管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

マダガスカルのうなぎ

うなぎ高騰の中で注目が集まったのは…?
アフリカから「うなぎ」輸入、マダガスカル産が食卓に アフリカビジネスニュースより。
もっとうなぎを知りたい『うなぎの知識あれこれ』 川口水産株式会社より。
夏の味覚 争奪戦 ~安くておいしいウナギはどこに?~ ガイアの夜明け 7月3日放送分 テレビ東京より。

ここ最近、稚魚であるシラスウナギが激減し、うなぎが高騰している。日本では土用の丑の日にうなぎを食べる事で暑い夏を乗り切ってきた。うなぎの高騰のニュースは時々聞いていたが、食べられなくなってしまうかもしれないという危機感に陥っている。今日、母が地元の店でうなぎを買ってきた。どこかの店でうな重を食べるほどお金がない。一人に二、三切れに分け、ご飯にのせてタレをかける。去年はうなぎを食べたかどうか記憶が定かでない。このうなぎもご多分に漏れず値上がりしていた。当分、うなぎはおあずけであろう。

マダガスカルのうなぎは今日のニュースで触れられていたが、初めて知ったのは「ガイアの夜明け」でだった。(本放送は7月3日分。地元では遅れて放送)うなぎの高騰は国産だけでなく、中国や台湾の輸入物にも飛び火している。そこで注目されているのは、アフリカのマダガスカルのうなぎだった。

では、マダガスカルではどのようにして食べられているのか、ここのうなぎは日本で食べられるものとは異なる異種うなぎになる。向こうでもそれなりの値段がすると言っていた。普通の家庭でうなぎを調理する様子が映っていたが、煮物にして食べていた。骨はとっている様子がなかったので、一瞬気になった。

スポンサーサイト


2012.07.25 / Comments(0) / Trackback(0) / 王ドラ カンフーへの道!(漫画・二次創作)

コメント

コメントの投稿


秘密にする