管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

バビロン-天使の詩-

the pillowsの「バビロン-天使の詩-」を聴きながら描いたもの。


ガモウひろしとっても!ラッキーマン」のラッキーマンと努力マン。the pillowsの「バビロン-天使の詩-」を聴きながら描いたものです。某フラッシュにも使われた曲なので、ご存知の方も多いと思います。すごくはまっていた時期はこの師弟コンビを良く描いていました。翼がまるでボンボンのようになってしまっています。よく天使など翼がついたキャラクターがいますが、翼を描くのがとても苦手です。実際の鳥のように一枚一枚羽根を丁寧に描いているのもありますが、私は細かい部分は省略することが多いです。CLAMP原作「カードキャプターさくら」の「クロウカード編」では空を飛ぶ魔法「翔(フライ)」はさくらは自分の杖に翼をつけたものに乗って飛んでおりましたが、「さくらカード編」ではさくらが自分で翼をつけて飛ぶようになりました。そのときの翼のかき方が個人的に好きです。
スポンサーサイト

2007.02.28 / Comments(0) / Trackback(0) / ファンイラスト

茫然

表情に関する150のお題123.「茫然」


表情に関する150のお題より。123.「茫然」。渾身の力で発動した神様の杖は地球を覆っている闇を一瞬にしてかき消した。そして、神様は力尽きた。一方、その様子を固唾を呑んで見守っていた佐藤一家は呆然と立ち尽くし、神様の安否を気にする。
「こんなことできるの彼しかいない…」
「あいつは一体…何処へ…」
おぼつかない足取りで神様を探す佐藤君たち…。神様が神様養成学校に通っていたことは佐藤君たちは知ってたが、神様の力はどんなものかはまったく分からなかった。ただ、別れ際の神様の顔を思い出したとき、漠然とした不安が彼らの中で膨れ上がっていたのだ。

2007.02.27 / Comments(0) / Trackback(0) / お題イラスト

舅の秘密

妻に送ったラブレターを舅に見られ、気絶する神様。


久しぶりに紙子さんのお父さんの登場です。突然、神様に「実は隠し事があったんだ」と切り出す紙子さんの父。紙子さんに送ったラブレターを舅に読まれ、失神してしまいました(汗)紙子さんのラブレターがらみのネタは何度か出しています。実は、お父さんは神様が中学生の頃から娘へのラブレターをチェックしていたという裏設定があります(汗)ラブレターの内容について触れているネタはもう少し後に描きたいと思います。

2007.02.26 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

黒田すずり

黒田すずり。ブラック神様の末の娘。


1月3日生まれ。8歳。B型。
ブラック神様(本名・黒田祐樹)の末の娘。頭には硯がのっかっていて、太目のおさげは筆をイメージしている。頭の硯は生まれつきのもの。臼井儀人クレヨンしんちゃん」に出てくる子供のような感じになった。無口で人見知りが激しい。ブラック神様は彼女を一番かわいがっているが、最近、一緒にお風呂に入るのを嫌がるようになり、父親は一抹の寂しさを感じている。動物が大好きでとても動物に好かれやすい。

2007.02.25 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(キャラクター設定)

父と娘

父と娘。一緒にお風呂に入るのを嫌がる娘を見て一抹の寂しさが…。


ブラック神様の家族が初登場です。小学生の娘のすずちゃんが落ち込んで帰って来ました。元気のない娘の様子を察し、「お風呂に入ろう」と誘ったのですが、激しく拒絶されてしまいました(汗)神様の家で愚痴をこぼし、紙子さんが慰めています。これは娘を持っている父親が必ず通らなければならない宿命でもあります。私が父親とお風呂に入らなくなったのは小学高学年の頃からです。女の子はいずれそうなると思っていたのですが、ずっと昔に観た「天才たけしの元気がでるTV」で仲の良い父と娘が集まる企画があったと思います。その中で一組の親子がいたのですが、いまだ一緒に風呂に入っていると聞きびっくりした記憶があります。娘さんは確か20代だったと思います。

有名な父と娘のコンビは数多くいます。レスリングの浜口親子やゴルフの横峯親子がそうですが、共に同じことをしながら一緒にいると顔もあわせるのも嫌になるときは非常に苦痛でないのかと気になります。レスリングの浜口京子選手はプロレスラーのアニマル浜口さんの娘ですが、「PHP」(PHP研究所)の雑誌の特集で2人の文章が載っていたのを覚えています。TVで浜口親子が出ているとどうしても父親のアニマルさんの「気合だ!」の掛け声が目立ってしまい、京子さんはどんな顔をしているのだろうとつい考えてしまいます。どんな形であれ親子が切磋琢磨する姿はいいなと思います。

