管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

期待と失望の落差-エジプト軍クーデター-

期待した分、失望も大きくなる
「クーデター」避ける米、エジプトで影響力低下 読売新聞より。
7月7日(日)小泉進次郎 自民党青年局長 来たる!(このイベントは終了しました)

東京大学准教授・池内恵 「アラブの春」遠ざかるエジプト MSN産経ニュースより。
アラブの春から2年あまり、ムバラク前大統領が退任したその後に大統領として就任したモルシ大統領だったが、政権を取り戻そうとする軍に拘束される事になる。それによる暫定政権とモルシ氏を支持するムスリム同胞団との衝突が拡大し、死傷者が出ている。ムバラク前大統領が退陣した直後は、長期独裁政権からの解放等の大義名分があった。だが、エジプトはそんなに変わらなかったのだろう。軍が政権を取り戻そうと乗り出すことになった。
彼に対する期待が大きかった分、失望も大きかったのかもしれない。

2コマ目では小泉進次郎自民党青年局長が来たのに、目を合わせない神様を描いた。参院選で盛り上がっている中、「期待をすればそれだけ失望する」と1コマ目のエジプトクーデターでのセリフをこっちへ持っていった。たまたま、小泉氏が先日、自分の住んでいる県に訪れたと新聞に書いていあったので、拝借した。
スポンサーサイト


2013.07.08 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

コメント

コメントの投稿


秘密にする