FC2ブログ
管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

Can Do(笑点)

タイトルはGRANDRODEO「Can Do」より。アニメ「黒子のバスケ」OP1
歌詞タイム


タイトルはGRANDRODEO「Can Do」より拝借。アニメ「黒子のバスケ」OP1。笑点の大喜利メンバー。当初は落語家のアイテムの扇子と手ぬぐいを使ったしぐさにしようと思っていたが、曲がスポーツもののアップテンポなものだったので、大喜利の被り物や物ボケネタになってしまった。それぞれは個人的に面白いと思っていたものを選んで描いた。

落語家林家彦いち師匠に学ぶシリーズ第一弾 扇子と手拭の粋な選び方 All Aboutより。
全楽師匠が実演! 落語における扇子、手ぬぐいの使い方 マイナビニュースより。
落語家のアイテムといえば扇子と手ぬぐいだが、上の記事に林家彦いち師匠の扇子と手ぬぐいの選び方が書かれている。この2つだけでいろんなしぐさを表現するが、選び方もすごく細かいと思った。
スポンサーサイト

2018.08.31 / Comments(0) / Trackback(0) / イメージイラスト(その他)

ロングホープ・フィリア

タイトルはhttps://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12136-078555/さくらもも子さんの訃報に接して描いたもの。

53歳乳がんで死去…さくらももこさん 知られざる極秘闘病 niftyニュースより。
タイトルは菅田将暉「ロングホープ・フィリア」より拝借。映画「僕のヒーローアカデミア~2人の英雄(ヒーロー)~」、「僕のヒーローアカデミア(3期)」ED2。漫画家のさくらももこさんの訃報に接し、描いたもの。MVで歌詞をレーザーで錆を焼切る手法「リバースグラフィティ」をイメージしたもの。15日に乳がんで亡くなった事が発表されたが、一部の人を除いて公表されていなかった。子供のころ、アニメで「ちびまる子」ちゃんを知り、そのあと、エッセイなどいろんな方面で活動されていたのを目にし、著書を手に取ったこともあった。個人的に面白かったのは別名義の「うみのさかな&宝船蓬莱の幕の内弁当」だった。元夫の男性との共著であったが、一部の人しか知りえないアンダーグラウンドでコアな内容もあった。一時期の若いころの写真しかなくほとんど顔を出すことはなかったが、軽妙な文章は思わず吹き出してしまいそうになる。9月頃にでるニベアクリームの容器のデザインが遺作となってしまった。

10年以上前に従姉、今年に同級生が同じ病で亡くなった。自分自身も別のところに腫瘍ができ、何度も切った。公表していなかったとはいえ、あまりにも突然の訃報に愕然とした。行き所のない感情が湧いてくるばかりだ。

2018.08.29 / Comments(0) / Trackback(0) / イメージイラスト(その他)

えい!

元ネタは1999年9月26日放送「笑点」大喜利3問目より。奇席のソクラテスはここにあり。
1999年9月26日の大喜利3問目(笑点) アニオタWiki(仮)より。
元ネタは1999年9月26日放送の「笑点」大喜利3問目より拝借。五代目三遊亭圓楽師匠が司会だったころのもの。
この問題は回答者が「時代劇の斬られ役」になり、圓楽師匠が「えいっ!」と斬るのに対して答えるものだった。楽太郎(現・六代目圓楽)さんが最年少だった。ほかの回答者の答えも面白いが、木久蔵(現・木久扇)さんの答えが圧倒的だった。最初は師匠の林家彦六の真似で「ごくろーさん」と答えたものだったが、圓楽さんはそれを聞いて脱力していた。もうひとつは最後の回答にと振られた時だった。

