管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

森口尚史氏、詐称疑惑

「iPS細胞で臨床応用」と虚偽の発表をした森口尚史氏に経歴などの詐称疑惑。
森口氏の記事、読売6本掲載…5本で詐称の肩書(読売新聞)Yahoo!ニュースより。
山中伸弥教授のノーベル賞生理学・医学賞から間もなく、iPS細胞から心筋の細胞を作り、複数の患者に移植したと虚偽の発表をした森口尚史氏に経歴詐称の疑惑が持ち上がっている。最初に森口氏の「iPS細胞で初の臨床応用」の記事を掲載した読売新聞は、この記事が虚偽のものであった事の謝罪や他の新聞と共に森口氏に関する検証をすすめる記事等を掲載した。読売新聞では過去にも森口氏に関する記事を6本掲載しており、そのうちの5本で詐称した肩書きが載っていた事が明らかになっている。

私自身、山中教授のノーベル賞から間もない森口氏の「臨床応用」の発表に正直、驚いていた。だが、米ハーバード大学と森口氏の関わりに疑惑が持たれる記事を読んでいくうちに、違和感に気がつかなかった自分が恥ずかしくなった。ここまでに森口氏は医師の資格も持っていない、山中教授の論文を盗用したなどの話も出ている。研究者ならばなおさら横のつながりを大事にするはずだ。研究に関わっている人たちなら、「臨床応用」の発表の時点で違和感を感じていただろう。森口氏が未だに1本の移植に関わったと言っているが、彼の意図も正直、わからない。TVのニュースでは徹底的に検証すると述べていたが、全解明に力を尽くして欲しいと思う。

ミュンヒハウゼン男爵 ウィキペディアより。
ホラはいいけど嘘はダメ コトノハより。
漫画ではホットケ様が「ほら吹き男爵」をあげている。ほら吹き男爵の名前は聞いたことがあったが、これが実在の人物だったことが今日、初めて知った。ホラとウソの違いについてどう違うのか調べたが、ウィキペディアでは、他人がそうだと判断できるものや、人を楽しませる要素があるなどの違いなどが挙げられている。CLAMP「カードキャプターさくら」で主人公の木之本桜のクラスメートの山崎くんが典型的なほら吹きの例である。アニメではホラ吹きでなく嘘つきという言い方をしていたような気がするが、彼の話はなんとなく納得してしまいそうだった。
スポンサーサイト


2012.10.15 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

コメント

コメントの投稿


秘密にする