管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

厚生省、職場のパワハラに定義を設ける

厚生省、職場のパワハラに定義を設ける…人にとって受け取り方は違うかもしれないが、深刻な問題である。
簡単過ぎる仕事、私生活介入もパワハラ…厚労省 gooニュースより。
話題のパワハラ、パワーハラスメントって?All Aboutより。

職場のいじめや嫌がらせ(パワーハラスメント)について議論する厚生省の作業部会は30日、職場のパワーハラスメント(以下パワハラ)の定義について明確にする報告書をまとめた。

少し前まではセクシャルハラスメントセクハラ)が問題になっていたが、終身雇用が崩壊し明日の仕事も保障できない日本では、深刻な問題となっている。確かに少し前までは、「我慢が足りない」と言い聞かせる事も出来ただろう。だが、雇用の保障もままならない状況の中、精神的に追い詰められて自殺する人も出ている。

身体、精神両方への暴力はもちろん、能力に合わない仕事をさせるのもパワハラの対象になる。こなせない量の仕事を押し付けたり、逆に簡単な仕事しかさせないのも同様である。ほかに人間関係の隔離(無視や一方的な左遷など)、プライバシーへの過度な介入もそれに相当する。

鉄人ガンマ 愛と官能のオシリーナ編 (プラチナコミックス)鉄人ガンマ 愛と官能のオシリーナ編 (プラチナコミックス)
(2007/01/31)
山本 康人

商品詳細を見る

山本康人「鉄人ガンマ」、および続編の「ガンマ」は大手スーパーに勤める主人公の丸麻照男ことガンマが「自分を変えたい」と格闘する物語である。「ガンマ」では高圧的な副店長がやってきて、ガンマがまさにパワハラを受ける話がある。仕事が上手くいかないときにリアルタイムで雑誌連載されていたのを読んだが、泣きそうになった事があった。休日、副店長の陰謀で仕事の妨害をされ追い詰められるが、彼は「責任を取らせていただきます」と笑顔を見せながら、仕事に向かう。悩んだ末に翌日、辞表を出そうとするがなかなか会社に入れない。出社しない彼を職場の同僚が心配し探し始める。会社の屋上では妻のオシリーナが黙って待っていて、彼に「おかえりなさい」と言ったシーンは涙がこみ上げてきた。
スポンサーサイト


2012.01.31 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

コメント

コメントの投稿


秘密にする