管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

ふわふわ言葉とちくちく言葉

もっと柔らかい言いかたに言い換えてみようよ
日本の大和言葉を美しく話す―こころが通じる和の表現 アマゾンより。
いま一度、日本語の美しさを実感 大和言葉入門 日本経済新聞より。
本日放送の「ズームイン!!サタデー」の「ジャスト日本」のコーナーより拝借。単行本をきっかけに大和言葉が見直されている。
普段使われる言葉が大和言葉に直すとどうなるという企画だったが、本当に難しかった。「ご協力をお願いします」→「お力添えをお願いします」のように、仕事でも使うような言葉をもっと柔らかくするだけでも、こんなに気を使うのかとかなり頭を使った気がした。
85 ふわふわ言葉とチクチク言葉(PDF)
ショートかもめタイム(2012年2月) 『ふわふわことばとちくちくことば』寄小保健室より。
「世間ずれ」の意味と誤用 ~「世間ずれ」の反対語は「世間知らず」コトバノより。
また、「ふわふわ言葉とちくちく言葉」はコーナー内でも触れられていたが、小学校の道徳の授業で使われていた。言われてうれしい言葉が「ふわふわ」、言われて嫌な言葉が「ちくちく」。この言葉で検索すると、学校の指導書がかなりヒットした。中には漫画の吹き出しを使用したものがあった。改めて考えると、漫画の吹き出しは何と便利なものだと思った。普段描いている漫画では、都合上四角になっているが、2コマ目はあえて、ちくちくの吹き出しにしてみた。番組内では、安村直樹アナウンサーがネタにされ、「デブですね」を言い替えてくださいというのがあった。安村さんは大学時代ラグビーをやっていた事もあり、がっしりとした体格である。体育会系である分、食べる量も半端ない。(体格云々よりも、日本テレビの男性アナウンサー全体の服装がキツそうに見える。)辻岡さんなどから「存在感がある」「美味しそうにご飯を食べる」などの答えがあった。「××さんはおいしそうですね」となると、別の意味になってしまうので、気をつけなければならない。

なお、世間ずれと言う言葉も番組内で触れられていたのだが、本来の意味は「苦労や経験を重ねて、裏表を知っている、世間慣れしている。悪賢い」である。「血界戦線」のザップ・レンフロは、まさにその言葉がぴったりの人物である。他の登場人物には、「人間のクズ」と呼ばれることがかなり多い。
スポンサーサイト


2015.07.04 / Comments(0) / Trackback(0) / 王ドラ カンフーへの道!(漫画・二次創作)

コメント

コメントの投稿


秘密にする