FC2ブログ
管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

IMAGINARY LIKE THE JUSTICE(天狗+笑点Ver)

ナナホシ管弦楽団「IMAGINARY LIKE THE JUSTICE」より拝借。EXIT TUNES PRESENTS Storytellers RPG提供曲

タイトルは 岩見陸/ナナホシ管弦楽団「IMAGINARY LIKE THE JUSTICE」より拝借。2012年11月7日発売「EXIT TUNES PRESENTS Storytellers RPG」提供曲。先日同じ曲でジョジョ3部の登場人物を描いていたが、別のキャラで描きたくなった。以前描いていた「笑点」メンバーを落語の題目になぞらえたテーマで描こうと思った。元ネタは落語の「天狗裁き」より。

人形劇団ポポロ「天狗の夢裁き」
上方落語メモ第2集 「天狗裁き」
主人公の喜八が妻にどんな夢だと聞かれる。見ていないというが隠し事しているだろうと夫婦げんかになる。隣人、長屋の大家が仲裁に入るが、またもや夢の内容を聞かれてしまう。大家から立ち退きを命じられ、奉行所に詮議されることになった喜八は、また奉行から夢のことを聞かれ、またもや奉行の怒りを買い、庭につるされる。天狗にたすけられるが、またもや夢のことを聞かれ、天狗が怒り、喜八ののど元をつかみかかり苦しくなる。妻に起こされてうなされていた事に気づいたのだった。


【夢占い】迷子の夢の意味16選|子供・車・動物など状況別に夢診断
私はこの頃、いわゆる「いい夢」を見たことない。朝起きる前は外出したいのに遅刻しそう。どこかの建物に迷ったけど出られない。普段は言えない暴言を吐いてしまうエトセトラ。子供のころは空飛ぶ夢や落ちる夢もあったが、久しく見ていない。

夢日記をつけると逆に精神が不安定になるワケ プレジデントオンライン
夢の内容を記録する夢日記というのがあるが、それが原因で精神が不安になると聞く。漫画家のねこぢるさんは自分の見た夢をもとに漫画を描いていたのは本人の著書で知っていた。夢占いにもあるように夢の内容を書くことで自分を客観的にみるための指標となる。いやな夢でもポジティブな内容に書き換えるのは、「自分がこうでありたい」などの願望を見つけるためなのだろう。



スポンサーサイト




2019.10.31 / Comments(2) / Trackback(0) / イメージイラスト(その他)

IMAGINARY LIKE THE JUSTICE(ポルナレフVer)

岩見陸/ナナホシ管弦楽団「IMAGINARY LIKE THE JUSTICE」より拝借。「EXIT TUNES PRESENTS Storytellers RPG」提供曲
【GUMI】 IMAGINARY LIKE THE JUSTICE 【オリジナル】岩見陸/ナナホシ管弦楽団さん

タイトルは岩見陸/ナナホシ管弦楽団「IMAGINARY LIKE THE JUSTICE」より拝借。2012年11月7日発売「EXIT TUNES PRESENTS Storytellers RPG」提供曲。VOCALOID「Megpoid」(メグッポイド)を用いたオリジナル曲。

島爺 ウィキペディアより。
上の曲をカバーをしたものは複数存在するが、これが圧倒的に多くのMADで使われており、歌唱力も半端ない。歌詞ももちろん最初からクライマックスの連続である。島爺さんは「永遠の82歳」を称している日本男性歌手。2011年頃からボーカロイドのカバー曲をアップし、再生回数を日向電工の「ブリキノダンス」で1000万突破。2016年6月26日アルバム「冥土ノ土産」でメジャーデビュー。

島爺さんは一度バンドを結成し、メジャーを待たずに挫折の経験がある。東日本大震災が起きた時に「こういう時に音楽が必要と信じていたのに、そうでなかったと思い知らされ心が折れた」とある。先日、複数の県で台風19号の甚大な被害により、多くの人が犠牲になった。21号でも前の台風の爪痕も癒えぬまま、千葉県と福島県で規模の大きな被害が出てしまった。特に千葉県では15号での規模の大きい停電、暴風の被害が未だに尾を引く。今年は晴れの日が非常に少ないと痛感する。空はずっとどんよりとしており、心もすっきりしない。

「IMAGINARY LIKE THE JUSTICE」は戦うものすべての曲である。正義とそうでないものの線引きは非常に曖昧であり、「自分の信じるものを信じ切って戦っていくもの」だと思う。

2019.10.26 / Comments(0) / Trackback(0) / イメージイラスト(その他)

ポラリス(ジョジョVer)

