管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

イギリス国民投票、EU離脱へ

当日まで予想ができなかった結果、日本への影響が心配だ。
3分でわかるイギリスのEU離脱問題とその影響について さよなら、憂鬱な木曜日より。
英国がEU国民投票で離脱を決断 ―疑問点をまとめてみました Yahoo!ニュースより。
イギリスの欧州連合(EU)の残留か離脱かを問う国民投票が、23日に行われた。投票前にEU残留を支持していたコックス下院議員が殺害される事件が起こり、直前まで残留と離脱を支持する人の割合が拮抗していた。一方で残留を支持するキャメロン首相、離脱を支持するジョンソン前ロンドン市長の対決も見られた。

私も結果はまったく想像できなかった。残留を支持する人は経済の安定を訴え、離脱をを支持する人は移民問題などによる国民の負担が増えることなどを懸念していた。EU加盟国間では自由に行き来できるため、それが移民の流出につながっている。財政に余裕がある国はほとんどないが、受け入れを拒否することはできない。

ふたを開ければ離脱51.9%、残留48.1%と予想以上に離脱を支持する人が多かった。残留を支持していたキャメロン首相は辞意を表明、新しいリーダーが必要だと述べた。日本への経済の影響も懸念される。イギリスには多くの日本企業が進出しており、円高ポンド安の影響を受ける企業も少なくないだろう。

トランプ似の前ロンドン市長もトランプも 温暖化懐疑論者なのはなぜか? WEDGE Infinity(ウェッジより)
ドナルド・トランプ実業家 と ボリス・ジョンソンイギリスの政治家 そっくり?より。
トランプ氏と前ロンドン市長のキス壁画出現、英国のEU残留を訴え AFPBBNewsより。
ボリス・ジョンソン前ロンドン市長をTVで見たとき、誰かに似ているような感じがした。アメリカの共和党候補のドナルド・トランプ氏である。たまたまこの2人で検索したら、関連記事がいくつかヒットした。この一つに5月に残留を支持する団体が、離脱を支持する両氏のキスをした壁画を公開したというのが引っ掛かった。個性の強い2人の癖のある絵柄のせいで正直、見たくないと思った。これとは別にトランプ氏と似ているといわれたジョンソン前市長が不快をあらわにしていた話もある。

キャラ濃すぎ!来日したロンドン市長が超おもしろい NAVERまとめより。
ボリス・ジョンソン ウィキペディアより。
ボリス・ジョンソン氏の経歴を見ると強烈なキャラと同様、先祖もすごい人が多い。昨年、ラグビー日本代表の勝利で沸いたが、ジョンソン氏が来日していた。ぼさぼさのヘアースタイルがトレードマークで、海外ではかなりの知名度である。市長だった時にロンドンのとあるイベントで、ワイヤーでつるされた状態でサプライズ出演した。これだけ見れば国民に愛されるキャラクターなのだが、彼がもし、首相になったと想像すると、トランプ氏と似たような不安感が付きまとってくる。
スポンサーサイト


2016.06.24 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

コメント

コメントの投稿


秘密にする