管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

平面ガエルの寿命

ドラマではピョン吉の寿命が近づいている描写があるが……
ど根性ガエル ピョン吉役満島ひかり抜擢の理由は「切なさ」 ZAKZAKより。
松山ケンイチ『ど根性ガエル』実写ドラマ化 ピョン吉の声優は満島ひかり!キャスト・あらすじ・ネタバレ NAVERまとめ。
現在、日本テレビ系でドラマ版「ど根性ガエル」が放映されている。吉沢やすみ原作の漫画で2度アニメ化されている。私は1972年版のほうを再放送で見ていた。ドラマは原作から16年後の設定となっている。主人公のヒロシは松山ケンイチ、ピョン吉の声を満島ひかりさんが担当している。原作と若干設定が異なっているからどうなるのかと思ったが、ピョン吉が予想以上の動きで、満島さんの演技がアニメのピョン吉と遜色ないのに驚いた。無職でぶらぶらしていたヒロシは、ピョン吉の変化をきっかけに自分を変えようと奮闘する。ライバルのゴリライモは実家のパン屋(原作では魚屋)を継ぎ、社長となっていた。2話でヒロシがゴリライモのパン移動販売車を盗んだことをきっかけに、パン工場で働くことになったのだが……。

両生類の年齢と寿命 トウキョウサンショウウオ研究会
かえるを飼う前に だりぴよ亭より。
ドラマの中ではピョン吉の目が剥がれかけている描写がある。ピョン吉やヒロシの母は寿命が近づいていることに気付き始める。ヒロシのシャツに貼りついたピョン吉は16年生きていた事になるが、実際のカエルはどのくらいの寿命だろう。上のリンクでは、飼育したカエルならば、10~20年生きることがある。しかし、野生となれば、せいぜい4、5年である。柳田理科雄著「空想科学読本」シリーズでもピョン吉の飼育法などにかなり突っ込みが入っていたのだが、やはり、寿命が来てもおかしくない。ドラマのEDでは、ピョン吉のシャツからピョン吉が消えている描写がある。

話題沸騰! 『ど根性ガエル』ヒットの陰に隠された家族再生物語:『ど根性ガエルの娘』第2話 週刊アスキーより。
吉沢やすみ ウィキペディアより。
原作者吉沢やすみさんの娘であり、漫画家の大月悠祐子さんの「ど根性ガエルの娘」。吉沢さんが「ど根性ガエル」以降、ヒットに恵まれず、漫画が描けなくなってしまった時期があった。ドラマ「一つ屋根の下で」で江口洋介がピョン吉のTシャツを着ていたことから、「ど根性ガエル」が再び注目され、CMなどにも起用されるようになった。
スポンサーサイト


2015.07.27 / Comments(0) / Trackback(0) / 未分類

コメント

コメントの投稿


秘密にする