管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

ど麺罪木の憂鬱

日本を困惑と混沌に陥れたあのアニメ
日本に困惑と混沌にした伝説のアニメ「せんぱいクラブ」! NAVERまとめより。
Makebabi.es 公式サイトより。
元ネタはスウェーデンの同人サークルが制作した「せんぱいクラブ」より拝借した。メンバーは現役高校生2人組、オリビア・ベルイストロームさんエリック・ブラッドフォードさん。内容は日本のアニメを意識したもので、OPなどの音楽、キャラクターの声も2人でやっている。Youtubeの公式ページでは、2014年1月に第1話がアップされ、現在は80年代をほうふつさせる絵柄の3話パート1までアップされている。それ以外にはゲームなどを作っている。メンバー2人のツイッターもあるので、興味ある方は一度観てみるといい。

漫画の1コマ目は「せんぱいクラブ」の主人公、ど麺罪木(どうめん・つみき)。冒頭で学校に遅刻しそうになり、パンを加えて走るベタなネタから始まる。もう一つの特徴は翻訳サイトで訳したような日本語のセリフである。いろんな日本のアニメの特徴が垣間見える。最新話では80年代をほうふつとさせる絵柄となり、アニメの作風もオリジナルとは違ったものになっている。

OPは冒頭で彼女が発した言葉から始まるインパクトの強いものとなっている。主人公の名前がなぜこんなのか気になっていた。作者のツイッターによれば、面白そうな漢字を探したらこうなったらしい。他の登場人物が割と普通の名前だから、余計気になる。1話のパート2を観て、つみきちゃんは名前を聞かれるたびに、嫌がらないのだろうかと気になった。せんぱいクラブの面々らに誰かと聞かれて、そういう風に見えたからだ。
スポンサーサイト


2015.10.08 / Comments(0) / Trackback(0) / 王ドラ カンフーへの道!(漫画・二次創作)

コメント

コメントの投稿


秘密にする