2007.02.24 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

鈍感力

鈍感力…ゴミの山の部屋の中でも平気でいられる能力…ではない。


支持率が下がる一方で指導力のなさを問われ、思い悩む安倍晋三総理大臣。そんな総理に声をかける神様。汚い部屋に住めば『鈍感力』も身につくとアドバイスをしたのだが、当の総理はゴミの下敷きになってしまっている(汗)「のだめカンタビーレ」の主人公ののだめこと野田恵は掃除が大の苦手で自分の部屋が物凄い有様であったが、ピアノの才能は凄い。ただ、汚い部屋に住んで指導力が伸びるかどうかは定かではない…(汗)

参照、gooニュースより 小泉前首相、首相批判収拾に動く? 中川幹事長らに「鈍感力が大事」
↑小泉前総理が述べた「鈍感力」とは渡辺淳一の著書「鈍感力」から来ているらしい。確かに小泉さんの言っていることはもっともかもしれない。閣議の時、安倍総理が現れても他の閣僚達は起立をちゃんとしなかったり総理がいるにも関わらず私語を止めなかったりとあまりにもだらだらしているので、中川秀直幹事長が苦言を呈したが、他の閣僚からは不満の声が上がっていた。小泉さんの時の閣議の様子と比べてみると明らかに緊張感の差がある。こんなことを言われるのは安倍さんが頼りなく見られていると思われても仕方がないのかもしれない。

鈍感とは言っても悪い意味でなく、物事に左右されずに動じない心を持って欲しいと小泉さんは言いたいのだろう。下のアマゾンのページの本のレビューでも共感したという意見がある。私自身もいい意味の鈍感力が欠けているので、この件については考えされられることが多い。

参照・Amazon.co.jpより、渡辺淳一「鈍感力」。



2007.02.23 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

選挙戦はもう始まっている。

半分ほど実話に基づいています。


近所の人がとある選挙に立候補するということで、その立候補者のプロフィールを見る神様。しかし、あまりにも胡散臭いプロフィールを見て固まっている(汗)思わず息子に助けを求める顔つきになっている神様…。この漫画は半分ほど実話に基づいてる。今春、某る選挙が行われる。その選挙では私の住んでいる地区では2人定員で、3人立候補者がいる。うち2人は住んでいる地区から出馬することになっているのだが、1人は住んでいる市の議員を経験している人で、もう1人は私の家の近所におり、今回が初めての出馬となる。参政権を得て10ン年が経つが、投票を積み重ねるにつれて悩むことが多くなりつつある。今まで信頼して投票してきた議員の人が今度の選挙に出ないことになり、ますます今回の選挙は混迷を極めそうだ。

WORD BOXより。鹿児島県議選違反事件。西日本新聞
↑この事件は「ニュースリアルタイム」(日本テレビ系)で連日取り上げていたが、警察のやり方に怒りが湧き上がった。被告13人が選挙違反で逮捕されたが、全ての被告が無罪を主張している。この間に行われた取調べの様子を再現した映像が流れたが、あまりの警察側の酷いやり方に言葉を失った。この事件で逮捕され不起訴処分になった川畑幸夫さんは、取調べの際に家族の名前を紙を足首を掴まれ無理やり踏まされた。この「踏み字」をさせられた時の様子を話しながら悔し涙を流した川畑さんの姿が忘れられない。私は警察が何故そこまでしなければいけないのか疑問に感じた。この事件に限らず冤罪によって、人生が狂ってしまった人たちが数多くいる。被告の内6人が金銭を受け取ったことを認めたが、裁判で自白は強要されたものだと言っている。再現映像を見て、いくらやってないと主張してもこんな風に覆されてしまうのかと恐怖すら覚える。

以前、某る事件を調べていた警察関係者から家族に電話がかかってきたことがあった。それはまったく事実無根で、あの時は疑われた家族と私達は怒りに震えていた。後日、地元の警察の人に説明してもらったことで家族の疑いが晴れた。こういう形で無実の罪を着せられることの怖さを痛感した。選挙違反事件の判決は明日言い渡される。

2007.02.22 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

パイナップル

パイナップル。ケンケンパーといえば…?


