管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

辞職ドミノ止まらず富山市議政務活動費不正問題

同じ県民として恥ずかしいというかあきれてものが言えない。
<富山市議8名が辞職>税金である政務活動費を使いきろうとする議員たちの異常性 BLOGOSより。
政務活動費不正発覚、中川元市議会見 北日本放送より。
富山市議政務活動費不正問題 ネットの反応まとめ

富山県議矢後肇氏が議員辞職 政活費不正 毎日新聞より。
きっかけは富山県議が書籍代の領収証を偽造、政務活動費を460万円も不正に受け取ったニュースだった。それが気が付けば、次々と富山市議の政務活動費不正が暴かれ、8人も辞職する事態となった。茶菓子代の水増しなど普通ならあり得ない金額がどんどんと出てきた。富山市議会では定員の1/6以上が欠員になれば補欠選挙が行われる。議会解散という選択もあったが、「何もしていない人」から批判の声があったためである。

非常に呆れたのは辞職した議員が開き直りとも取れる発言をしていたことだ。「××もやっていた」「誘われて断れなかった」など、耳を疑ってしまうものばかりだった。自分の住む県がこういう形で全国に取り上げられるのは非常に恥ずかしいことである。2コマ目では和菓子職人のホットケ君が政務活動費不正問題にブチ切れている。まとめの記事でも批判の声が多かったが、取り上げられたのは氷山の一角には過ぎないと思う。余った活動費は返還するという考えが馬鹿を見るといわれているようで、非常に複雑な気持ちになった。

スポンサーサイト


2016.09.19 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

コメント

コメントの投稿


秘密にする