管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

やりたい邦題

原題とかけ離れた邦題はなぜ生まれたのか。
永遠のフランクザッパ ロッカー永田のページより。
番外編 フランクザッパの邦題を研究する。Star-Helix Zappaより。
2009-08-03 フランク・ザッパの邦題 Trash Box
フランク・ザッパ ウィキペディアより。

先週の土曜日から昨日にかけて、父の学生時代の友人が住んでいるところへ両親と共に遊びに行っていた。当初は両親だけの予定だったが、せっかくの機会なので私もついて行く事になった。この漫画はそのときに考えたものだが、父が友人とギターを弾きたいというので、じぶんのギターまで持ってきた。父の友人はたまたま、学生時代に書いていたギターの楽譜や自分の作った曲の紙を持っていた。2人はしばらくギターを弾いていた。その晩は、父は友人宅、母と私はビジネスホテルに別々に泊まっていた。後から聞いた話では、ギターよりも、寝るまで話していたらしい。

元ネタは一応実話からだが、テーマは多彩な音楽活動をしていた、フランク・ザッパの曲の邦題である。昔の映画にもあったようになぜか、原題とかけ離れている邦題があったりする。一番意味不明だったのは、「No Not Now(今は納豆はいらない)」である。空耳系と思われる。今では原題そのままか、カタカナだろうが、邦題を考えた人はユーモアがあったのか、ヤケクソで考えたのか気になった。
スポンサーサイト


2014.02.25 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

コメント

コメントの投稿


秘密にする