管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

マイナンバー、トラブル相次ぐ

マイナンバー、通知が届かない傍からトラブル続出……。
早くも問題多発!?マイナンバー関連のトラブルまとめ NAVERまとめより。
マイナンバーの通知開始から1ヶ月半が経とうとしている。しかし、その傍からマイナンバー絡みのトラブルが相次いでいる。配布開始のだいぶ前から、マイナンバー関連の書籍の広告や新聞でマイナンバーに関する記事など情報を提供しているが、マイナンバーのデメリットばかり前に出てしまっている。マイナンバー担当の厚生省の職員が賄賂で逮捕されたり、マイナンバー関連の不審な電話が掛ってくるなど挙げればきりがない。

個人番号カードって何?どうすれば発行できる!? 同上より。
顔写真のチェックポイント 個人番号カード総合サイトより。
マイナンバーが通知された後、平成28年1月から希望者に顔写真、住所などの情報が入った個人番号カードが発行できるようになる。ただし、通知カードをいったん市町村に返納し、交付の際には各市町村の窓口に出向いて、本人確認が必要となる。

今の時点では、マイナンバーの通知は、家に届いていない。通知は簡易書留で世帯ごとに送られる。その際にはその家の人間が受取、サインをしなければならない。この通知カードが誤配されたりなどのトラブルも後を絶たない。石川県では郵便配達員が勝手にサインをして、ポストに入れたケースもあった。もし、住んでいる自治体で予定が過ぎても届かなかったら、役場に出向かなければならない。

自分の職場では早くからマイナンバーに関するプリントが張り出されていた。従業員のマイナンバー管理など対策の準備を進める必要がある。この時点で、マイナンバーに対する不安は増すばかりだ。自分の情報がどこかで漏れるかもしれないと思うと、個人番号カードなんて作るのは、危険極まりないのではと思う。個人番号カードの利用に関しては、公的利用、健康保険証の代わりなどごく限られたものであるが……金庫にでもしまったほうがまだマシだ。
スポンサーサイト


2015.11.13 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

コメント

コメントの投稿


秘密にする