管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

調査捕鯨をめぐる裁判、国際司法裁で弁論開始

日本から捕鯨文化が消えるかもしれない?
調査捕鯨めぐる裁判、日本に不利な情勢?日テレNEWS24
捕鯨について賛否意見 Togetterより。
捕鯨に関するQ&A 外務省より。

日本から捕鯨文化が消えるかもしれない危機に陥っている。オーストラリア政府が日本政府に対して南極海での調査捕鯨を中止を求めた訴訟で、日本が国際司法裁判所での裁判に臨む事になった。しかし、裁判官16人のうち、オーストラリアを含めた反捕鯨国出身の人達と聞いたときは、明らかに日本が不利な状況だと思った。

小学校など給食のひとつとして鯨の肉が馴染みがある人は多いだろう。私も鯨の肉を食べた一人だった。捕鯨の文化は日本の国以外にも存在する。過去は乱獲によって鯨が激減したこともあったが、現在はむしろ増えていると言われている。調査捕鯨になってから決まった捕獲数でやっているはずなのになぜ、批判されるのか。シーシェパードなどの団体による捕鯨船への攻撃などがなおも止まないのは彼らを支援している団体などがあるからだ。乱獲はもちろんいけない、だが、むやみに守る事で食物連鎖がおかしくなるケースもほかの動物でもある。生命を食べることで我々は生かしてもらっている事は忘れてはならない。これはどの国にも言えることだ。
スポンサーサイト


2013.06.28 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

コメント

コメントの投稿


秘密にする