管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

寒波による野菜の値上げとギョウザ

寒波による野菜の高騰…
特集-浜松餃子の秘密 まいーか浜松より。
野菜高騰!そのときどうする @節約より。

強い寒気 暮らし直撃 野菜高騰2、3割 下野新聞「SOON」より。
毎日のようにTVで寒波や大雪のニュースが取り上げられ耳にたこができそうであるが、住んでいるところでは最高気温が0度を下回った。雪はどんどん降ってくる、でも、寒いから雪も溶けない。この悪循環に気が重くなりそうだ。寒波や大雪の影響で、野菜の値段が高騰している。特に葉物が高いのが痛手だ。母は葉物が高くて困るとぼやいている。人から野菜をもらう事が多いのでだいぶ助かっているが、とどまることの知らないこの寒気と大雪、週末にはいったん緩むらしいが、来週後半には再び寒くなるらしい…。

もやし炒めの素 CM 日本食研より
ぎょうざ年間購入額、首位は浜松市 宇都宮市2位転落 J-CASTニュースより。
もやしの豆知識 株式会社井澤より。
昨日のニュースで、ギョウザの年間購入額が浜松が久しぶりに首位になったと伝えられていたので、今日はギョウザネタである。浜松のギョウザといえばもやしだが、ラーメンマンは買いだめしたもやしを山盛りにして皆にドン引きされている。

もやしといえば、日本食研の「もやし炒めの素」だが、歴史の人物で有名な蘇我入鹿(そがのいるか)のミスマッチな組み合わせに嵌っている。「この人が居た時代にもやしはあったのだろうか?」と言う疑問が湧き調べてみたら、10世紀頃(平安時代前半)に書かれた日本最古の薬草の本「本草和名(ほんぞうわみょう)」に、もやしの事が書かれているのが確認されている。だが、どのようにして伝わったか等の詳細は不明である。
スポンサーサイト


2012.02.02 / Comments(0) / Trackback(0) / 王ドラ カンフーへの道!(漫画・二次創作)

コメント

コメントの投稿


秘密にする