ケンケンパーをするパイナップルの子供。半ズボンをはいていますが、性別はどちらでもOKです。ケンケンパーといえば、丸を地面に描いて片足で跳んだり両足を広げたりする遊びですが、「グリコ」「チョコレート」「パイナップル」などの言葉を使っていたような気がします。

最近は擬人化といえば、版権キャラを人間にするのが擬人化として定着しているようですが、どうも私は版権キャラを擬人化するのが苦手なほうです。人が擬人化したものを描くのは構わないのですが、自分はまったく描けません。擬人化される確率が多い漫画のキャラクターは、厳密に言えば既にこの時点で擬人化キャラとして確立しているのが多いです。

藤子・F・不二雄ドラえもんやなせたかしアンパンマン」などはその典型的な例です。美形キャラとなった彼らの姿を見ても、あの丸顔でおなじみの姿しか浮かんでこないので余計しっくりこないのかもしれません。何度か擬人化メインの別サイトを何度か拝見したのですが、私が擬人化にはまるまでには至っておりません。私自身のオリジナルキャラはほとんど擬人化したキャラばかりです。

擬人観 ウィキペディアより。
↑こちらでは擬人化の例を種類別にあげています。私のはフィクションの擬人化がほとんどですが、最近ではサブカルチャーの擬人化が増えています。以前、人間以外の無生物(国名、都道府県名)の擬人化を扱ったサイトを見たことがあります。たまたま自分の生まれた県のキャラクターがおり、妙に親近感が沸いた記憶があります。

2007.02.21 / Comments(0) / Trackback(0) / イメージイラスト(オリジナル)

鳥頭大作(とりがしらだいさく)

鳥頭大作。神様の中学時代の担任。社会科教師。


8月20日生まれ。72歳。A型。
神様こと紙田信一らの中学時代の担任。社会科教師。神様の妻、紙子さんの父(数学教師)とは同僚であった。生徒には人望が厚く、神様はこの先生の影響で、社会科が大好きになる。オヤジギャグをよくかますのだが、あまりにもさりげないので誰にも気づいてもらえないことが多い。でも、神様には受けるらしい…。鳥頭先生は子供の頃に描いた鳥のキャラクターを若干デザインを変えたものである。声は評論家の俵孝太郎に似ているらしい。

2007.02.20 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(キャラクター設定)

東京マラソン2007

東京マラソン2007。Qちゃんたちは完走できたのだろうか。


参照・ウィキペディアより東京マラソン。
参照・東京マラソン2007公式ページより。
昨日、第1回東京マラソン2007が開催されました。生憎の空模様でしたが、4万人近くのランナーが出場し、大規模な交通規制が敷かれたにも関わらず、大きなトラブルもなく無事に終了することが出来ました。絵は当大会に出場したドラえもん達です。この大会では給水用のペットボトル40万本、栄養補給用のバナナが約4万本用意されました。実際、全てのランナーにバナナが行き渡っているかどうかは分かりませんですが、絵のQちゃんのように何本も食べた人はいたかどうかは定かではありません…(汗)

昨日の「真相報道バンキシャ!」でも東京マラソンについて取り上げていました。ジョギングサークルに入っておりフルマラソンで3時間を切る実力の持ち主の女性、マラソン歴3ヶ月で挑戦する熟年の男性の参加者などの様子が映っていました。仮装をしながら走る参加者もおり、和気藹々とした雰囲気の中で行われているのを見て、こちらも楽しくなりました。


2007.02.19 / Comments(0) / Trackback(0) / イメージイラスト(その他)

孤軍奮闘

この身を犠牲にしても君を守りたい。


久しぶりに真剣モードの神様。杖が長くなっているが、杖の形状はぐにゃぐにゃに曲がっていたりまっすぐになっていたりところころと変わる。
杖は神様養成学校の卒業記念品としてもらったもの。これは学校を卒業したものしか扱えない杖で、養成学校に行っていたという証明にもなる。杖の材料は何かは不明。杖がなくてもある程度の能力を発動することが出来るが、杖で能力を増幅している部分は大きい。

2007.02.18 / Comments(0) / Trackback(0) / イメージイラスト(オリジナル)

黒いだけで

同じ黒い商品でありながら不遇なブラック神様の八つ当たり?