「えい!」「……B!」
剣の構えをした木久蔵さんが答えた瞬間、圓楽さんと山田君はずっこけ、小遊三さんと好楽さんは座布団から落ち、歌丸さんと楽太郎さんは脱力したように立ち上がり、歌丸さんはこん平さんの横に座った。最後には山田君が歌丸さんの席にちゃっかり座った。木久蔵さんはこうして座布団を3枚獲得したのだった。昔の漫画でずっこける描写がかなり見られたが、まさにそれだった。漫画は、BとくればCだろうと、ACジャパンのCMのパロディになった。


2018.08.25 / Comments(0) / Trackback(0) / 漫画・二次創作(その他)

アイデア(笑点Ver)

タイトルは星野源「アイデア」より拝借。NHK連続テレビ小説「半分、青い」主題歌。

星野源 アイデア うたまっぷより。
半分、青い 公式サイトより。
タイトルは星野源「アイデア」より拝借。NHK朝の連続テレビ小説「半分、青い」主題歌。主人公、楡野鈴愛(永野芽衣)が景色やいろんなものの上にラップを重ねて絵を描くOPが印象的である。MVは黒いスーツで星野さんやスタッフが演奏やダンスをしながら所狭しと動いている。フルで聞いたのは初めてだが、後半の歌詞がやや切ないと感じた。歌詞を通して動く壁が「続く日々の道の先で 塞ぐ影にアイデアを」を象徴している気がした。最後の宣伝では星野さんのナレーションで「壁が動いている」と何度も強調していた。「塞ぐ影=壁」は生きている限り付きまとうけど、アイデア次第で切り開けるものだと主人公の姿を現している。


2018.08.24 / Comments(0) / Trackback(0) / イメージイラスト(その他)

Make my story(笑点Ver)

Lenny code fiction「Make my story」より拝借。「僕のヒーローアカデミア」第5期OP。

タイトルはLenny code fiction 「Make my story」より拝借。「僕のヒーローアカデミア」第5期OP。OPはヒーロー仮免許試験編に突入し、全国のヒーローの卵たちと試験に挑む雄英高校の面々たち。仮免許試験にふさわしい疾走感のある曲となっている。なお、アニメではオリジナルの話もあり、漫画では目立たたないキャラの活躍もみられる。

2018.08.19 / Comments(0) / Trackback(0) / イメージイラスト(その他)

THE DAY(笑点Ver)

タイトルはポルノグラフィティ「THE DAY」より拝借。「僕のヒーローアカデミア」OP。
歌詞タイムより。

THE DAY ポルノグラフィティの歌詞と意味 nooteより。
タイトルはポルノグラフィティ「THE DAY」より拝借。MBS/TBS系列「僕のヒーローアカデミア(第1期)」OP。これが初めてのヒロアカのOP。その後、2期は日本テレビの土曜5時半枠に移動し、現在、3期まで放映されている。
徳永英明『夢を信じて』 アニメ版ドラクエの名曲を本人は歌いたくなかった!? エキサイトニュースより。
Read more: https://www.excite.co.jp/News/90s/20170925/E1505982570084.html#ixzz5OR7Y0oHc
多くのアーティストの曲がアニメの主題歌にタイアップされることが珍しくなくなった。もともと原作である漫画が好きだった人もいれば、作品の世界観を知るために初めて読んだ人もいる。nooteによれば、アニメのテーマソングになるのが嫌で原作を読み込まなかったとある。

上のエキサイトニュースの徳永英明の話のように自分の歌がアニメに使われるのに抵抗を感じるとか、好きなアーティストの曲がアニメに使われるのが嫌という話も聞いたことがある。今は昔に比べると大人向けのアニメも増えている。これがアニメの歌だと知ってびっくりした曲もある。昔ながらのキャラやタイトルが歌詞に入っている歌も嫌いじゃない。一方でこんなアニメからこういう曲が生まれたのだという新しい発見もある。作り方はいろいろである。 

2018.08.17 / Comments(0) / Trackback(0) / イメージイラスト(その他)

