことがある。私は絵そのものよりもコメントなどに配慮が欠ける人がどうも苦手のようだ。

自分の描いた絵を「下手」「雑」とか貶す人は大の苦手だ。「物は言いようで角が立つ」と言うように言い方の問題である。某お絵かき掲示板でそういう人が何人かいた。そこは人の描いた線画を塗り絵する場所だった。ある人が誰かから辛口のコメントをもらった。コメントをもらった人は「私には絵の才能がないというんですね!あなたのそういう気持ちが伝わってきましたよ!」とほとんど逆ギレの返事が返ってきた。その人に対してコメントした人は一言もそのようなことを言っていない。言い方はきつかったかもしれないが前もって「辛口になりますが」と断っている。平たく言えば「人の描いた線画を勝手に消したり変えてはいけない」「塗り残しはしないでちゃんと塗る」といった普通に読めば激昂する必要もなかったはずだ。自分の絵を冷静に見ている人は絵を貶された位でカッとならない。「そういう意見もあるのだな」と肯定して受け流すと思う。「下手」「雑」を繰り返す人ほどそれを過剰に捉えてしまうのではないか。

「上手い」「下手」といった言葉はあまりにも漠然としている。以前、私はある人のサイトに行った。その人は周りからすごく上手いといわれている人だった。その人のギャラリーのイラストを見たが、まったく感想が浮かばなかった。よく描き込まれているが、それ以上の感想が出てこない。私は通り一遍の感想を掲示板に書いただけで、それ以来、そのサイトには一度も訪れていない。率直に言えば「私の好きな絵ではなかった」ただそれだけのことだったのかもしれない。技術的には私よりもずっと上手い人であったにも関わらず私はその人の絵を見ても何も感動しなかった。いや、苦痛すら感じた。最初は私の感性がおかしいのかと思った。何も感じない私が変なのか?と真剣に悩んだことがあった。

逆に私の琴線に触れる絵とはその人の個性が現れている絵である。ぱっと見てインパクトのある絵ならラフ画でも即、コメントしたくなる。某る大規模なお絵かき掲示板のコミュニティーサイトの中にあるひとつの掲示板に時々通っているが、そこではあっと驚く絵が時々見つかる。肩肘張らないところだし、絵を描いている人もコメントをつける人も皆、リラックスしているからだ。よくコメントやアドバイスを求める人がいるが、そこでは皆無に等しい。しつこくアピールしなくても自然にコメントがつく絵はつくし、付かなくても描いた人は特に気にするわけでもない。

コメントやアドバイスをくれと連発していると逆にコメントがしにくくなって逆効果である。最近ネット上でよくそのような子供に出くわすので余計そう思うのである。


2006.04.13 / Comments(2) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

山菜取り

20060412203412.png


昨日とはうって変わって最高気温が20度近くとなり、桜も一気に咲き始めました。昨日は肌寒いくらいだったのに今日は上着を脱いでもまだ脱ぎたくなるくらいでした。桜の開花は平年どおりとなりましたが、天気がどうもいまいちのようです。晴れた日がなかなか続かないです。

山菜取りのシーズンもいよいよということで漫画もこのネタであります。山菜の種類を王ドラに聞くブロッケン、しかし、彼が取ってきたのはならぬワラビーでした(汗)オーストラリアまで出向いたのでしょうか…。

このネタを母に漏らしたら「面白くない」と言われました。今度は母が次のように話しました。母は仕事の帰りに桜を見ました。「ピンク色できれいだ」と感心してみていると後からピンク色のサングラスをしていたことに気がついたというわけです。「こっちのほうが面白いからこれを漫画のネタにしろ」という母ですが、黒のサングラスなら黒っぽい桜になるのかと一瞬、考えました。素でこういう話題をかわす親子であります。

2006.04.12 / Comments(0) / Trackback(0) / 王ドラ カンフーへの道!(漫画・二次創作)

心霊写真

20060411201122.png


今月にはいって雨の日が多くなっています。昨年の今頃はもう少し晴れの日が多かったような気がします。桜もこの天候のため開花が少し遅れているようです。もう桜が散ったところもあると思いますが、私の住んでいるところでは来週あたりになるかもしれません。

