管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

阪急阪神ホテル偽装問題

食材を偽ってまで、もうけたいのか?
阪急阪神ホテルズの偽装食材一覧 JC-NETより。
【阪急阪神ホテルズ誤表示】「食品偽装」はヒルトンやプリンスホテルでも MSN産経ニュースWestより。
阪急阪神ホテルズのホテルやレストランでメニュー表示と異なる食材が使われていたことが明らかになったが、あまりの多くの偽装表示に驚きを隠せない。JC-NETの偽装食材一覧を見てみると、国産が外国産、鮮魚が冷凍ものだったなど、多くの偽装があきらかになった。
ここ最近の天候不順で野菜や魚などあらゆる食材が値上げしている。これはホテルやレストラン側にも大きな影響を受けている。様々な理由で食材を替えざるを得ないのはやむを得ない。だが、騙し続けたままお客様に出していた事は、見過ごす事は出来ない。

漫画ではホテルの偽装表示に憤っているラーメンマンに対して、リヴァイ兵長が行きつけの「汚いけど美味しい店
」を紹介している。いつどこで知ったのかは分からないが、「汚い店だけど美味しい」というフレーズはどこからきたのだろう。


あなたの町の生きてるか死んでるかわからない店探訪します (UNPOCO ESSAY SPECIAL!)あなたの町の生きてるか死んでるかわからない店探訪します (UNPOCO ESSAY SPECIAL!)
(2006/12)
菅野 彰、立花 実枝子 他

商品詳細を見る

以前、ある方からもらった本。とても怖くて入れない店に小説家の菅野彰、漫画家の立花実枝子さんが命懸けで潜入したエッセイ。店の外観もそうだが、こんな物を出しているのかと信じられないくらいの話が出てくる。実際に店で食べた後にリバースするなどの、エピソードも余すところなく書いてある。評価は割れているが、個人的には面白い。自分で試す勇気はないけれど。
スポンサーサイト


2013.10.25 / Comments(0) / Trackback(0) / 王ドラ カンフーへの道!(漫画・二次創作)

コメント

コメントの投稿


秘密にする