何故か仏頂面のブラック神様。神様の目の前には黒い綿棒が…。黒い綿棒の宣伝文句にご立腹のブラック神様、100円均一の店の店員さんは冷ややかな対応です(汗)同じ黒い商品(カーボン)でありながら不遇なブラック神様は、この黒い綿棒に対抗意識を燃やしている模様です。

Beauty&Health CONCIERGE より。耳の汚れがはっきりと分かるブラック綿棒
↑私の使ったのは100円均一のものでした。黒い綿棒は初めて見たので、ためしに自分の耳の中を掃除してみました。確かに汚れははっきり分かります…しかし、汚れがはっきり見えるというメリット以外に何があるんだろうと一瞬、考えてしまう商品でもあります。市販の鼻の皮脂をとるパックにも黒いのがあります。これも綿棒同様汚れがはっきり見えるので、「取れる」達成感が味わえるのかもしれませんが、鼻にパックのかすがついてしまうのが難点だと思いました。



2007.02.17 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

男の香り?

男の香り…香りどころか全身がバラに包まれる神様(汗)。


参照・カネボウフーズ(株)より。男性用フレグランスガム「オトコ香る」
↑昨年少し話題となったものあまりにも売れすぎて販売休止となっていた噛むと体からバラの香り成分が発する男性用フレグランスガム「オトコ香る」が再び発売されることになりました。たまたま、今日のニュースで取り上げていたのを見て、こんなのがあったなと思い出しました。加齢臭を気にする中年男性の心をわしづかみにしたガムを神様は早速、購入しています。そのガムを佐藤くんに見せていますが、佐藤くんはあまり関心がなさそうです。ガムを噛んだ神様は香りどころか全身がバラに包まれてしまいました(汗)神様を見て突っ込んでいる友達に対して、あまり関わりたくない様子ではぐらかしている息子のウェットティッシュです。神様の顔と着物にバラ模様が描かれていますが、小さくて絵がつぶれているので分かりづらくなってしまいました。以前、いつもと違うトイレットペーパーを着用し、様子が変わってしまった神様を描きましたが、これはそれとは異なる変身のようです。

私の勤めている会社に中国から来た研修生が数人います。日本に来て日が浅い研修生は何故かにんにく等の強烈なにおいがしました。彼らは寒い時期になるとにんにくなどにおいの強いものを食べる習慣があるようで、一種の寒さを乗り切る知恵でありますが、さすがににおいのことを指摘されるのか時間がたつとにおいがだんだん分かりにくくなります。

にんにくといえばキオレオピンがあります。以前、鼻の調子が悪い時に薬局でキオレオピンを飲むと鼻にいいといわれたのですが、値段がやや高いので、いつも飲むのには正直きついです(汗)しかし、過去に何度か飲みましたが、飲んでいる時は風邪が引きにくくなっていたような気がします。これで鼻に効くのもなんとなく納得がいきます。
参照・湧永製薬株式会社ページより。レオピンファイブ。

2007.02.16 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

あの人はいずこへ

井手らっきょさん、お元気ですか?


MUSASHI-GUN道-」のミヤモトムサシと相棒のロウニン(右)。宮崎県知事の東国原英夫そのまんま東)の出ているTVを見て、茶化すムサシ。ロウニンを見て、東国原知事がかつて所属していた同じたけし軍団のタレントの井手らっきょを思い出したので、こんな絵になりましたが、TVに映っている知事らしき人はアニメに登場した修行僧を基に描いているので、意識して似せてはおりません(汗)

東国原知事が知事になってからTVに出ずっぱりでしたが、本日、初めての議会に出席しました。
参照・YOMIURI ONLINEより「県政再生果たす」東国原・宮崎知事が初議会で所信
↑以前、タレント活動をしていた頃の度重なる不祥事のこともあり、ご本人が知事選に出ると言った時は正直、どうかと思っていました。しかし、当選した後の知事としての直向な活動を見て、応援したくなりました。連日のようにTVに出演する知事はタレントの時のような明るさを出しながらも、周囲の意見を真摯に聞こうとする姿勢が見られ、好感が持てました。

知事が広報活動を行うことでかなりの経済効果をもたらしておりますが、真の評価はこれから問われると思います。先日、副知事を決めるときにいろいろともめていましたが、「脱しがらみ」を掲げ、県民の信頼を取り戻せるようにまい進して欲しいと思います。

2007.02.15 / Comments(0) / Trackback(0) / イメージイラスト(その他)