漫画は桜とまったく関係ない内容です。むしろ季節はずれかもしれません。この前撮った写真に霊が写っていると神様のほうに伝える佐藤くんですが、写っていたのは神様のお祖父ちゃんです。「また写っている」と神様は言い放っています。神様の両親に続いて今度は祖父母だと考えていました。顔は神様や彼の父親と同じく文字が入っています。「お爺さん」だと単に年老いた男性のことをさし「お祖父さん」父もしくは母の父の意味になります。しかし、爺の文字のほうがなんとなく面白そうだったので、こちらにきまりました。

神様のお祖父さんは神様が幼い頃に亡くなったので、お祖父さんのことは神様はあまり覚えておりません。しかし、人を驚かすのが好きだったお祖父さんらしく、家族の写真にちゃっかりとおさまっています。写真に写るのは好きですが特に危害を加えるわけでないので、神様はあまり驚かないようです。霊感の強い人ならこのような光景は日常茶飯事なのでしょうけど、そういうことを体験したことがない私にとっては正直、怖いです。しかし、守護霊といわれるように自分のそばにいて守ってくれる霊がいる(まったく守護霊がいないひともいる)ように、「ご先祖様が見守ってくれているのかもしれない」と思います。うまくいえませんが、この神様のお祖父さんのようにどこかで笑っているのかもしれませんね。

2006.04.11 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

成分解析

20060410202143.png

カドルコア世代さんのサイトで手に入れた「成分解析」のソフトで遊んでみました。「適当に入力した物質の成分を解析する謎のツール」だそうです。自分のHNなどを入れて遊んでみました。漫画でもそのネタを扱っています。ブロッケンJr.で遊んだら実際に次のような結果が出ました。

ブロッケンJr.の成分解析結果 :

ブロッケンJr.の34%は情報で出来ています。
ブロッケンJr.の31%は運で出来ています。
ブロッケンJr.の27%は世の無常さで出来ています。(彼の半生そのものです)ブロッケンJr.の4%はビタミンで出来ています。
ブロッケンJr.の2%は乙女心で出来ています。(ブロッケンファンが喜びそうです。)
ブロッケンJr.の1%は砂糖で出来ています。
ブロッケンJr.の1%は毒電波で出来ています。(毒ガスでないところがミソです…)

で、私のHNでもやってみたのですが、私のHNは表記によって微妙に異なるので、2つのパターンがあります。

ふくやま すみおの成分解析結果 :

ふくやま すみおの64%はカテキンで出来ています。(健康によさそうです)
ふくやま すみおの14%は嘘で出来ています。
ふくやま すみおの6%は花崗岩で出来ています。
ふくやま すみおの6%はやさしさで出来ています。
ふくやま すみおの5%は努力で出来ています。
ふくやま すみおの3%は利益で出来ています。
ふくやま すみおの1%は電波で出来ています。
ふくやま すみおの1%は運で出来ています。

ふくやますみおの成分解析結果 :

ふくやますみおの41%は月の光で出来ています。
ふくやますみおの41%は赤い何かで出来ています。
ふくやますみおの17%は理論で出来ています。
ふくやますみおの1%は花崗岩で出来ています。

スペースなしのほうがどこかロマンチックな気がします。
ついでに本名で出した結果です。

(スペースあり):

****の23%は果物で出来ています。
****の19%は鉛で出来ています。
****の14%は野望で出来ています。
****の12%は乙女心で出来ています。
****の11%は情報で出来ています。
****の10%は勢いで出来ています。
****の8%は怨念で出来ています。
****の1%は言葉で出来ています。
****の1%は歌で出来ています。
****の1%は勇気で出来ています

(スペースなし)

****の54%は砂糖で出来ています。
****の24%はかわいさで出来ています。
****の17%は言葉で出来ています。
****の4%は夢で出来ています。
****の1%は運で出来ています。

強いて言えば、勇気がもっと欲しいと思いました。今の私に足りないもののひとつです。











2006.04.10 / Comments(0) / Trackback(0) / 王ドラ カンフーへの道!(漫画・二次創作)

