管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

両親から虐待、児童相談所に保護求めた男子中学生が自殺

男子中学生のSOSは届かず……親も児童相談所も頼れない。
児童相談所が保護見送り 両親から虐待を受けていた男子中学生が自殺 神奈川・相模原 産経ニュースより。
児童相談所 学校からの虐待の連絡確認せず NHKニュースより。
神奈川県相模原市で、両親から虐待を受け児童相談所に通所していた男子中学生が自殺を図り、先月の末に死亡していたことが市の取材で明らかになった。親の虐待は男子生徒が当時小学6年生の時に小学生の教諭が市に通報したのが始まりだった。同年11月に虐待案件と認定され、児童相談所から呼び出しに対し両親と男子生徒が通所し、指導を受けていた。

その後も、虐待は続き、男子生徒は何度も児童養護施設で暮らしたいと訴えていた。26年の10月上旬に両親が児童相談所からの一時保護の方針をかたくなに拒み、通所は停止。中学校からも保護を求めているとの通報があったが、保護は見送っていた。男子生徒は11月に親族の家で自殺を図り、今年2月に死亡した。

自殺する直前「親子関係は改善している」と児童相談所は話しているが、通学している中学からも通報があった、コンビニに駆け込むなどの兆候があったにも関わらず、対応しなかった。TVで亡くなった生徒の母親が顔を隠してインタビューに答えていたが、「原因が自分たちにあるとは思ってない」という態度にしか見えなかった。なお、過去に相模原市の児童相談所では意見箱の紙が1枚なくなった時に、入所していた少女8人を全裸にして身体検査を行っていた事が発覚している。親からも虐待され、児童相談所にも見捨てられた男子中学生がどれだけ絶望したのかと思うと筆舌に尽くしがたい。暗澹たる思いでニュースを観ていた。
スポンサーサイト


2016.03.23 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

コメント

コメントの投稿


秘密にする