FC2ブログ
管理人のオリジナルキャラクターの設定・漫画・イラスト。漫画はギャグメイン。時事ネタ、日常ネタなんでもあり。

あおり運転殴打事件で無関係の女性、SNSで誹謗中傷

ネット上、誰もが罪に問われてもおかしくない
「自首して」「あなたも指名手配」…あおり運転同乗女と間違われた女性が会見(産経新聞)Yahoo!ニュースより。
茨城県守谷市の常磐自動車道でのあおり運転殴打事件で、同乗していた加害者の女に間違われた無関係の女性がSNS上で誹謗中傷をされ、虚偽の情報を流した発信元、拡散した人に対して損害賠償を求めると弁護士ともとに会見で明らかにした。

宮崎文夫容疑者がまったく面識のない女性のアカウントをフォローしていたことや、同乗していた喜本奈津子容疑者の服装が女性が過去に着ていたものと似ていた事がデマのきっかけとなったと思われるが、肝心のデマを流した側のアカウントは削除されていている。しかし、弁護士側はアカウントを削除したから罪が消えるわけではないと指摘、情報を流した人だけでなくリツイートした人に対しても法的措置を追求したいと話している。ネット上の虚偽情報に関しては平成29年に東名高速道路であおり運転を受け夫婦が死亡した事件で、被告の男とかかわりがあるような虚偽の書き込みをされた男性が損害賠償を求めている。ここでは名誉棄損の罪で11人が書類送検されている。

あおり運転デマ拡散:立法処置も視野に入れるべきだ アゴラより。
ネット私刑 コトバンクより。
例の事件では喜本容疑者の顔がすぐに公開されたなかったため、早く公開するべきだったという声がネット上であった。しかし、いわゆる「ネット私刑」により情報が公開されるよりも無関係の第三者の人間が容疑者に仕立て上げられていた。虚偽の情報を流した側は、被害にあった女性の会見で動揺したのだろうか。ネット情報はそんなに簡単に消えるものでない。そしてリツイートした側も安易な気持ちでやったのではないか。被害者の女性は会社を経営しており、電話までかけてくる人間もいたという。

女性側の写真を見ていると顔を完全に出していたようでもない。それでも、いつ事件に巻き込まれるかもしれない。女性のように弁護士をたてて裁判がたできる人ばかりでもない。ずっと昔、同人活動をしていた女性がいわゆるストーカーに粘着された顛末を読んでいたが、殺人未遂まで行った話は非常に恐ろしくなった。
スポンサーサイト





2019.08.25 / Comments(2) / Trackback(0) / 神様一家(漫画)

コメント

やばいTシャツ屋さん
https://www.ttrinity.jp/
Tシャツトリニティ。時事ネタをTシャツにするメーカーさんの名前が思い出せませんでした。将太の寿司のTシャツですが、思った以上に寿司が前に出ていました。

「星のカービィ」ひかわ博一先生断筆の理由が、漫画「カメントツの漫画ならず道」で明らかに 反響受けてWeb版を前倒し掲載
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1706/27/news144.html
こぐまのケーキ屋さんの作者さんの連載にひかわ先生の話がのっていました。この作者さんのタッチもじわじわときます。

2019-08-28 水 20:01:32 / URL / ふくやま すみお / 編集

ネットの恐怖
生々しい暴行動画をテレビで安易に繰り返し流すのもどうかと思わんでもないです。テロップでネットで攻撃しないように呼びかけるのも必要な時代なのかもしれません。

https://plaza.rakuten.co.jp/takashirx/diary/201904160000/
実はひかわさんの漫画は知らないんですが絵的に野村さんのほうが見やすいというかとっつきやすいかなと思いました。個人的感想。

https://rocketnews24.com/2019/08/23/1254053/
将太の寿司はアニメで見たかったかもしれません。

2019-08-25 日 23:29:02 / URL / 金欠病 / 編集

コメントの投稿


秘密にする