管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

不安だらけの都知事選

もし、都民だったら入れていないだろう…。
【東京都知事選】鳥越俊太郎氏、激高 小池百合子氏の「病み上がり」発言に「差別、偏見だ!」産経ニュースより。
【相模原19人刺殺】津久井やまゆり園は障害者福祉の地域拠点 困難介護者を積極受け入れ、雇用も創出 産経ニュースより。
東京都知事選まで、あと3日となった。だが、先日の相模原の障害者施設の入居者19人が刺殺された事件で、頭を鈍器で殴られたようなショックを受けた。犯人は元職員の26歳の男。入所者の人権を冒涜するような発言など問題を起こしていたが、今年2年に退職。その後、衆議院議長へ犯行ほのめかすような手紙を送り、他人を傷つける恐れがあるとして国に認定された措置入院となったが、その恐れがなくなったとして退院していた。

漫画では都知事選を前に神様たちが都知事は誰になるのかと話している。2コマ目の神様のセリフは鳥越俊太郎氏への集中攻撃を意識した。小池百合子氏の「病み上がり」発言に対し、がんサバイバーに対する差別と偏見だと突っかかった。TVでその様子が公開されていたが、小池氏はそれにひるむことなくかわしていた。確かに、精力的に街頭演説する増田さんと小池さんに対して、鳥越さんはあまり時間をかけていない印象を受ける。体調がよくないのだろうかと気にする人もいるだろう。日本の首都を任せられる人なら、体調管理は大事だ。それをむきになって抗議すれば、メンタル面が懸念される。鳥越氏は「弱者の立場に立った都政」などを掲げているが、発言が一貫しないなどの指摘もある。

東京都知事選は参院選のリベンジ選挙と化している BLOGOより。
ニュースではメインの3候補ばかりがクローズアップされていて、ほかの候補者については全く取り上げていない。候補者たちはあの相模原の事件についてどう思っていたのだろうかと、考えてしまった。身体や精神的に弱者である人たちと向き合ってる人たちの事はどう思っているのか。鳥越氏の弱者の境界線はあいまいすぎて、嘘くさく感じてしまう。
スポンサーサイト


2016.07.28 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

コメント

コメントの投稿


秘密にする