管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

PPAP、元弁理士の男性が商標登録出願

違法でなくとも人間としてどうかと思う。
「PPAP」を商標登録出願した会社 過去にも「じぇじぇじぇ」「STAP細胞はあります」などを出願 Yahoo!ニュースより。
PPAP商標登録・上田育弘の国籍や逮捕の可能性は?経歴まとめ【ベストライセンス株式会社】MATOMEDIAより。
動画で話題となったピコ太郎さんの「PPAP」が全く無関係の元弁理士の男性が商標登録出願していたことが明らかになった。この男性は以前から時事ネタで話題になった言葉を片っ端から商標登録出願しており、昨年5月には特許庁から他人の先取りになるような大量の商標登録出願について注意喚起が出ていた。

弁理士とは 日本弁理士会より。
弁護士と間違えそうだが、特許権など「産業財産権」に法律と専門知識に精通した弁護士のことである。PPAPを商標登録出願したのはベストライセンス株式会社の上田育弘氏が元弁理士となっているが、過去に資格を抹消されたらしい。大量の言葉を商標登録している上田氏は登録手数料を払わないため、特許庁からマークされていた。なお、逮捕される可能性は低いらしい。それをわかっていながら大量の登録申請を行うとは人間としての倫理が欠けている。
スポンサーサイト


2017.01.30 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

コメント

コメントの投稿


秘密にする