タイトルはBLUE ENCOUNT「ポラリス」(「僕のヒーローアカデミア(第4期)」OP)より拝借。

歌詞 Lylical Nonsense
タイトルはBLUE ENCOUNT「ポラリス」より拝借。「僕のヒーローアカデミア」ヒーローインターン編(第4期)OP。今年の12月には第2作目の劇場版が公開予定である。予告を見たのだが、前作はオールマイトに重きを置いていたので1年A組のメンバーの一部が活躍ができなかった。まったく出番がなかった彼らも出てくるのか気になる。OPはヒーローと死穢八斎會との対決、出久と謎の少女壊理との絆、EDは壊理の幼少時も書かれた切ないものだった。漫画は飛び飛びで見ていたのでこの先の展開は非常につらいものになると想像に難くなかった。最初の歌詞は出久も含めたヒーローたちの決死の覚悟が表れている。

昨日は出久がオールマイトの元サイドキックのサー・ナイトアイのもとでインターンを申し込もうと決意、オールマイトに相談するも、ナイトアイとは訳ありで自分から紹介できないと言う。そこでナイトアイのもとでインターンを続けている先輩、通形ミリオと共にナイトアイの事務所を訪れる。「ナイトアイはユーモアを大事にする」と聞かされ、事務所に入るな否や出久はオールマイトのまねをする。ナイトアイは「オールマイトをバカにしているのか」と心証を悪くしてしまった……。前半ではヴィラン連合の弔達と死穢八斎會の若頭オーバーホールとの接触シーン。オネエキャラで筋骨隆々のマグネがあっという間にやられてしまうシーンはかなり怖かった。

2019.10.20 / Comments(0) / Trackback(0) / イメージイラスト(その他)

Fight For Liberty(花京院Ver)

タイトルはUVERworld「Fight For Liberty」(「宇宙戦艦ヤマト2199」第2期OP)より拝借。

歌ネットより。
タイトルはUVERworld「Fight For Liberty」より拝借。TBS・MBS系「宇宙戦艦ヤマト2199」第2期OP。
絵は「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」の花京院典明とスタンド「法皇の緑(ハイエロファントグリーン)」。花京院を題材に描こうと思ったら、ハイエロファントグリーンがかなり曲者だった。

ネットで検索していたら、原作やゲームの画像などがあったが、原作絵とアニメ絵が混同した感じになった。承太郎が「光ったメロン」と表現したように緑の体が何とも言えない光り方だ。ウルトラマンや仮面ライダーのようなヒーローの姿をしていながら、索敵に使うひも状のものがミドリムシのようにも見える。ミドリムシは最近食品として注目されている。藻の一種であり、動物性、植物性の栄養を兼ね備えている。関節など体の部分がロボットのように見えるが、アンドロイドっぽい。

リーゼント ウィキペディアより。
花京院の髪型だが、初登場のころは微妙に髪型が違っていた。「ジョジョの奇妙な冒険」のオールスターバトルなどで4部の主人公、東方仗助が他のキャラに髪の毛をけなされるとブチ切れるモードがある。あまり仗助のことが言えないキャラが結構いる。(特に3部メンバー)リーゼントといえば、最近では気志團のメンバーの髪型であるのだが、もともとは理容師による和製英語。リーゼントはイギリスのリーゼンストリートが名前の由来で、側頭部のぴっちりと整然とした部分をいう。前の盛り上がった部分はポンパドゥールという。



2019.10.09 / Comments(2) / Trackback(0) / イメージイラスト(その他)

ハウリングダイバー(ジョセフVer)

タイトルはBLUE ENCOUNT「ハウリングダイバー」より拝借。ミニアルバム「SICK(S)」収録。

歌ネットより。
SICK(S)(通常盤)(特典なし) アマゾンより。
タイトルはBLUE ENCOUNT「ハウリングダイバー」より拝借。8月には「実況パワフルプロ野球」(略パワプロ)のコラボ企画でも流された。絵は「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」のジョセフ・ジョースターとジョセフのスタンド「ハーミットパープル」

SICK(S)は病みつき(SICK)と6曲(SIX)とかけてるのはアマゾンの解説で知った。ブルエンの曲はアニメやドラマの主題歌にも使われて、共感を持てる曲が多い。フルはYoutubeのプレミアムでないと聴けないらしい。10月に「僕のヒーローアカデミア」の4期が始まるが、OPの「ポラリス」も楽しみである。


当初これを聴いたとき、花京院をメインで描こうと思っていた。だが、何度も聴いているうちに歌詞が老ジョセフの視点に思えてきた。「イヤホンで隠した誰かの言葉」でジョセフがウォークマンを聞いているのが思い浮かんだ。2番目の歌詞のあたりは特にそう感じた。ジョセフがこれからの若い人に向けて歌っているともとれる。

2019.10.03 / Comments(2) / Trackback(0) / イメージイラスト(その他)