シュークリーム

シュークリームって半分こしづらいと思う。


本日14日はバレンタインです。家族の分のチョコレートを帰り際に買おうかと思ったら、すっかり忘れていました。日を改めて普通のチョコレートを買うつもりです。母からチロルチョコなど細かいお菓子の詰め合わせを貰いました。昨年は少しずつ食べようとしたら、まったく手をつけていないお菓子を父に食べられました。最近はお菓子を後で食べようと思ったら、食べられてしまうことが多くなりました。

漫画はバレンタインとは無関係でシュークリームのネタです。おじいちゃんとシュークリームを半分こしようとする敏男くん。おじいちゃんは皮だけをごっそりと持って行き、敏男くんの手元には中のクリームだけが残ってしまいました(汗)漫画のシュークリームは半分に割れクリームがはみ出しているタイプのものですが、これを描いている時、シュークリームは半分こするのに向いていないのではと思いました。

ねこぢる著「ねこ神さま」2巻に収録されている「ぢるぢる4コマまんが」の中にシュークリームのネタがありました。仕事の打ち合わせのときに「昔友達が作ったシュークリームがおいしかった」と編集者に話をする作者。自分でも作ってみたが凄くまずかったので犬にやってしまったと話し、その場を去るねこぢる。

参照・午後のひとときのページより。シュークリームの作り方。
↑シュークリームを作ったことがないので、検索してみました。シュークリームの生地を作っているところは動画でも見ることが出来ます。ねこぢるさんがどの辺で失敗したのかは不明ですが、生地を作るにはコツがいるようです。



2007.02.14 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

暖冬で…

あまりの暖冬で、体がついていけない…。


図書館で読書をするブロッケンたち。あまりの暖かさに眠くてたまりません。ラーメンマンにいたっては本を枕にしています(汗)今年は暖冬で、全国的にも雪が少ない年となっています。各地の雪の関係のイベントが雪不足のため、主催者側は雪を他からかき集めるなど苦心していました。つい先日、地元で雪合戦のイベントがあったのですが、積雪量はほぼゼロで、ほとんど泥の中での雪合戦となりました。TVのローカルニュースでその様子を見ていたのですが、ここまでしなければいけないのだろうか…と一瞬、思いました。

暖冬で雪で通勤に支障が出ないのは助かるのですが、あまりの暖かさに今度はスギ花粉の飛散が早まっています。私は元々アレルギー性鼻炎ですが、乾燥しているのもあるのか、鼻が余計むず痒く感じます。一旦、通院している婦人科のほうでアレルギーの薬をもらいましたがあまり効かず、結局、耳鼻科で薬を処方してもらいました。それ以外にも朝起きたころにむせたようなセキがでることがあります。やはり、乾燥しているので余計出やすいのかもしれません。あと、季節の変わり目に弱いので、頭がボーっとすることがあります。頭は熱く感じるのに手足が冷たいいわゆる『冷えのぼせ』もよくあります。これと一緒に偏頭痛が起こることがあります。先日、久しぶりに偏頭痛となり、気分が悪くなりました。暖冬でも喜んでばかり入られないです。

2007.02.13 / Comments(0) / Trackback(0) / 王ドラ カンフーへの道!(漫画・二次創作)

小耳にかじる

小耳にかじる…正解は小耳に挟むのはず…


某所に投下したもの。元ネタは「MUSASHI-GUN道-」第2話より。GUN道を極めるためにタクアン和尚のいる大徳寺に足を向けるムサシ。修行僧に向かって「何でもタクアン和尚って日本で最初にGUN道を極めた人だって小耳にかじったからさ~」と尋ねたのだが、多分、「小耳にはさむ」が正解だと思う…。しかも、この絵の描き文字の部分、小さい「っ」が抜けている(汗)

goo辞書 小耳より。
↑小耳のほかにも「小腹」「小股」など小が接頭辞になる言葉がある。ちょっと耳にしたといえば、ニュアンスが分かる。なお、ムサシが間違って使った「かじる」の意味はこちら。
goo辞書 かじるより。
↑「昔、ちょっとGUN道をかじったことがあってさー」って感じで使えばいいのだろうか。

