管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

キョロ充に陥る人たち

本当のリア充は、自分の意思をしっかり持ち、一人でも行動できる。私は残念ながらぼっちだった。
リア充!キョロ充!ぼっち! 2分でわかるその生態!NAVERまとめより。
【キョロ充はぼっちより悲惨?】陥ってしまうその心理と行動特徴を徹底解説!!WELQより。
キョロ充 はてなキーワードより。
 
キョロ充という言葉を知ったのはいつだっただろうか。おもに大学で使われるようになったらしいが、自分の意志を持って行動し、人望ももちろんある。リア充とは違い、一人になることを極度に恐れ、常に友達といることにアイデンティティを置いているのがキョロ充である。子供のころから周囲から取り残される傾向にあった私は「ぼっち」である。何とか周囲に溶け込もうとした時期もあったが、違和感ばかりが付きまとっていた。リア充には程遠い人間だった。挙動不審もひどく、周囲に疎ましがられても仕方がないと思う。ただ、キョロ充のように常に誰かがいないと不安になるわけではなかった。誰かに変な顔されるなら、まだぼっちのほうが精神衛生上ましだと思う。

<挙動不審を治す10の方法>挙動不審と思われないために気をつけたいポイント WELQより。
あまりにもおどおどして見えるため、過去にどんな環境で育ったのかと何度も聞かれたことがある。ついこの前、それを痛感せざるを得ない出来事で心がすっかりすり減った。特定の事にしか頭が回らなくなってしまい、身体的にも精神的に参ってしまった。周りを見てないといわれるが、周りを気にしすぎると仕事がはかどらなくなる。悪循環もいいところだ。ある程度距離を置いて割り切らないと、自分がおかしくなってしまう。
スポンサーサイト


2016.11.23 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

コメント

コメントの投稿


秘密にする