管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

覆面バンド

覆面をしながら歌うのは大変なのでないか。
隠されてると気になる?日本のアツい覆面バンドたち NAVERまとめ

ムック (バンド) ウィキペディアより。

故に、摩天楼(初回生産限定盤)(DVD付)故に、摩天楼(初回生産限定盤)(DVD付)
(2014/09/10)
ムック

商品詳細を見る

ムックというバンドは、「金田一少年の事件簿R(リターンズ)」の第2期OP「故に、摩天楼」で初めて知った。ウィキペディアでバンド名の由来を読んだら、メンバーの友人がたまたまガチャピンを候補に出してきたが、メンバーが「ガチャピンよりムックじゃねーの?」と発言。最近は名前の由来は省略されて答えているらしいが、このムックが起源らしい。
MAN WITH A MISSION ウィキペディアより。
「ENDER ENDER」のMVのライブでは、ムックがメンバーと共演、それをTVで観ていたガチャピンが後から押しかけてくる流れになっている。ただでさえ人いきれの中、暑いのにムックは顔色一つ変えず(中の人はどうなっているかしらないが)踊っていた。最後のほうでは後から来たガチャピンが楽屋でぐったりしている姿があった。最近は、オオカミの覆面バンドとして知られるMAN WITH A MISSIONが注目されている。顔を隠して活動するバンドとして、紙に印刷された似顔絵を使ったBEAT CRUSADERSも有名(2010年に解散)である。たまたまマンウィズが出ていた番組を見てみると、メンバーの一部は日本語をしゃべれるらしい。最近では永井豪原作「デビルマン」とのコラボのMVも発表している。
スポンサーサイト


2014.08.09 / Comments(0) / Trackback(0) / 王ドラ カンフーへの道!(漫画・二次創作)

コメント

コメントの投稿


秘密にする