管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

和紙、無形文化遺産に登録

和紙、昨年の和食に引き続き、無形文化遺産に登録。
27日、国連教育科学機関(ユネスコ)は、フランス・パリの政府間委員会を開き、日本政府が推薦した「和紙 日本の手漉(てすき)和紙技術」を無形文化遺産に登録することを決めた。登録の対象となるのは国の重要無形文化財に指定されている本美濃紙(岐阜県)、細川紙(埼玉県)、石州半紙(島根県)。クワ科の植物、コウゾを原料に作られる。石州半紙は2009年に単独で無形文化遺産に登録されており、他の和紙の遺産登録を目指し、2013年に2つの和紙を追加して、再提案となった。

和紙が無形文化遺産に 登録された3つの和紙は他と何が違う?ハフィントンポストより。
和紙は各地で作られているものだが、選ばれた3つの和紙はどんな特長を持っているのだろう。まずこの3つはコウゾだけを材料にしていること、国産の材料だけを使っていること、それと、初めて知ったのだが、時間が経つにつれてこの和紙は
「白くなる」というのだ。大半の和紙は塩素漂白されており、これは時間が経つと黄ばんでしまう。他にも水に強い、強度があるなどの特長を持ち、現在に至っている。

私は、習字用紙、障子紙などしか思い浮かばなかったが、最近では和紙を使った商品がたくさん作られている。TVのニュースで紹介してた中に手提げかばんや帽子、スリッパがあった。時代が変わってもいろんな形で残るこの文化を大事にしていかなければならない。
スポンサーサイト


2014.11.27 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

コメント

コメントの投稿


秘密にする