管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

官邸にドローン落下

官邸屋上にドローン、放射線検出…ドローンに対する法規制は?
官邸屋上にドローン 放射性セシウム確認 NHKニュースより。
官邸にドローン 政府、関係省庁連絡会議開き、法規制へ Yahoo!ニュースより。
世界に出没 中国製ドローン「ファントム」とは 開発ベンチャー、低価格で急成長 日本経済新聞より。
22日の午前に総理大臣官邸の屋上に小型無人機「ドローン」が落ちているのが見つかった。そこからは放射線セシウムが検出された。問題の機種は中国製のDJIの「ファントム」で、もともと白い機体が黒く塗られているなどの改造が見られた。把握されないように夜間に飛ばした可能性がある。この事件を受け、関係省庁連絡会議を開き、法規制に向けて検討をする。

すごい未来がやってくる!無人飛行機(ドローン)が今、アツい まとめNAVERより。
ドローンについては、最近注目されるようになり、いろんな分野で関心が高まっている。映像の分野ではより高い場所からの撮影が可能となる。また、アメリカでは、アマゾンのドローン配送システムの実験が行われている映像があった。ZIP!では事件のニュースを受け、実際にスタジオ内でドローンを動かしていた。予想以上に音が大きく、かなりの風圧があったようだ。一方で、500mlのペットボトルを簡単に持ち上げていた。

現在、日本国内では空港周辺などの場所を除き、地上から250m未満なら、自由に飛ばせる。しかし、事件の直後、官邸の傍でドローンを飛ばそうとした男女が現れ周囲は騒然となった。また、「TOKYO MX」で、官邸の事件を受け、資料用の映像のためにドローンを飛ばし、誤って英国大使館内に落下させる事態となった。官邸の近くで飛ばそうとした男女に関しては、あまりにも軽率な行動であると思った。

せっかくの小型無人機がこんな形で使われると思うと、非常に残念である。しかし、アメリカがアフガニスタン国境で小型無線機による空爆を行い、人質を死亡させたことを認めた。もう既に、ドローンの恐ろしさが露呈しているのだ、このまま放置するわけにもいかない。法規制については、事前登録制や、操縦の免許制などの具体的な案を検討してほしい。
スポンサーサイト


2015.04.24 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

コメント

コメントの投稿


秘密にする