僕の大喜利アカデミア

師弟つながりで描いたもの。馬面のほうよりもあの人に似てるような。
1999年11月7日の大喜利2問目(笑点) アニヲタWiki(仮)より。

元ネタは「笑点」の1999年11月7日分の大喜利2問目より拝借した。このときの司会は五代目三遊亭圓楽師匠(故人)の頃で、先月亡くなられた桂歌丸師匠がまだ回答者であり、六代目三遊亭圓楽(当時・楽太郎)がメンバーの中でもっとも若かった。この2問めは「○○して嬉しくて嬉しくて」と喜びの一言を発し、圓楽さんが「そりゃ結構だ」と相槌をし、さらに一言返すものだった。

ハプニングが起きたのは楽太郎さんの「圓楽師匠に『俺の後はお前だ』と言ってくれて嬉しくて嬉しくて」に対し、圓楽さんが「そりゃあ嘘だ」と返してしまった時だった。ショックを受けたように楽太郎さんが袖に引っこみ、歌丸さんが圓楽さんに嬉々とした顔で座布団を渡し、山田君が空いた席に座る展開となった。いつものペースで木久蔵(現在・木久扇)さんが回答した後、楽太郎さんが座布団を持って来たと思った瞬間、全部持って行ってしまった。それから次々とほかのメンバーの座布団を奪う。この騒ぎの中圓楽さんが締めようと思ったところあと1問残っていると指摘され、楽太郎さんは黙って師匠の座布団を持って行った。この後、「立ち話もなんですから」としれっと元に戻った。

上の漫画は以前から描きたいと思っていた。作風はヒロアカのスピンオフの漫画「すまっしゅ」寄りになっている。全5巻まで発売されているが、本編のおまけ感覚で読めるのがよかった。機会があれば、続編を読みたい。

2018.08.14 / Comments(0) / Trackback(0) / 未分類

Drawing days(笑点Ver)

タイトルはSPLAY「Drawing days」より拝借。「家庭教師ヒットマンREBORN!」第1期OP。
歌詞タイムより。
SPLAY ウィキペディアより。
タイトルはSPLAY「Drawing days」より拝借。「家庭教師ヒットマンREBORN!」第1期OP。SPLAYは大阪出身の2000年に結成されたバンド。「Drawing days」は2枚目シングル。ドラマやアニメの主題歌などを手掛けたが、2008年に解散。アニメのタイアップ曲で知ったバンドも少なくないが、いつの間にか解散してしまったバンドもおり、残念に思うことがある。


糸目のキャラクターのまとめ(仮完成/随時更新) naverまとめより。
絵は笑点メンバー。中高年の男性は比較的特徴がつけやすいが、昇太さんは顔のバランスが取れず、何度も描き直した。
漫画やアニメには常に目が線、いわゆる糸目のキャラが数多く存在する。海外では目が閉じている、盲目ととらえられる。日本ではそれだけにとどまらないので、日本独特の表現ともいえる。芸能人でも糸目や切れ長の目の人がいるが、見開いている状態になると、まったく似なくなってしまうことがある。

2018.08.13 / Comments(0) / Trackback(0) / イメージイラスト(その他)

だから、ひとりじゃない(笑点Ver)

Little Glee Monster「だから、ひとりじゃない」より拝借。「僕のヒーローアカデミア(2期)」OP1)および三重テレビ「第99回全国高等学校野球選手権大会」三重大会テーマソング。
歌ネットより。

タイトルはLittle Glee Monster「だから、ひとりじゃない」より拝借。「僕のヒーローアカデミア(2期)」OP1。
Little Glee Monster ウィキペディアより。
Little Glee Monsterはリトグリの通称で知られる5人組(2014年当初は6人)ボーカルグループ。ももいろクローバーZのようにメンバーのカラーも存在する。旧メンバーも入れると、ほぼ笑点の着物にある色だ。「だから、ひとりじゃない」は5人組になって初めてCD。

2018.08.05 / Comments(0) / Trackback(0) / イメージイラスト(その他)