管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

早く人間になりたい-妖怪人間ベム、ドラマ化-

妖怪人間ベム、実写ドラマ化へ。リメイク版のアニメの存在も、初めて知りました。
妖怪人間ベム ウィキペディアより。
亀梨ベムで「妖怪人間」実写化!ベラに杏、ベロは福くん Yahoo!ニュースより。
1968年に放映されたアニメ「妖怪人間ベム」が今年の10月に実写ドラマ化されることになった。ベムはKAT-TUNの亀梨和也、ベラはモデルの杏、子どものベロは子役の鈴木福が担当する事になった。これを描く際にいろいろと画像を検索していたが、この第1作のアニメ以外に、2006年に放映されたリメイク版のアニメ、漫画版の存在も初めて知った。(これ以外も1982年に作られたパイロット版のアニメも存在する)妖怪人間ベムの画像は結構見つかったが、絵柄は第1作のアニメに似せようと思ったら、特徴がありすぎて似せられないので、リメイク版のほうを参考にした。漫画版の絵も見たが、何となくアニメの「ルパン三世」のような雰囲気だった。1982年のパイロット版のアニメの絵もたまたま見つかったが、第1作の絵柄とだいぶ異なっていた。

漫画の2コマ目は今更だが、フジテレビ系ドラマ「マルモのおきて」のEDの「マル・マル・モリ・モリ!」が元ネタ。このドラマに出演していた鈴木福くんつながりである。実写ドラマの配役を聞いたときは、アニメに何処まで合わせられるのか気になった。アニメのベムたちの年齢は不明だが、とても20代には見えなかった。
スポンサーサイト


2011.08.11 / Comments(0) / Trackback(0) / 王ドラ カンフーへの道!(漫画・二次創作)

コメント

コメントの投稿


秘密にする