2007.02.12 / Comments(0) / Trackback(0) / ファンイラスト

疲れる

表情に関する150のお題117「疲れる」正義の味方の仕事の後の宿題は辛い。


表情に関する150のお題より。117「疲れる」天地の戦士としての仕事が終わったあと、疲労困憊の状態で宿題をする人志。初めの頃、変身をといた後は疲労が酷く、寝込んでしまうほどだった。回数を重ねることによってだんだん免疫もつくようになったのだが、それでも疲労はドッとくる。

正義の味方と学校生活の両立に悩まされるのは武内直子美少女戦士セーラームーン」の中でたびたび取り上げられてた。特に高校受験を控えた中学3年の頃の「セーラームーンS」ではセーラー戦士同士で勉強会をするなど、悪戦苦闘していた。夜中に敵が出ることもしばしばで、初期のシリーズでは戦いの翌日は眠くて適わないうさぎの姿もあった。

2007.02.11 / Comments(0) / Trackback(0) / お題イラスト

心で泣いて

心で泣いて…分かっているけどどうしようもないもどかしさ。


父親との間で口論となる長男・ウェットティッシュ。口論の後に気まずい思いで父の姿を襖から覗くと、神様は涙を流していた…。私自身、この漫画のように家族と衝突することがあるので、身につまされる思いで描いていた。自分のことを心配して言っているのは分かっているつもりでも、語気を荒げて言われるとパニックになり落ち込んでしまう。そういう家族間の溝をこの漫画で表したかった。

柳沢厚生労働大臣の「女性は産む機械」発言で多くの女性議員から反発を買っている。あまりの反響に自民党内からも柳沢氏の辞任を求める声が上がっている。それでもなお、柳沢氏は大臣の座にとどまろうとしている。何度も反省の弁を述べ業務にまい進しようとする気持ちは分からなくもないが、それがただでさえごたごたになっている安倍政権に火に油を注ぐようなものでないかと感じる。

民主党・柳沢厚生労働大臣の「女性は産む機械」発言について(コメント)
↑「産む機械」発言のあとの「2人以上子供を産みたいと思う若者は健全」という発言については、それほど嫌とは感じなかった。ただ、前の発言が災いしたのかなお、追求しようとする議員が出てきている。「産む機械」発言に関してはあまりにも配慮が欠けている。子供が欲しくても授からない人や病気が原因で子供を産めなくなってしまった人のことを思うと、行き場のない怒りがこみ上げてくる。

一方でネットカフェに寝泊りする「ネットカフェ難民」についてズームイン!!SUPERの中で取り上げていた。そこには家族に仕送りしながらネットカフェを渡り歩く若い男性と、家族からの虐待を受け、登録制の仕事をしながら1人で生きようとする女性が取り上げられていた。アパートから追い出され、ネットカフェで体を曲げながら寝る生活。男性は背中がS字に曲がってしまい、寝るときはコルセットが手放せない。女性はノートに自分を戒める言葉を書き、自らの気持ちを奮い立たせていた。辛かった。私自身もいつどうなるか分からないと思いながら生きている。就職氷河期に就職に苦労した年代の人たちの多くが、生活に困り苦しんでいる。少子化対策とは言うが、今の状態では希望の持てる未来は見えてこないであろう。

参照・NAKAHARA.LAB.NETより。ネットカフェ難民より。


2007.02.11 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

十文字(サングラス着用)

サングラス着用の十文字。初期の頃に描いていた落描きの中にはあった。


サングラスを着用している十文字。初めの頃にかかれてたノートの落描きにサングラスをかけている十文字がいた。ずっと前にその落描きはサイトにアップされていた。この十文字はヒゲも生えており、今よりももっとチンピラな印象だった。なお、現在の設定ではほとんどかけることはない。猫型宇宙人は人間とは耳の位置が異なるので、眼鏡やサングラス用のバンドがある。人間用のめがねバンドと似たようなものである。

2007.02.09 / Comments(0) / Trackback(0) / Fivecats'Soldiers(キャラクター設定)

ブロッコリー

ブロッコリーの木?


