管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

河本準一の母親生活保護受給問題

次長課長の河本準一、母親の生活保護受給について謝罪会見。ネットでは賛否両論を呼んでいる…。
生活保護問題 河本準一擁護派と片山さつき支持派で議論 アメーバーニュースより。
<河本準一>生活保護問題で「むちゃくちゃ甘い考えだった」と謝罪 返金の意向示す Yahoo!ニュースより。
先日、お笑いコンビ「次長課長」の河本準一さんが母親の生活保護受給を認め、謝罪会見を開いた。最初、このニュースを知った時は、どこからこの情報が出てきたのかは全く分からなかった。片山さつき議員が彼の母の生活保護受給について厚生省の担当課長に捜査を依頼した事が明らかになり、議論を呼んでいる。片山議員を支持する声もある一方で、河本さんを擁護する声も聞かれる。

私自身はこのニュースを聞いて、複雑な思いを抱いている。生活保護を受ける人は年々増えている一方で、申請しても受けられない人も居るのも事実だ。実際にそういう人が孤独死をするケースが後を絶たない。また、某週刊誌で楽して生活保護を不正受給を受ける人間の事を取り上げているのを知り、憤りを感じた。河本さんの母親はパートをしていたが、身体を壊し働けなくなり、生活保護を15年前ほどに申請した。その時は河本さんが全然仕事がなかった頃だった。その時を含めて福祉事務所から母親の援助が出来ないかという話があった。5、6年前には出来る限りの援助はすると申し出ているが、完全に生活保護が要らなくなるほどではなかった。これらの報道もあり、今年の4月には受給の停止を申し出ていた。

河本さんは話し合いを重ねた上で援助をしている。不正をしようとは全く思ってもいなかっただろう。だが、売れっ子になった今ならば、何故かと言われても仕方がないと思ったりもした。漫画の2コマ目でホットケ様が「家族と話が出来るだけマシだ」とやり場のない怒りをぶつけている。彼は家族から勘当されて相当苦労しているので、「生活保護を受ける=家族の援助が受けられない」というのが頭の中にあるのだ。
スポンサーサイト


2012.05.28 / Comments(2) / Trackback(1) / 神様一家(漫画)

コメント

複雑な気持ちです。
ネットからいろんな情報が流れているので正直複雑な気持ちです。悪質な不正受給をしているケースが多い事をだいぶ前に知りましたが、これはある意味警鐘を鳴らすものと考えています。

2012-05-29 火 06:52:36 / URL / ふくやま すみお / 編集


河本さんは、売れない時期も、女性が身体を使って商売をする関係の店で働いていて、高収入のアルバイトをしていたそうです。
結婚してからは、奥様が月額最低40万円の収入がありました。
現在は、5千万円と言われていますが、彼は福祉事務所と話しながらも、「もらえるものはもらっておけばいい」と、周囲に話していて、それを今回、リークしたと思われます。
どちらにしても稀有なケースです。
お母さまだけではなく、お姉さまや叔母様も受給していますので、総額1億円が税金から支払われていることになります。
表に出ている情報と、現実はかなり違うと思いますよ。

2012-05-28 月 21:46:30 / URL / Tomoko / 編集

コメントの投稿


秘密にする