管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

孤高の戦士、激突

あの作品とのコラボが実現!思わぬところでも…

福山潤&浅沼晋太郎『サイボーグ009vsデビルマン』出演は“ビックリの連続”でアタフタ クランクイン!より。
元ネタは10月17日から2週間限定で公開された、映画「サイボーグ009VSデビルマン」より拝借。ここではサイボーグ009の島村ジョー役を福山潤さん、不動明、デビルマンを浅沼晋太郎さんが演じた。


浅沼さんと1972年のTVシリーズで不動明を担当した田中亮一さんのインタビュー。私は再放送で知っていたが、お二人それぞれの作品の見方が聴けて面白かった。浅沼さんは以前から知っている作品に声をあてるのは初めてだと言っていた。「まったく同じものであっても違うものでもあってはいけない」という意見には共感した。過去作品のリメイクとなると、どうしても前の作品と比較してしまいがちになる。過去の作品をリスペクトしながら、その時代に受け居られるものを作るのが理想だと思う。

少年ジャンプ連載の「暗殺教室」&「斉木楠雄のΨ難」の作者が入間市出身と言うところから生まれた入間市名物?いるまんじゅうを買いました!

2コマ目の元ネタはコラボ漫画「番外編『殺せんせーVS斉木楠雄 ~入間市最終決戦~』」 より拝借。この漫画は「暗殺教室」2巻に収録されており、それぞれの原作者が同じ埼玉県入間市出身であることで、実現した。いるまんじゅうはもともとこの漫画の中での架空のものだったが、雑誌掲載後、いるまんじゅうについての問い合わせが相次ぎ、原作者と入間市の観光協会などの協力により、「ジャンプフェスタ2015」で売られた。浅沼晋太郎さんは集英社のVOMICやフラッシュアニメで、主人公の斉木楠雄役を担当している。また、暗殺教室のアニメでは、3-E組の生徒、前原陽斗役で出演、殺せんせー役の福山さんとも共通している。
スポンサーサイト


2015.10.30 / Comments(0) / Trackback(0) / 王ドラ カンフーへの道!(漫画・二次創作)

コメント

コメントの投稿


秘密にする