管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

親戚の集まりの食事が多くて憂鬱だった頃

親戚の付き合いで食べるのが嫌だったころ
富山おもしろ食文化 富山県米麦改良協会より。
漫画は食欲がなくて悩んでいる神様とそれについて話をする仲間たち。先日、父親が近所の集まりで涅槃団子を作った。涅槃団子とは地元で釈迦の命日の2月15日に配られるものである。父は世話をしなくてはならないので、かなり前から忙しかった。団子をいったん作ったが、固まるまで時々動かさなければいけないらしい。

話は変わって、何かの集まりで家で作った料理を持ってくる人がいる。近所や親せきから作った料理をもらうことがあるが、私の周囲は料理がうまい人が多いのだが、自分が作った料理は持っていけないだろうと思う。料理はどちらかというと苦手である。単品で作るのはさほど苦にはならないが、いくつもの料理を同時進行して作るのが駄目である。
親戚の集まりが苦手です。これって変ですか  Yahoo!知恵袋より。
正月や盆の親戚付き合いが苦手で嫌い!波風立てぬ対処法は?DAILY INFOより。
ファイター!CM KNB(北日本放送)
ローカル局のCM集。最近流れているシリーズもので、地元の人が登場する。一番共感したのが、「食べられファイト篇」である。女性が実家に婚約者の男性を連れてくる。家族から出されるものを律儀に食べようと必死になる男性。最後には鯛の蒲鉾まるまる出される。食べようとすると「残したら嫁にやらんよ」と父親のセリフで終わる。子供のころ、親戚の集まりが苦手だった私は思わず共感してしまった。食べること自体は嫌いでもなかったが、「おかわりは」とか言われると急かされている気分になってしまう。一番憂鬱だったのは親せき、特に従兄弟とコミュニケーションで、どうすればいいのかわからなかった時期があった。ネットの相談サイトでも親戚づきあいの悩みがかなりあったが、上に載せた人の悩みが自分のそれと近かったので、拝借した。
スポンサーサイト


2017.02.11 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

コメント

コメントの投稿


秘密にする