管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

森友学園の保育園、虐待の疑い

トイレのしつけでトラウマを受け付けた事は許されない。
裁判中の退園ママ激白 疑惑の塚本幼稚園「虐待」の実態 日刊ゲンダイ 
森本学園 保育園で虐待の疑い 補助金不正受給も 毎日新聞より。籠池諄子(籠池泰典の嫁)がやばい!過去に小学生ビンタの暴行事件!今の日本はど~なってるの?より。
森友学園の一連の問題を受け、今日、籠池泰典理事長の証人喚問が行われた。松井一郎大阪府知事に対して「ハシゴをはずされたなど」小学校の認可を取り下げられたことに関して恨み節を炸裂していたが、森本学園の保育園では虐待のうわさが立っていた。そこには副園長をやっている。籠池氏の妻、諄子氏の存在があった。

かつてそこの保育園に子供を預けていた保護者から虐待と思われる実態が明らかになった。保育園ではトイレは3回しか行くことができないのだ。おもらしをした子供に「僕は赤ちゃんだからおもらしをしてごめんなさい」と言わないと下着を貸してくれない。おもらしした子の名前を園内放送で流す。トイレは子供のしつけで大事なことである。いわゆるおねしょは精神的なストレスも原因の一つである。その子供は退園した後も、嘔吐をすると何度も「ごめんなさい」と謝っていたと聞いた時はかなりショックだった。こんな幼い子供に鬼のような顔で接する諄子氏は「夫の悪口を言う人は周囲にいません」とかばっていたが、2人の息子とは絶縁、もう1人の息子は家の教育方針が原因で、自殺してしまったという。この時点で自分たちの教育方針の異様さから目を背けていたのではと思うと、恐ろしくなる。
スポンサーサイト


2017.03.23 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

コメント

コメントの投稿


秘密にする