ウィキペディアよりブロッコリー
↑ブロッコリーと言えば、シチューや他の料理の添え物の印象が強い。上の絵は単純にブロッコリーが木に見えるので、そのまま描いてみた。私が何も見ないで木を描くといつもこんな感じになる。

知識の宝庫 目がテン!ライブラリーより ブロッコリー
↑「所さんの目がテン!」(日本テレビ系 日曜あさ7時~)の過去ログにブロッコリーのことが載っている。そういえば、最近はもっぱらブロッコリーカリフラワーはまったく口にしていない。ブロッコリーの突然変異したものがカリフラワーなのは知らなかった。カリフラワーと共に姿を見かけなくなったと言えば、ホワイトアスパラガスを思い出す。これも「目がテン!」で放映されていたと思うが、白いアスパラの方はグリーンアスパラを加工したものだと思っていた…。何の気なしにこのことを話したら母に酷く驚かれてしまった(汗)知らないことはなんて恐ろしいのだろう。

2007.02.08 / Comments(0) / Trackback(0) / イメージイラスト(オリジナル)

落ちながら

落ちながらも原稿は決して落としません。


アニメ「MUSASHI-GUN道-」2話より。一度ムサシネタで描いてみたかったので、画像を検索しながら描いたものです。こちらでは落ちながら戦うタクアン和尚のシーンに釘付けになりました。ニンジャ太郎がすごく感心していますが、落ちているというより浮いています。浮いてそのままの状態を保つ事自体、困難でしょう。子供の頃、漫画のキャラクターが何もつけずに空中を飛んだりすることに何の疑問も抱いていませんでした。漫画の中の話だから現実にない事が起こっても不思議でもないと割り切ってみていました。柳田理科雄空想科学読本」が発売された時はかなり興味を持って読みました。ここではウルトラマンなどが取り上げられていますが、翼のないヒーローがそのまま空を飛ぶことはどれだけとんでもないかこの本で知り、かなり脱力しました(汗)

空を飛ぶのと同じくらい困難なのは水上を歩く行為だと思います。佐藤正「燃える!お兄さん」では主人公のケンイチがプールの上を歩くシーンが見られました。プールの授業でケンイチのクラスの3組と不知火明のいる4組で対抗戦をすることになったのですが、ケンイチはまったく泳げません。ケンイチの番の時、火堂くんが水の上を歩く法則を突然言い出し、ケンイチは「なるほど!」と感心し水上を猛スピードで走り出します。彼はこのときプールの端まで一気にたどり着いたのです。ケンイチが並外れた体力の持ち主だったのもありますが、普通の人なら「出来ない」ということを何の疑問も持たず実行した彼も凄いとおもいました。

2007.02.07 / Comments(0) / Trackback(0) / 漫画・二次創作(その他)

悲しきバレンタイン

悲しき男の性…。


下駄箱に入ったラブレターを見てわなわなと震える佐藤くん。ラブレターをもらったことがない佐藤くんは何か悪い予感がするのか、恐れおののいております。そして、佐藤くんにラブレターを出した相手は…(汗)オリジナルの小説の「十文字奮戦記~無双編~」に登場する鬼江を青髭を描かない状態で出してみました。「神様一家」では人間、動物キャラをごちゃまぜに出していますが、なんでもありです。

Amazon.co.jpより。ネイティブが教える書き方のすべて 英文レターコミュニケーション SHO-PRO BOOKS (単行本)
↑英語の勉強から離れて10ン年が経過しておりますが、学校で習った英語がどれだけ役に立っているのか怪しく感じます。中学校時代、クラブ活動にペンパルクラブというのがありました。名前のとおり海外の人との文通を通して英語を学ぶクラブです。文法など必要最低限の基礎は出来たもの、手紙の文章は応用力も必要とするので、かなり四苦八苦していた記憶があります。

2007.02.06 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

大笑い

表情に関する150のお題1.「大笑い」キャラの表情を崩すのは好きである。


表情に関する150のお題より。1.「大笑い」。通常よりもかなり崩した表情で笑うウェットティッシュ(右)と隆志くん(左)開襟シャツ姿なのは特に意味はありません。特に隆志くんのほうは表情が怖いです。

Gyaoで「MUSASHI-GUN道-」を観ています。最初はアニメの出来があまりにも酷いと言う評判を聞き、怖いもの観たさで観始めたのですが、観れば観るほど癖になっている自分がいます。確かに原作者のモンキーパンチ先生が12年掛けて構想したアニメにしては「ここまでやっていいのか?」と思うくらいです。実際、Gyaoの番組の感想でも「酷すぎる」という意見も見られます。しかし、それと同じくらいこのアニメに惹かれた人も多くいます。絵が綺麗であるけど感情移入できないアニメに比べれば、MUSASHIのほうがずっと人間味があって面白いと思います。ただ、このアニメを他の人に薦めるのは躊躇してしまうかもしれません(汗)確実にいえるのは私のつぼにはまっているということだけです。この絵のように大笑いはしませんが、知らず知らずのうちに吹き出しています。


