管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

豊田真由子衆議院、暴力問題で離党届

議員以前に人として、最低である
暴力報道の豊田真由子衆院議員、自民党に離党届 日刊スポーツより。
宮根誠司 豊田真由子議員に「脅迫だと思う」…家族のことを言ったらあかん デイリースポーツより。
『ブラックボックス展』、痴漢の被害を受けたとの告発相次ぐ ギャラリーが謝罪 ハフィントンポストより。
元秘書の男性の暴力や暴言などが週刊誌に報じられた事を受け、自民党の豊田真由子衆議員は離党届を提出した。豊田議員は2012年に衆議院で初当選し、2期目に入っていた。以前にも不祥事を起こした議員と同じく「魔の2回生」となる。東大法学部の出身で超エリートである。
豊田真由子の暴言&暴行(音声あり)奇行と気性の荒さは以前からあった あずまやより。
TVで車に乗っている豊田議員が秘書の男性に暴力を振るっている音声が公開されていたが、あまりの酷さに絶句してしまった。仕事のミスに対して男性を責めているようだが、「このハゲー!」など次から次へと暴言が出てくる。男性は非常に冷静な態度だったが、殴られたと思われる鈍い音も確認されている。男性は打撲などの診断書を書き、警察への被害届を決めている。私は正直、よく耐えていたと思う。私なら絶対パニックになって、事故を起こしていたと思う。「このままでは殺される」と思っても当然である。パッと見ても、きつい顔だと思った。わざと歌うような口調で相手をバカにしているのも性格ゆえなのか。

暴力報道に対し100人も秘書を辞めているなどのうわさもある。男性への家族に対して危害が及ぶなど「脅迫」らしきことを言っていたとの報道もある。これが事実ならば許されることではない。元政務官秘書はけがを負い、家族まで巻き込みそうになった。2人から話を聞いた支持者の話では相当ストレスがたまっていたようだが、とばっちりを受けた秘書たちはたまったものではない。決してうやむやにしてほしくない。
スポンサーサイト


2017.06.24 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

コメント

コメントの投稿


秘密にする