管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

日本航空、再上場

日本航空、経営破綻から2年7ヶ月での再上場となったが…。

日航再上場、初値3810円 売り出し価格20円上回る 日本経済新聞より。
08月28日放送 第530回 日経スペシャル ガイアの夜明け あなたの知らない"格安航空"の真実より。
日本航空が、経営破綻による上場廃止から2年7ヶ月、東京証券取引所第1部に再上場した。初値は売り出し価格を20円上回る3810円で、フェイスブックに次ぐ今年2番目の大型上場だった。漫画では神様は空を飛ぶ飛行機を見ている。これからの会社の行く末を案じ、日本航空の飛行機の傍で飛びながらエールを送る。神様たちは平気そうな顔をしているが、実際には気圧などの関係で無事では済まないだろう。

日本航空は大幅な人員削減、コスト削減を余儀なくされ、多くのパイロットや客室乗務員が職を失った。TVのニュースでは職員のひとが公共機関を利用して会社に向かっていた。以前はタクシーを利用していたという。その他、機内の清掃などには以前は買った雑巾を使っていたが、社員の作業着が利用したりとコスト削減に努めた。確かに2年7ヶ月での再上場は思っていた以上に早いが、9年間は法人税が免除されるということで、ほかの航空会社からは疑問の声が出ている。この間に格安航空が何社も進出しており、競争が一層激しくなるだろう。
スポンサーサイト


2012.09.19 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

コメント

コメントの投稿


秘密にする