2007.02.05 / Comments(0) / Trackback(0) / お題イラスト

WindowsVista発売

WindowsVista発売…昨年パソコンを買い換えたばかりの管理人にとっては新しいOSはまだ先の話である。


先日発売となったマイクロソフト社WindowVistaをインストールした隆志くん。しかし、インストール後、パソコンの調子が悪いようです。その横で敏男くんが砂嵐が映っているTVを拳で叩いています(汗)神様はパソコンにかなり詳しいですが、敏男くんはまったくの機械オンチです。TVもパソコンも叩けば直ると思っているあたり、ほとんど大昔の感覚です。そんな彼にウェットティッシュの辛らつな言葉が飛んでいます。

WindowsVistaについては発売前から多くのパソコン雑誌で特集を組んでおり、Vistaについての概要を知ることが出来ました。しかし、発売も間近になったあたりでVistaについての不満を時々聞くようになりました。起動に時間がかかる、Vistaに対応するソフトが少ない、エラーが多いなどがあげられます。昨年にやっとパソコンを新しく買い替えXPのSP2となった私にとっては、OSを変更するのはまだ先の話になります。何年か経過してパソコンを買い換える時期が来るならば、だいぶOSのエラーも改善されているかもしれません。

参照・三浦優子のIT業界通信
一方、XPのSP2のサポートが当初2009年で終了の予定だったのが、大幅に延長し2014年までになりました。以前のOSの98やMeが相次いでサポート終了となり、ユーザーから不満の声が上がっていました。私もサポート終了のぎりぎりまで98を使っていましたが、パソコンも頻繁に買い換えられるものではありません。以前のOSをもう少し長く使いたい人も多くいるでしょう。インターネットなどの発達によりセキュリティなどの問題を多く抱えるようになり、古いOSではだんだん対応できなくなります。古いOSをずっと使っていればパソコン環境も危険にさらされやすいのは十分理解できますが、発売から日が浅いXPのサポート期間があまりにも短かったことについては、もう少し配慮が欲しかったというのが正直な気持ちです。


2007.02.04 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

鬼より怖いもの

鬼より怖いもの…あり過ぎてどうしていいのか分からない。


本日は節分です。幼少の頃の神様は父親に豆まきしようとせがみます。背後には花瓶を壊されて激怒する母親が角を生やしています(汗)なお、花瓶は誰が割ったのかは不明です。

怖いものの代表として「地震、雷、火事、親父」といいます。しかし、この語句でたまたま検索したら親父の部分は実は違っていたことが判明しました。本当は台風を現す『山嵐(やまじ)』の言葉が入るはずが、いつの間にか親父になってしまったようです。私は「昔の父親は怖い存在として恐れられていた」のでなんの違和感もなしにそう思っていました。↓
参照・語句 オヤジは災害?の項より。

2007.02.03 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

ねだる

表情に関する150のお題27.「ねだる」。このあと懐が寒くなる……(汗)


表情に関する150のお題より27.「ねだる」。とある店のショーウィンドウの前に立つ佐藤夫妻。恭子さんは高価そうな毛皮を眺めています。敏男くんは目を合わせないように必死です(汗)この後の敏男くんの懐が寒くなりそうです。毛皮の製品は漫画の中で女性が必ずといっていいほどあこがれるアイテムですが、私は値段を見た時点ですぐに諦めてしまいそうです。

2007.02.02 / Comments(0) / Trackback(0) / お題イラスト

「MUSASHI~GUN道~」ミヤモトムサシ

「MUSASHI~GUN道~」の主人公・ミヤモトムサシ。うおっまぶし!


MUSASHI~GUN道~」のミヤモトムサシ。アニメの中にも出ていた「うおっまぶし」のネタをやりたかったので、画像を検索しながら描いていました。銃を持ったムサシの画像はいくつかあったのですが銃が不鮮明だったため、銃口がない銃を描いた後に効果を加筆しました(汗)

現在Gyaoでアニメが無料で配信中ということで、早速登録し、みているところです。アニメの出来に関していろんな物議をかもし出しているこの作品ですが、設定そのものは結構面白いと思います。実際の史実とは異なり、豊臣氏が幕府を開いた設定になっています。


2007.02.01 / Comments(0) / Trackback(0) / ファンイラスト