管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

島田紳助、芸能界引退

芸能界のベテランの突然の引退…真実は分からないままだ
島田紳助 ウィキペディアより。タレントの島田紳助さん、芸能界引退へ GIGAZINEより。
タレントの島田紳助さんが暴力団関係者と親密なメールのやり取りをしていた事を受け、昨夜、突然の芸能界引退を発表した。今朝の新聞では1面に掲載される程の扱いで、TVニュースでも島田さんの引退に関してはかなりの時間を割いていた。記者会見では自ら引退を決めたと発言を繰り返していたが、吉本興業側からは殆ど説明がなかった。過去には女性マネージャーの暴行事件などの問題行動も少なくなかった。今日の時点で島田さんと暴力団関係者とのメールのやり取りを仲介していた友人がとある事件で被告となっている某元ボクシング選手と言われているが、いろんな情報が交錯しており、真実は定かでない。

私が島田さんを知ったのは、子供の頃の漫才ブームあたりだった。相方の松本竜介(故人)さんとのコンビで漫才の全盛期に活躍していたが、ダウンタウンが登場した頃にコンビを解散、この後、タレントとして様々な活動を行った。現在、6本のレギュラー番組を抱えていた島田さんだが、芸能界に大きな打撃を与えている。

漫画では神様達が島田さんの引退について触れている。ネームの段階では、不祥事を起こしてもすぐに復帰できる芸能界の甘さを細かく突っ込んでいたが、台詞が長くなってしまうのでだいぶ割愛した。2コマ目の神様達の「腹切れ」発言は実際の記者会見の本人の発言が基になっている。神様養成学校のビラ配りに島田さんを急遽雇ったが、神様達は冷ややかな態度を取っている。音楽活動をしたり本を出したりと才能はあったんだろうと思うのだが、レギュラー番組での発言で周囲に反感を買われることも少なくなかっただろう。

会見で島田さんの先輩であるだいぶ前に引退した上岡龍太郎さんについて触れていた。上岡さんは55歳で引退したが、自分も同じ年齢で辞めることに運命を感じていると言っていたが、上岡さんはだいぶ前から引退する事を決めていたし、島田さんには引退はするなと言っていたらしい。それに関しては一緒にしないで欲しいと思った。また、島田さんのある著書の中で「自分が辞めても芸能界は困らない、急に辞めるから困るのであって(以下略)」のような内容についても触れていた。会見の最後で自分の引き際を自虐する発言があったが、何か釈然としないものが残った。
スポンサーサイト


2011.08.24 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

コメント

コメントの投稿


秘密にする