管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

海遊館セクハラ訴訟、最高裁「処分は妥当」

たかがセクハラ、されどセクハラ…。

セクハラ処分は妥当 大阪・海遊館職員の上告審で最高裁判決 日本経済新聞より。
海遊館で1年以上セクハラ発言?「言葉のセクハラ」懲戒処分は妥当の逆転判決 NAVERまとめより。

大阪市の水族館「海遊館」の管理職の男性が部下の女性派遣社員のセクハラ発言をめぐり、出勤禁止の処分が重すぎると訴えた裁判で、二審で「処分が重すぎる」と無効になったが、最高裁は26日、企業側の処分は妥当と認めた。当時40代の課長代理の男性は、派遣社員の女性に1年以上にわたるセクハラ発言を繰り返した。被害報告を受け調査した会社は、男性に30日間の出勤禁止、10日間の懲戒処分、および降格にした。男性は事前報告もなく、処分は不当と訴えていた。

私自身は、男性のセクハラ発言に対する認識の甘さを考えると、処分は軽すぎると思った。企業側ではセクハラ研修を行っていたが、男性はそれを真摯に受け止めていなかった事と、セクハラ発言が女性が一人の時に行われた事などがきわめて悪質だと思った。さらに水族館は老若男女が訪れる場所であり、それがイメージダウンや業績悪化につながる恐れがあることだ。

職場のセクハラは、仕事で不利益(仕事の指示がもらえないなど)を受ける「対価型」、性的な発言などによって不快感を感じる「環境型」がある。性別、身体、精神関係なく、職場に居づらくなることは被害者側にとって苦痛以外の何物でもない。それによって今後の人生が変わってしまうと言っても過言でない。セクハラなどの相談件数は増えているもの、泣き寝入りしている人も少なくないだろう。企業側のモラルも問われる。
スポンサーサイト


2015.02.27 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

コメント

コメントの投稿


秘密にする