管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

メダルラッシュ、だけど、判定に一喜一憂

日本のメダルラッシュは嬉しいけど、判定で複雑な気持ちになることが…
国別メダル数ランキング Yahoo!スポーツ×スポーツナビより。
柔道男子66kg級準々決勝 海老沼、異例の旗判定やり直し MSN産経フォトより。
ジュリーとは はてなキーワードより。

日本のメダルラッシュが止まらない。柔道女子57kg級の松本薫が初出場で日本に初めての金メダルをもたらした。競泳では入江陵介ら3人が銅メダルをたて続けに獲得した。特に入江、寺川両選手は北京では振るわなかっただけに、嬉しいメダルとなった。

一方で判定でやきもきした競技もあった。体操の男子団体では内村航平選手のあん馬競技で最初は4位と表示されたが、抗議によって日本の銀メダルが決まった。だが、内村本人は「後味が悪かった」と浮かない顔で漏らしていた。このあと個人戦が残っているので、本人が納得のできる演技が出来ることを願いたい。柔道男子66kg級準々決勝の海老沼匡選手と韓国のチョ・ジュンホ選手との試合で異例の判定やり直しがあった。最初は青旗、チョ選手の判定勝ちと出たが、観客からブーイングが起こり、協議の結果、海老沢選手の勝利となった。ネット上ではこの判定がいろいろ論議されていたが、どっちにしてもすっきりしない試合だった。
スポンサーサイト


2012.07.31 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

コメント

コメントの投稿


秘密にする