FC2ブログ
管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

佐藤久美(左)

佐藤敏男、恭子夫婦の長女。兄の隆志とは年子の兄妹だった。

乳幼児突然死症候群 SIDSを知ってますか? All Aboutより。
板尾創路「受け止めるにはまだ時間かかりそう」…長女急死でコメント スポーツ報知より。
板尾創路悲痛!長女が1歳10か月で急死 同上。
7月7日生、享年1歳、A型。
佐藤敏男、恭子夫婦の長女。兄の隆志とは年子の兄妹。2歳の誕生日の前に突然他界する。以前描いた「大きくなれなかった妹(リンク参照)」では、神様の次男のポケットティッシュの前に幽霊として登場している。なお、このときの久美ちゃんは何故か少し成長しているようにも見えるが、今のところ理由は不明。

お笑いコンビ「130R」の板尾創路さんの長女が僅か、1歳10ヶ月で急死した。板尾さんが映画のイベントに参加した直後に娘さんは、突然この世を去ってしまった。2年前にやっと授かった子どもだっただけに板尾さんは彼女のことをとても可愛がっていた。板尾さん自身の著書では、子煩悩振りが書かれていた。

私には、不妊治療の末にやっと子どもの授かった従妹がいる。その子は予定日よりも2ヶ月早く生まれ、体重が1000gにも満たなかった。その頃ちょうど、祖父の病状が思わしくなく、いつどうなってもおかしくない状態だった。それでも、寝たきりの祖父にひ孫を見せることが出来、彼女の娘さんのためにお七夜を行った。その夜、祖父は皆に見守られながら息を引き取った。私は臨終寸前に、従妹が娘さんを抱いているのをはじめて見た。当時はとても身体が小さかったが、今では時折、祖母のところに遊びに行き、元気な姿を見せているそうだ。祖父の葬儀の時、葬祭会館で展示された生前の写真の中で、ひ孫の顔を見る祖父の姿があった。ひ孫に生命を託すように祖父が逝ったのだと心の中で思った。
スポンサーサイト





2009.08.19 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(キャラクター設定)

コメント

コメントの投稿


秘密にする