管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

全国高校サッカー選手権決勝、北陸対決に

隣県同士の対決、初の決勝進出!
大会速報 第92回全国高校サッカー選手権大会 日本テレビより
富山第一と星稜で決勝=京都橘、四日市中央工敗れる-全国高校サッカー 時事ドットコムより。
第92回全国高校サッカー選手権大会準決勝、「富山第一(富山)×四日市工業高校(三重)」、「星陵(石川)×京都橘(京都)」の2試合が行われ、富山第一と星陵が決勝進出となった。北陸勢同士で、お互い、初めての決勝進出となる。富山第一は柳沢敦(現在、ベガルダ仙台)、星陵が本田圭佑(現在、ACミラン)の母校でもあるが、彼らがいたときは準決勝で敗退している。富山第一はPK戦までもつれ込み、5-3で制した。準決勝2試合はTVでやっていたが、とても怖くて観る事ができなかった。彼らの決勝進出を知ったのは、ハイライトシーンからであった。


4強の富山第一・大塚監督「富山をサッカー王国に」/高校選手権 サンスポより。
富山第一の大塚一朗監督は海外でのコーチ留学の経験を持ち、就任2年目となる。次男はキャプテンで背番号10を背負う、大塚翔選手。親子で同じスポーツ、同じチームで活躍するのは珍しくないケースであるのだが、私自身、抵抗感はないものかと思ったりもする。しかし、優勝経験のある高校に対し一歩も譲らない試合を進めた彼らをみて、優勝は夢では無くなったと感じた。隣の県で先日ACミランに移籍した本田圭佑選手の母校でもある星陵はかなりの強敵である。同じ県の人間として、勝って欲しいと思う。

スポンサーサイト


2014.01.11 / Comments(0) / Trackback(0) / 王ドラ カンフーへの道!(漫画・二次創作)

コメント

コメントの投稿


秘密にする