部活の勧誘

20060409104957.png


入学シーズンとなりました。ウェットティッシュの通う高校でも新入生が入ってくるので、部活の勧誘をしています。しかし、なぜか女装をしています(汗)女装もしないと誰も入らない部活とはかなり怪しいです。ちなみにウェットティッシュらは柔道部です。父親同士も柔道部でしたが、彼らの部活動の様子は後日描くと思います。

私が中学生の頃は部活は強制でした。体験入部と言うのがあり、第3希望まで選べます。私は運動神経がかなり鈍いにもかかわらず、運動部を選んでしまいました。その後の部活動で苦労するのは言うまでもありません(汗)なお、同級生で途中で部活を変わった人もいました。おそらくやむを得ない事情だったと思います。現在の中学では部活は特に強制ではないようです。部活動は自分にあっているかどうか慎重に考えることが大事だと、この時に痛感しました(汗)

2006.04.09 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

他人の空似?

20060408163653.png


民主党代表選挙が昨日行われました。結果、小沢一郎氏が管直人氏に47票の差をつけ、当選しました。丁度、帰宅したときに小沢さんが代表に決まったニュースを聞きました。選挙前の調査でも小沢さんが有利と聞かされていたのである程度は予想がついていましたが、正式に決まったことで民主党の今後からますます目が離せなくなりました。

漫画ではそのネタを少し入れてみました。小沢さんがなんとなくブルドッグににていると思ったので、酔っ払って「小沢さん」とブルドッグに話しかけている神様となりました。酔っているお陰で犬嫌いの神様もフレンドリーに接していますが、佐藤くんは本当のことを言えずにいます。以前から小沢さんはワンマンな印象が強く、あまり良いイメージを抱いていませんでした。時代劇で言えば悪役がぴったりそうです。「越後屋、お主も悪よのぉ」と言ってそうです。

代表が決まった後の会見で今までの豪腕のイメージを一新しようとしているのか、笑顔が見られました。今まで代表にならなかったのが不思議なくらいですが、偽メール問題でイメージが悪くなっている民主党をどう立て直すかが注目です。

2006.04.08 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

ひざ上何センチ?

20060407203041.png


昨日の「服装検査」に引き続き制服ネタです。ひざ上何センチの短いスカートの女子高生を不思議そうに見る紙子さん。2コマ目ではひざ上何センチの着物を着る神様、彼を見る女性の目は冷ややかです(汗)日清食品「日清やきそばUFO」のCMで松浦亜弥だったと思いますが、かなり丈の短い着物を着ていました。他に空知英秋銀魂」に登場するアイドル・寺門通のスタイルもそうです。

現在の私はとても素足をさらせる状態ではありません(汗。時々自転車通学する女子高生を見かけますが、スカートの中が見えそうで心配です。私の中学生のころは「スケバン刑事」のような長いスカートを好む傾向にありました。今では元もと短いのだと思いますが、恥ずかしくないのかと不思議に思います。制服は漫画の中でも反映されています。新沢基栄ハイスクール!奇面組」とガンガン(スクウェア・エニックス)で掲載されている「フラッシュ!奇面組」と比べると女子の制服のスカートの長さが明らかに短くなっています。(但し、天野邪子ら御女組メンバーはスカートは長いまま)他の漫画でも同じようなことがいえます。神様の過去の話を時々描いていますが、神様たちは現在42歳なので、スカートの長さが私のころと少し違っているのかもしれません。



2006.04.07 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

服装検査

20060406202117.png


こんばんは。本日は小学校や一部の中学校で入学式が行われました。明日あたりはほとんどの中学で入学式があるでしょう。中学と言えば校則→服装検査なので漫画は服装検査ネタです。

神様の通っている中学校で服装検査が行われています。花山先生(紙子さんの父)は生徒の服装に目を光らせています。スカートの長い佐久間さんは早速指摘を受けています。神様は髪が長いといちゃもんをつけられています。トイレットペーパーのぎざぎざの部分は一応人間で言えば、襟足の部分にあたります。しかし、襟足をどんどん引っ張ると顔がだんだん痩せてくるので、こういう風にやられると神様はかないません。

