管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

上海の食品会社、使用期限切れの食肉販売

腐った肉を混ぜて加工……自分の口に入ったかもしれないと思うと…
中国企業の食肉安全問題、米スタバや日本マクドナルドに拡大 ロイターより。
病死した鶏も? 期限切れよりもっと怖いマクドナルドの中国産鶏肉 ビジネスジャーナルより。
中国・上海の食品加工会社で、使用期限切れの鶏肉を加工して販売していると報じられた問題で、22日、日本マクドナルドとファミリーマートは、この会社から鶏肉を仕入れていることが判明したとして、一部メニューの販売を中止した。
日本マクドナルドでは、チキンマックナゲットのおよそ2割をこの会社から輸入していたことを明らかにした。問題の鶏肉を使っていた店舗では、鶏肉の調達先をタイや別の中国の企業に切り替えて、販売再開する。ファミリーマートは全国で取り扱っている「ガーリックナゲット」、21日に一部の店舗で実験発売をしたポップコーンチキンに関して販売を中止した。

え!うそ~!マックのチキンは中国産で薬漬け? NAVERまとめ。
中国のTVのニュース番組で、その工場内へ潜入した映像が映っていた。信じられないことに、マクドナルドの関係者がいる前では正規の商品を見せていたが、帰った途端に不良品を一緒に流していた。また、明らかに色が変わって腐ったと思われる肉をためらいもなく使用していた。

これを見た瞬間、マクドナルドへ行ったのはいつだったかと思い出そうとしていた。近年、地元にはマクドナルドの店はなく、ここ最近はマクドナルドの商品を口にしたことはなかった。しかし、チキンナゲットのようなあの形のものは、子供のころ、冷凍食品などで好んで食べていた。あの時は、どこで作ったものか気にしたことがなかった。しかし、食品表示が細かく義務つけられるようになってから、どこの産地で作られたのかをかなり、気にするようになった。中国の食品の安全問題に関しては、以前からさんざん言われていた。NAVERまとめでも、中国産のブロイラーが成長ホルモン剤などを投与され、薬漬けであることを昨年末に報道されていたことを明らかにしている。

いつだったか覚えはないが、冷凍食品が中国で作られたものと知った時、気軽に買えなくなったことを思い出した。冷凍食品に限らず、中国と表記されているものは避けるようになった。日本の食品検査がとても厳しいおかげで、安全な食生活が成り立っているかを痛感した。そして、ますます、中国に対する食品の不安が増すばかりだ。
スポンサーサイト


2014.07.24 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

コメント

コメントの投稿


秘密にする