管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

冷凍食品農薬混入事件、49歳契約社員逮捕

中国冷凍ギョーザ事件の被告の無期懲役の判決から、間もない逮捕となったが…

農薬混入、49歳契約社員を偽計業務妨害で逮捕 読売新聞より。
ギョーザ事件被告に無期懲役=「計画的で多数に被害」―日本の世論、配慮か・中国 Yahoo!ニュースより。
食品大手「マルハニチロホールディングズ」の子会社「アクリフーズ」群馬工場で製造された冷凍食品に農薬マラチオンが混入された事件で、群馬県警は今日、同工場の49歳の契約社員の男を偽計業務妨害容疑で逮捕された。

農薬混入、契約社員の男逮捕へ…服にマラチオン 読売新聞より。
これは逮捕報道が流れる前の記事。この前のニュースでは複数の従業員の靴から農薬が検出されていたと聞いていた。この時点で容疑者の絞込みが進んでいたようだが、逮捕された男は14日から行方不明になり、昨日24日に埼玉県内で見つかった。この事件が単独か複数によるものかはまだ分からないが、数日前に数年前の中国冷凍ギョウザ事件で、製造された冷凍ギョウザの工場で働いていた男が、無期懲役の判決を言い渡されたばかりだった。想像したくなかったが、やはり、何らかの不満があって犯行が行われたのか。

偽計業務妨害罪とは コトバンクより。
これに該当するケースといえば、人気漫画「黒子のバスケ」の作者への一連の脅迫事件がある。単行本など関連商品を置いてある多くの店舗に撤去するように脅迫状を送りつけた。この罪自体は3年以下の懲役、または50万円以下の罰金と非常に軽く感じるが、今回の事件は冷凍ギョウザ事件と同様に多くの消費者を不安と恐怖に陥れ、全国から商品を回収する事態となった。中国冷凍ギョウザ事件までとはいかなくても、かなり重い罪であると思う。
スポンサーサイト


2014.01.25 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

コメント

コメントの投稿


秘密にする