FC2ブログ
管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

バンクシーは何処にいる

こんな絵があったらどうしますか?
バンクシー騒動で注目のお宝級“落書き” 都内外にまだまだある? アエラドットより。
バンクシー ウィキペディアより
各地に”バンクシー”の誰が、ナゼ? NNNニュースより。
イギリスのロンドンを中心に活動する覆面芸術家、バンクシーに似せた絵が日本各地で確認されている。私がその名前を初めて知ったのは、オークションで出品された絵が落札された直後にシュレッダーで裁断された事件だった。それがバンクシーの仕掛けだったことが後で判明するが、最初の顛末だけを聞くとかなり心臓に悪いと思った。複数の目撃情報の中で本物が描いたのではと専門家指摘するのが、東京都の防潮扉に描かれた傘と鞄を持ったネズミ。これは小池都知事もツイッターにアップしていた。バンクシーは風刺を中心にしたストリートアートを展開する。

落書きは逮捕される?|逮捕事例と落書きの罰則・対処法を解説 刑事事件弁護士ナビ
バンクシーは詳細不明で、あちこちで作品が見つかることから、複数いるのではという話がある。検索するとたまたま描いてるところを目撃したという情報も存在する。彼らが正体を明かさないのは落書きは犯罪になるからだ。日本で確認された落書きも落書き禁止の張り紙がされたものもある。イギリスも落書きは罪になるが、落書きの対処は地方の行政に委ねられる。
100均DIY!好きな文字でかっこいい『自作ステンシルシート』を作る方法! DIYと暮らしを楽しむ
あらためてステンシルはどうやるのか調べてみた。身近な材料で版が作れる。年賀状作りで話題になったプリントゴッコと同じ原理。色を複数つける場合は版がいくつも必要となる。
プリントゴッコはだいぶ前に購入してかなり世話になった。前の色が乾いてから次を刷らないと色がにじんだりずれてきれいにならない。おそらくスプレーを使っていると思われる。乗用車の傷を直す時にスプレーを使ったが、スプレーだけでは色はうまく定着しない。汚れを取って前の塗装を専用のやすりではがし、色むらをなくすためにマスキングテープを貼ってうすく重ねる事を繰り返す。地元の自動車メーカーは1台ずつ手作りで塗装も専門の人がやるという。
漫画の2コマ目に描いたように、かなり根気が必要かもしれない。
スポンサーサイト


2019.02.23 / Comments(0) / Trackback(0) / 王ドラ カンフーへの道!(漫画・二次創作)

コメント

コメントの投稿


秘密にする