管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

慣れない機能は戸惑う 事ばかり

WindowsXPの終了に伴い、ペンタブを新調…変わりように驚き。

wacom Intuos Pen & Touch Comic small Sサイズ CTH-480/S1wacom Intuos Pen & Touch Comic small Sサイズ CTH-480/S1
(2013/09/06)
ワコム

商品詳細を見る


4月9日にWindowsXPが終了するのに伴い、現在使っているWindows7のノートパソコンでは今のペンタブは使用できないため、上のワコム Intuos Pen&Touch Comic small Sサイズを買うことにした。今使っている2台目、intuos2は10年以上使ってきた。パソコンがWindows98SE頃から使い、現在のXPまでスペックの少なさに耐えながらよく持ってくれた。厳密に言えば、一度ペンが動かなくなって、一度ペンだけを買い替えたことがある。XPのパソコンはネットを接続しなければ使えるのかもしれないが、安全に使える保証がどこにもないので、購入に至った。

某家庭量販店にこのintuosシリーズが複数あった。1台だけ直接描ける液晶タブレットがあったが予算にあわないので、それは除外した。このintuosシリーズは、付属するアプリケーションソフトが異なるものが2つあったが、私はイラストやマンガのソフトが入ったComicのほうを購入した。もう少し大きいMサイズもあったが、自分の机に置くにはSで十分であった。CLIP PAINT STUDIO PRO(ダウンロード版)も付属する。過ぎた後は、「DEBUT」に継続使用できるし、製品版にアップグレードすることもできる。専用のサイトにアクセスして手に入る。2年ライセンスはじっくり使えていいかもしれない。そのほかのフリーのペイントソフトとして知られるPixiaフルセット版、水彩LITE、ふぉと7などがある。

Pixiaはフリーのペイントソフトとしては古株なほうだが、動作が重く、操作も複雑な印象があったため、何度も挫折している。現在のAzPainterが一番性に合っているわけだが、ほかのソフトにも挑戦してみたい気持ちもある。 
スポンサーサイト


2014.04.05 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

コメント

コメントの投稿


秘密にする