管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

除夜の鐘に苦情

除夜の鐘がうるさいと思ったことはなかったのだが…。
年末風物詩、受難の時代=除夜の鐘に苦情、餅つき中止-「共同体弱まる」懸念も 時事ドットコムより。
除夜の鐘「うるさい」と苦情も 捉え方人それぞれ テレ朝ニュースより。

年末の除夜の鐘がうるさいという寺に苦情が相次いでいる。これに関しては読売新聞の「コボちゃん」で触れられていた。コボちゃんが除夜の鐘を聞くために昼寝をするが、鐘の音を聞いて飛び起きる。おじいちゃんから今年から近くのお寺で昼から鳴らすことになったと聞かされる。また、餅つきを自粛する自治体も相次いでる。これは現在流行しているノロウィルスへの不安が大きいのも要因の一つである。これも「コボちゃん」で触れられている。タケオおじさんがコボちゃんの家に手打ちそばを作るために家にやってくる。おちには「町内の餅つきが中止になったから」とタケオおじさんのそば打ちを見る大勢の子供の姿があった。

除夜の鐘 苦情があるなら「止めてもよい」15.5% エキサイトニュースより。
除夜の鐘についてはうるさいと思ったことがなかったので、正直驚いた。餅つきに関しては衛生面で不安を感じてる人が多いのかと思ったが、家では母の実家からついた餅をもらっている。保育園のころには餅つきのイベントもやっていたのを覚えている。これでは、神社などで屋台を出している食べ物はどうなるんだと一瞬、思う。日本人は清潔志向が強い傾向にあるが、これが度が過ぎると体の免疫力が弱くなり、アレルギーの一因となったりする。寄生学で知られる藤田紘一郎さんの『アレルギーの9割は腸で治る! クスリに頼らない免疫力のつくり方』を読んだときは、妙に納得してしまった。よく手をしっかり洗うようにと言われるが、消毒液や石鹸の使い過ぎも手が荒れる要因となる。洗いすぎは体を守ってくれる菌までも殺してしまうからだ。
スポンサーサイト


2017.01.03 / Comments(0) / Trackback(0) / 王ドラ カンフーへの道!(漫画・二次創作)

コメント

コメントの投稿


秘密にする