FC2ブログ
管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

覚醒(笑点Ver)

タイトルはSuperfly「覚醒」(映画「プロメア」OP主題歌、シングル「Ambitious」収録)より拝借。

うたまっぷより。

Ambitious(初回限定盤Blu-ray) シングル, CD+Blu-ray, 限定版, マキシ アマゾンより。
タイトルはSuperfly「覚醒」より拝借。6月12日発売マキシシングル「Ambitious」収録。同時収録はタイトルと同じ「Ambitious」(TBS系火曜ドラマ「わたし、定時で帰ります。」主題歌)と「プロメア」ED主題歌の「氷に閉じ込めて」である。
株式会社トリガー ウィキペディアより。
「プロメア」は制作はTrigger。2011年に創立でオリジナルアニメ中心に制作、比較的新しい会社である。
監督は「天元突破グレンラガン」、「キルラキル」で知られる今西洋之と脚本中嶋かずきの完全オリジナルアニメ。キャストは松山ケンイチ、早乙女太一、堺雅人ら。少し前にCMで結構流れていたので、印象はかなり強烈だった。最近のアニメの傾向はさっぱりわからないが、予告を見ていると色遣いは蛍光色が多く、アクションシーンが多かった。

敗北を知った松山ケンイチはいま、バカになりたいと願っている Yahoo!ニュースより。
松山ケンイチさんは、アニメの実写版に多く出演しているイメージだ。「デスノート」のLなど強烈なキャラクターがいるなか、松山さんはなぜか違和感を通り越してなじんでいる気がする。漫画、アニメの実写作品が増えるなか、それに近づけようとする制作側の努力もある。上のインタビューでも触れられているように視聴率が振るわなかった作品でも印象に残る作品はあるという意見に共感する。

非常にマイナーで決して知名度が高いといえないが、頭の隅に残っている作品。近年の作品のようにノベライズ、コミカライズも多いとは言えない時代もあった。描く人によっても話が大きく左右される。珍しいケースといえば、バラエティ番組の「チコちゃんに叱られる!」の漫画化である。コロコロコミックで掲載されているが、少女漫画誌、女性誌にも作画担当を変えながら連載している。

【神ドラマ】『聖☆おにいさん』がNHKで6月22日から3週連続放送。あのイエス(松山ケンイチ)×ブッダ(染谷将太)コンビが地上波に ファミ通.comより。
NHKで中村光原作「聖☆おにいさん」が3週にわたって放映される。染谷将太さんがブッダ、松山さんはイエスを担当する。どんな役柄でも全力で演技する姿勢は頭が下がる。多くの原作漫画の実写化で知られる福田雄一さんが監督、制作総指揮を山田孝之さんが担当する。ブッダのビジュアルがどうなるか気になるが、重量感のある頭髪と、思わずわしづかみしたくなる耳たぶが非常にインパクトがある。
スポンサーサイト


2019.06.16 / Comments(0) / Trackback(0) / イメージイラスト(その他)

コメント

コメントの投稿


秘密にする