管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

上西小百合議員、ツイッターでの発言で浦和サポーター激怒?

感想を言うのは自由だが、矛盾だらけなのはなぜだろうか。
上西小百合議員が浦和レッズへの発言めぐり炎上中 殺害予告を受け会見 ライブドアニュースより。
上西小百合議員 浦和サポと全面対決で大炎上…「浦和で街頭演説」予告も デイリースポーツオンラインより。
上西小百合 ウィキペディアより。

上西小百合衆議院議員が、自身のツイッター上で15日に行われた国際親善試合(浦和レッズ対ドルトムント)について「ひどい負け方、親善試合は遊びなのかな」とツイートし、サポーターから批判を受けた。その後、「サッカーの応援をしているだけなのに、なんかやった気になっているのがムカつく。他人の人生に自分の人生乗っけているんじゃねえよ」と投稿、殺害予告まで受ける。警察に被害届をだし、ツイッターでの発言などを含め会見を行った。

上西議員は2012年12月の衆議院議員総選挙で、日本維新の会公認で出馬、比例復活当選する。2014年に衆議院総務委員会で自民党の議員から「子供を産まないとだめだぞ」とヤジを受けたことで知られる。2015年には衆議院本会議に欠席をして旅行に出かけたことがきっかけで、維新の党を除名処分となり、現在は無所属である。

ツイッターのコメントであるが、最初の国際親善試合の感想だけなら、こんな大ごとにならなかったかもしれない。本人もこれに関してはかなり予想外だったらしいが、次の「サッカーの応援をしているだけなのに」のあたりの文章がサポーターを貶したと思われても仕方がない。その後の会見でも、「私は間違ったこと言っていますか?」と始終上から目線に見えた。どこか、自分の意見をはっきり言うのが信条だと思っている節があるような気がする。サッカーの話題だったとしても、名前の知れた政治家ならば嫌でも目に付くと思わなかったのだろうか。文章も品性にかけるもので、ふさわしいとは思えない。

スポンサーサイト


2017.07.19 / Comments(0) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

コメント

コメントの投稿


秘密にする