私が中学のころは外でなく体育館で服装検査が行われていました。男子生徒は必ず坊主頭、女子生徒も髪が肩にかからないくらいか縛るかでした。
爆笑問題の学校VOW」(宝島社)のなかで学校の変な校則を取り上げているページがありました。読んでみるとなぜこんなことを書かなくてはいけないのかと思うものがたくさんあります。明らかに馬鹿馬鹿しい校則もあり、なんか理不尽な校則もあります。その中で「天然パーマはそれを証明できる写真を届け出る」というのはありますが、どこかで生まれつき髪の毛が茶色い人が学校で「黒に染めろ」と強要されたことがあると聞きました。非常に複雑な思いです。今は茶髪は珍しくなくなり、黒髪の人はあまり見なくなった気がします。学校の秩序を守るにはある程度の校則は必要でしょう。しかし、天然パーマなど生まれつきのものを否定してしまうような校則はおかしいと思います。人は容姿や性格が違ってあたりまえなのであって、それによって人の心を傷つけてしまっては本末転倒だと思います。




2006.04.06 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

花見?

20060405190548.png


地球に初めて出向くので地球について勉強をしている「パーマン」のバードマンです。日本で花見の習慣があると言うことを知り、早速出向くのですがすでに場所を間違っています。この「鼻の木」は学習誌に掲載されていた手塚治虫先生の「ユニコ」に実際にあったネタです。元ネタの話は花さかじいさんをベースにしています。

ユニコと友人のS男君はキャッチボールをしていましたが、ボールが一人のおじいさんの桜の木にあたり、桜の花は散ってしまいました。おじいさんの死んだ飼い犬のお墓に植えた桜でおじいさんはとてもさびしそうでした。ユニコはその桜の花を再び咲かせました。それを意地悪じいさんが見ており、ユニコに無理やり木に花を咲かせろといいます。大きな花を要求しましたが、ユニコは魔法で咲かせたのは「鼻の木」だったと言う落ちです…。花粉症の鼻の木だったらとてつもなく鼻水が出そうです(汗)

2006.04.05 / Comments(0) / Trackback(0) / 漫画・二次創作(その他)

漫才で知る間の取り方。

20060404201942.png


松本竜助さんの告別式が行われた。西川きよしさんら共に漫才をしてきた人たちが竜助さんとの別れを惜しんだ。竜助さんがすごく皆にかわいがられた人だということがよく分かった。竜助さんの誕生日のときに紳助さんが生クリームならぬ歯磨き粉のケーキをだし、それを竜助さんは「うまい」と食べたエピソードにはほろりとさせられた。出棺をするときに彼の名付け親でもあった西川のりおさんが何度も呼びかけていたのに胸が詰まった。最後にみんながそろって「せーの、竜助!」と声を出していた。誰もが彼の早すぎる死を悼んでいた。

80年代の漫才ブームのころは小学生で、何の気なしに漫才師たちを見ていました。漫画を描くようになって、漫才の命でもある間のとり方を意識するようになったような気がします。漫画のコマのひとつに「捨てゴマ」というのがあります。これは話と直接関係ないコマなどをさすようで、ここで言う間になります。ある程度は必要ですが、多すぎるとストーリーの展開がだらだらしてしまいます。子供のころよくノートに漫画を描いていましたが、描きたいばかりにやたら長く描く癖がありました。しかし、今はとても長い話を描く気力がないし、4コマなどの短い漫画を描いているうちにこっちのほうが向いているのではないかと思いました。スペースが限られている分、台詞もなるべくすっきりしようと心がけたり、キャラクターの表情を意識して描く様になってきたと思います。



2006.04.04 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

場所取り

20060403201630.png


桜の開花も間近になりました。場所によっては満開のところもあると思います。先週の後半の3日間は冬に逆戻りして咲きかけた桜もびっくりしただろうと思います。今度は雨が降り肌寒く感じます。

漫画ですが会社で行われる花見の場所取りに現れるサラリーマンの若者です。どこも人がいっぱいで思う場所がありません。木の根元に神様の顔がポツリと置かれているのを見つけ、若者は気絶してしまいました(汗)

