管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

高橋ジョージ、三船美佳離婚騒動とモラハラ

被害者と加害者がお互いに気付かないまま共依存となる、モラハラ…あなたは大丈夫ですか?
高橋ジョージ・三船美佳の離婚原因と噂されるモラハラって何? (1/2ページ)ZAKZAKより。
許すまじ! モラルハラスメント All Aboutより。
「THE 虎舞竜」のボーカルの高橋ジョージとタレントの三船美佳夫妻が離婚危機にあると一部の新聞で報道があった。24歳の年齢差の年の差婚で、おしどり夫婦と言われた2人だったが、一昨年から三船さんは家を出て、関西に活動拠点を置いている。離婚の原因とも言われているのが、モラルハラスメント(モラハラ)である。

三船美佳・高橋ジョージの離婚原因とされる「モラハラ」とは?NAVERまとめより。
三船さんは16歳の若さで結婚したのだが、若い時は感じなかったことが、経験を経ることにつれ違和感を感じるようになったと思われる。「高橋さんが家にいるときは外出してはいけない」「1日のスケジュールを報告しなければならない」など束縛されることが多く、「お前は生きている資格がない」など人格を否定するような言葉を連日浴びせられることがあったという。結婚した当時はまだ高校生、高橋さんも最初は保護者の役割も担わなくてはならないと思っていたのだろう。しかし、三船さんに子供も生まれ、ママ友や仕事での付き合いが増えるとおかしいと思う事が増え、生活に支障が出るほどの精神的苦痛となった。会って話をしたいという高橋さんに対し、三船さんは顔を見たくないと言っている。

高橋さん側はモラハラに自覚がなかったように思われる。仕事が全盛期のころに比べると激減し、家にいる機会も増えた。もしかしたら、不安もあったのかもしれない。しかし、それがパートナーの束縛に拍車をかけ、結果、追い込んでしまった。某番組で、高橋さんが「ロード」で得た印税を2年で使い切ったというエピソードを聞いて、金銭感覚がついていけないと思った。本人は夜遅くまで酒を飲んで、朝帰りすることがあっても、妻に対しては家に居ろとか言われたら、それはおかしいと思っても当然である。今のところ、女医でタレントの西川史子さんは、高橋さんを擁護しているが、三船さんに対しては、ブログなどに同じ経験をした人たちからの励ましのコメントが寄せられている。

セクハラやモラハラなど様々な状況で起こりうることである。加害者と被害者が気が付かないまま共依存の関係になってしまう事もある。お互いにそれを自覚することが脱出の道である。そのためには、相手以外の周囲との関係を持つことが必要となる。
スポンサーサイト


2015.01.23 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

コメント

コメントの投稿


秘密にする