昔、私の地元の祭りは今月の15日と決まっていました。年男(25歳、42歳、60歳)が祭りの日になるとみこしをかついで、町中を歩きます。私の弟と父もみこしをかついでいます。最近はみこしをかつぐ人がだんだん少なくなり、祭りの日も第三日曜と変更となりました。そのため、祭りの日にはちょうど見ごろだった桜も祭りまで持たなくなってしまいました。私もこのごろ、桜を見る余裕がなくなったような気がします。温暖化の影響もあり、桜も心なしかせわしなくなったのかもしれません。私も気温の変化の激しさに体がついていかないのですが、桜も戸惑っていることでしょう。

2006.04.03 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

漫才コンビとは

20060402115308.png


紳助・竜介(後に現在の竜助に改名)」の松本竜助さんが亡くなった。先月22日に脳溢血で倒れ、相方だった島田紳助さんが知らせを聞いて駆けつけたときはすでに危篤状態だった。2人は「50歳になったらまた漫才をやろう」と話をしていたらしい。しかし、竜助さんの誕生日が目前に迫った4月1日に帰らぬ人となった。紳助さんは意識がない竜助さんに向かって何度も呼びかけていたという。竜助さんの訃報があった日、ある番組で紳助さんが司会をしていたのを見た。これは年に数回やる生番組のひとつだが、紳助さんが悲しみをこらえてTVの前に居ると思うととてもつらかった。

私が子供のころはちょうど漫才ブームだった。「オレたちひょうきん族」などどこのチャンネルをつけても漫才一色であった。B&Bツービートざ・ぼんちなど結構漫才コンビの人が居るが、私は一人の人が活躍しもう一人は影が薄くなってしまうという印象が強かった。最近では紳助さんのほうはTVでよく拝見するが、竜助さんは単独でタレント活動、Vシネマなどにも出ていたらしい。

紳助さんは「(相方に対して)家族とは違う特別な絆がある」といっていた。一方の竜助さんは紳助さんに「お前の一番のファンは俺やねん」といっていた。二人で活動しているといろんなすれ違いもあるだろうし喧嘩もするだろう。「あのコンビは仲が悪い」とささやかれたり、喧嘩別れしたコンビもいるかもしれない。しかし、一緒に仕事をした相棒との絆はたとえ解散しても、どこかでつながっているのだと私は信じたい。実際、この2人はお互いが困ったときは声を掛け合い支えあっていた。竜助さんが自己破産したときも紳助さんが「子供と家に来るといい」といい、紳助さんが暴力事件を起こしたときも真っ先に竜助さんが声をかけた。

そして、何よりも仕事をともにした相方が自分の一番のファンといってくれるのはなんと心強いことか。記憶の片隅でツッパリの格好をした2人が目に浮かぶ。竜助さんの冥福をただ祈るのみである。


2006.04.02 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

縦の文章を書くとき

20060401220809.png


PAINTBBSなどしぃアプレットのお絵かき掲示板の場合、テキストは通常横文字しか打てません。(しぃペインターは設定でテキストを縦に打つことができます。)「コピー」で絵や文字の位置をずらすことの応用です。少し時間がかかりますが、一文字ずつ移動すればきれいに縦の文章を打つことができます。このとき、絵はレイヤー0、文字はレイヤー1という具合に別々にしておいたほうがやりやすいと思います。

今日は新しいパソコンを設置していました。インターネット接続に手間取りさっきまでああでもないこうでもないと父といってました。こちらのパソコンからルーターを通して家族のパソコン(無線LAN)に電波を飛ばします。私が事前に確認をしないで周辺装置(プリンタなど)を設置していたため、ルーターやADSLモデムにつないだ線がわからなくなり、このインターネット接続で見事に手こずりました(汗)もう、さすがに懲りまして、線に「モデム側」「本体側」とシールをつけました…。一方、今まで使っていたパソコンはパソコン店に持っていくために拭きました。今までよく働いてくれてありがとうと妙にしんみりした気持ちになりました。



2006.04.01 / Comments(0) / Trackback(0) / 漫画(描写の仕方)